この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

KAZUYA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
京本和也から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

KAZUYA
人物
生誕 京本 和也(きょうもと かずや)
(1988-03-02) 1988年3月2日(30歳)
日本の旗 日本北海道帯広市
国籍 日本の旗 日本
居住地 北海道の旗 北海道
職業 YouTuber
身長 176 cm (5 ft 9 in)
YouTube
活動期間 2012/03/22 -
登録者数 約 57万人
総再生回数 約 657万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2018年8月7日時点。
テンプレートを表示

KAZUYA(カズヤ、1988年3月2日 - )は、日本のYouTuber[1]政治活動家北海道帯広市出身(現在は東京在住)。血液型O型。

経歴・人物

1988年、北海道帯広市生まれ[2]北海道帯広工業高等学校卒業。高校時代に小林よしのりの「戦争論」に出会ったことを機に、ネットで自分と似た考えの人たちのブログを読むようになる[3]

2012年

YouTubeおよびニコニコ動画に『KAZUYA CHANNEL』を開設[2]。以後、主に韓国や中国や民主党に関する批評動画などを投稿する。

2014年

10月28日、北海道宗谷郡猿払村の朝鮮人追悼碑設置を巡る問題について、ニューヨーク・タイムズの取材に「我々は日本は謝れとたえず言われ続けることに疲れた[4]。」とコメントしたことについて、同月30日、「有名右翼ブロガー」「代表的なネットライト」として中央日報に掲載される[5]

2015年

5月2日、神戸市日本青年会議所近畿地区兵庫ブロック協議会が主催した講演会において、日本国憲法について倉山満との対論を行った[6]

7月、YouTubeのチャンネルに投稿した動画について、大韓民国の話題を扱ったものなどを中心に広告が停止されたと発表した[7]。同様の措置を受けたYouTuberには引退する者も現れたが、京本は「ニコニコのチャンネルだったり、本とか講演とか、生活の糧を得る方法は色々あります。だから広告収入なくてもYouTubeには投稿し続けるでしょう」と述べている[7]

8月3日、「みんなで靖国神社に昇殿参拝する会」を開催し[2]靖国神社に計1200人での昇殿参拝を行った[2]。会の趣旨について京本は「終戦70年の今年こそ、昇殿参拝するとともに、遊就館英霊の方々の遺書遺品を見て、当時の人々の思いを感じてもらいたかった」と述べている[2]

12月7日の朝日新聞の記事では、京本が浜松市で行った講演会にて「(南京事件について中国は)人口20万人の南京で、30万人殺したという。ファンタジー(空想)的だ」と述べたことに対して、記者が20万人というのは南京市の特定地域の人口の推計で市全体のものではないことを指摘すると、「知っています。耳を引くためにオーバーな言い方をしています」と答えたという[8]。ただ、京本本人は同記事を受けて、「知っています」は南京市の安全区の人口について、「オーバーな言い方」は動画の手法全般についてそれぞれ述べたものであり、「別々に言ったものをつなげているためにニュアンスがおかしくなっている」とし、さらに「20万人という数は日本軍が設置した安全区内のものであり、それ以外の場所にさほどの人がいたとは思えない」と述べている[9]

2018年

差別動画大量通報事件を受け、5月23日投稿の動画で、自身の動画の内、2013年の動画を非公開にしたことを発表した。7月17日「スパム、詐欺、誤解を招くコンテンツに関する YouTube ポリシーやその他の利用規約に対する度重なる違反、または重大な違反」を理由として自身のYouTubeアカウントが停止されたが、[10]2日後の7月19日に「差別的な動画は投稿されていなかった」とされ、チャンネルの停止が解除された。[11]7月22日、自身のTwitterアカウントが凍結された[12]

著書

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 最強の政治系「youtuber」KAZUYAを直撃 --- 選挙ドットコム2015年12月20日
  2. ^ a b c d e 【戦後70年と私】KAZUYA氏 靖国神社に昇殿参拝を忘れてはいけない戦争の記憶1/22/2 夕刊フジ2015年8月9日
  3. ^ (戦後70年)愛国動画、時代映す朝日新聞2015年12月7日
  4. ^ マーティン・ファクラー (2014年10月28日). “Pressure in Japan to Forget Sins of War” (英語). ニューヨーク・タイムズ. 2015年10月14日閲覧。
  5. ^ “右翼から脅迫も「朝鮮人徴用追悼碑」設置する日本の村(1)”. 中央日報. (2014年10月30日). http://japanese.joins.com/article/031/192031.html 2015年10月2日閲覧。 
  6. ^ “「みんなで」「今こそ」憲法を考える GW県内各地で集会”. 神戸新聞. (2015年4月29日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201504/0007966516.shtml 2015年10月2日閲覧。 
  7. ^ a b 【衝撃】YouTubeが投稿者弾圧? KAZUYA CHANNEL GX 2015年7月10日
  8. ^ (戦後70年)愛国動画、時代映す朝日新聞2015年12月7日
  9. ^ KAZUYA氏、本当に朝日新聞に載るKAZUYA Channel 2015年12月7日
  10. ^ YouTube”. YouTube. 2018年7月28日閲覧。
  11. ^ YouTube”. YouTube. 2018年7月19日閲覧。
  12. ^ KAZUYA Twitter2018年7月22日閲覧

外部リンク