二階堂綾乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
にかいどう あやの
二階堂 綾乃
プロフィール
生年月日 1988年1月12日
現年齢 31歳
出身地 日本の旗 日本埼玉県
血液型 A型
公称サイズ(2012年[1]時点)
身長 / 体重 163 cm / 42 kg
BMI 15.8
スリーサイズ 85 - 60 - 86 cm
靴のサイズ 24 cm
活動
デビュー 2010年
ジャンル グラビア
モデル内容 コスプレ、ヘアショー
他の活動 漫画家、イラストレーター
モデル: テンプレート - カテゴリ

二階堂 綾乃(にかいどう あやの、1988年1月12日 - )は、日本漫画家イラストレーターである。

埼玉県出身、千葉県育ち。

略歴[編集]

2010年7月に原宿でスカウトされタレントデビュー。間もなく開設したオフィシャルブログにて、趣味であるプロレスをマニアックに綴り、濃厚なイラストを掲載。これがブログ『多重ロマンチック』の目に留まり取材され[2]、ネット上で話題となる。これを受けて翌年1月より新日本プロレスオフィシャルパンフレットにてイラストコラム『新日本学園 女子イラスト部』を連載開始。

同年2月には写真集『音楽とセシル』(発売元:ボカロレボリューション製作委員会、販売元:ヤマハミュージックメディア)を発売。

2012年2月発売の雑誌『Dropkick vol.4』では、プロレスラーのコスプレ(ブルーザー・ブロディ)でグラビアを飾る[3]新境地を開き、同年12月発売の『Dropkick Dynamite!』では女子プロレスラー、格闘家に混じりグラビアモデルとしてスタン・ハンセンのセクシーコスプレを披露した[4]

2012年9月13日からは新日本プロレス携帯&スマホサイトにて『新日本学園女子イラスト部(出張版)』を連載開始。 同年11月に『週刊プロレス』誌上で事務所を離れフリーになることを明らかにした[5]

フリーになって以降はイラストレーターとしての活動を活発化させているが、多様な活動スタイルは「お絵かきファンタジスタ」と称されている[6][7]

2018年3月3日にプロレスファンとの入籍を発表[8]

人物[編集]

  • プロレスに興味を持ったきっかけは、バンド活動時にドラマーがグレート・ムタのペイントをしていたこと。初めて見た試合もグレート・ムタvs新崎人生戦。
  • 専門学校の卒業制作はプロレスパンフレットだった。
  • 好きな観戦場所は後楽園ホールのバルコニー。
  • 高校時代、倫理の授業で、規定の数をはるかに上回る枚数の連続殺人犯についてのレポートを作成した。
  • 愛読書は戦争、虐待、災害、殺人犯についてのノンフィクションと、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』、『バカボンド』、『花の慶次』、『グラップラー刃牙』。
  • 中学は演劇部。高校でヨット部。大学は英語コミュニケーション学科だった[9]
  • 高校一年の時、校内のミスコンに学年トップで選出。“他のクラスや学年の人が私を見に教室に押し掛ける”という少女マンガ的展開を経験した[10]
  • プロレスに感化され、2014年春ごろから自らも総合格闘技、柔術を習う(後述するコラム、『オールラウンダーAYANO』に詳しい)。2015年6月28日、埼玉県・レッスル武闘館「湘南魂14」での小貫姉さんマーコート戦で格闘家デビュー。

執筆[編集]

連載[編集]

  • 『新日本学園女子イラスト部(出張版)』(新日本プロレス・オフィシャル携帯&スマホサイト)2012年9月13日 - 2013年1月17日[11]、2014年1月9日 - [12][13]
  • 『二階堂画伯のオールラウンダーAYANO』(Dropkick チャンネル)2014年4月29日〜 ※プオタ女子のMMAチャレンジ日記[14]

過去の連載[編集]

