五稜郭車両所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
五稜郭車両所
基本情報
鉄道事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
帰属組織 函館支社
整備済み車両略号 五稜郭所、GK
テンプレートを表示

五稜郭車両所(ごりょうかくしゃりょうじょ)は、北海道函館市港町1丁目1番に所在する北海道旅客鉄道(JR北海道)の車両工場である。

概要[編集]

JR北海道函館支社の管轄。函館本線道南いさりび鉄道線の分岐点である五稜郭駅の西側に隣接している。主に気動車客車全般検査、要部検査、臨時修繕及び車両の改造工事、廃車解体を行っている。整備済み車両の車体に記される略号は「五稜郭所」または「GK」。

総務科、技術科、検修科の3科を置き、「知恵と技術で未来への飛躍」を指針として業務を行っている。例年「鉄道の日」(毎年10月14日)の直近の土曜日または日曜日に一般公開を開催している。

1985年(昭和60年)に、当所の技術向上や余剰人員対策、民営化後を見据えた多角事業展開構想などもあり、函館市交通局(函館市電)へ車体更新を働きかけ、同局710形電車500形電車の車体更新工事に取り組んだ。当車両所における函館市電の車体更新は、この2例だけで終わったものの、日本国有鉄道(国鉄)の車両工場で路面電車の車体を製作したのは初めてのことである。その後、しばらく工事が途絶えていたが、2016年札幌交通機械(JR北のグループ会社)が31年ぶりに五稜郭車両所にて車両の整備、改修を行うことが決定。同9月6日、JR北海道五稜郭車両所に市電8001号車が搬入された[1]

歴史[編集]

検査担当形式と所属区所[編集]

車種 車両形式 所属
気動車 キハ183系 函館運輸所
キハ40形
客車 14系 札幌運転所
旭川運転所
50系 函館運輸所
オヤ31形 札幌運転所
貨車 チ1000形 函館運輸所

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 市電8001号車、車体改良へJR五稜郭車両所に搬出函館新聞電子版(2016年9月7日)2016年9月19日閲覧
  2. ^ 函館市中央図書館デジタル資料館より、大正3年函館市街新全図等。亀田駅跡地に「函館駅附属工場」と記載。

関連項目[編集]

座標: 北緯41度48分9.6秒 東経140度43分57.8秒 / 北緯41.802667度 東経140.732722度 / 41.802667; 140.732722