  • 『新日本学園 女子イラスト部』(新日本プロレス・オフィシャルパンフレット)2011年1月 - 2013年1月
  • 『お絵描きアイドル二階堂綾乃の『プロレス☆イラストメーカー』』(人間風車)2012年3月14日 - 2012年5月16日
  • 『お絵描きアイドル二階堂綾乃の『プロレス格闘技☆イラスト探訪』』(人間風車)2012年5月23日 - 2012年10月26日 ※Dropkick チャンネルへ連載を移動
  • 『【必撮!】素撮るんデスSTYLE』(新日本プロレス・オフィシャル携帯&スマホサイト)2012年11月21日 - 11月27日分担当[15]
  • 『プロレスお絵かきお姉さん 二階堂綾乃の乙女的イラストリポート』(ベースボールマガジン社「週刊プロレス」)2013年5月29日号 - 2014年2月5日号[16]
  • 『お絵描きアイドル二階堂綾乃の『プロレス格闘技☆イラスト探訪』』(Dropkick チャンネル)2012年10月26日 - 2014年3月20日(不定期)
  • 『二階堂綾乃の「女の子の護身術イラスト講座」』(Dropkick チャンネル)2014年4月6日、4月15日[17]
  • 『MANGA キング・オブ・豆しばプロレス』(ブシロード『ブシロードTCGマガジン』)2014年6月発刊Vol.28、ブシロード『月刊ブシロード』2014年7月号 - 9月号、ブシロードキングオブプロレスリング』WEBサイト「二階堂綾乃と豆をつまみにキンプロでも」内2014年10月3日 - 2017年3月31日)[18] ※棚橋しばを主人公にした豆しば4コマ漫画

出展[編集]

  • 『3×2=6 〜19年目の326展〜』2014年4月29日 - 5月12日、東京・吉祥寺「キチジョウジギャラリー」[19]

キャラクターデザイン[編集]

デザイン[編集]

  • 新日本プロレス『G1 CLIMAX 25』スタンプラリー・スタンプデザイン(全19種)(2015年)[23]
  • 新日本プロレス『WRESTLING WORLD 2015 IN TAIWAN』スタンプデザイン(全2種)(2015年)
  • 「イヤァオ!! 新日本プロレス×豆しばプロレス」(LINEスタンプ)(2015年)[24]
  • 「新日本学園・女子イラスト部」コラボTシャツ(二階堂綾乃『こけし旋風』)(2016年)[25]
  • 新日本プロレス『G1 CLIMAX 26』スタンプラリー・スタンプデザイン(2016年)
  • L・I・J『死者の日』Tシャツ(2016年)
  • 新日本プロレス台湾大会 スタンプラリーデザイン(全2種)(2016年)
  • 新日本プロレス闘魂SHOP獣神サンダー・ライガー「獣神雷牙」Tシャツ(2017)[26]
  • 真壁刀義「UNCHAINED GORILLA」Tシャツ(2017)

出演[編集]

テレビ[編集]

  • 『ユニオンファンタジア』(2011年7月21日、CSサムライTV
  • 『プロ格向上委員会(仮)』第4回G1 CLIMAXスペシャル(初回放送2014年7月13日[27]、CSサムライTV)
  • 新日本プロレス大作戦』 #47「プロレス☆クイズ王決定戦<前編>」初回放送2014年9月16日、CSサムライTV
  • 『新日本プロレス大作戦』 #48「プロレス☆クイズ王決定戦<後編>」(初回放送2014年9月22日、CSサムライTV)- 前編後編ともにキャプテン・ニュージャパンとのコンビでクイズに挑戦。
  • 新日本プロレス大作戦DX』 #16「大プロレス祭を盛り上げろ!大作戦(後編)」(初回放送2015年1月28日[28]、CSサムライTV)
  • 『新日本プロレス大作戦DX』 #64 「再び大プロレス祭りを盛り上げろ!大作戦(後編)」(初回放送2016年1月27日[29]、CSサムライTV)
  • 『新日本プロレス大作戦DX』 #85「二階堂さんと仲直り!大作戦(前編)」(初回放送2016年10月5日[30]、CSサムライTV)
  • 『新日本プロレス大作戦DX』 #85「二階堂さんと仲直り!大作戦(後編)」(初回放送2016年10月12日、CSサムライTV)
  • 『新日本プロレス大作戦DX』 #96「またまた大プロレス祭りを盛り上げろ!大作戦<後編>」(初回放送2017年3月8日[31]、CSサムライTV)
  • お願いランキングお願い超選挙』(2017年7月7日、8月24日、テレビ朝日

ラジオ[編集]

舞台[編集]

  • ガラ劇『ELEPHANT FOOT』(2011年10月14日〜10月16日、高円寺・明石スタジオ)客演 - 少年役
  • ガラ劇『(仮)約八つのお話』(2012年2月23日〜2月26日、高円寺・明石スタジオ)客演 - アナウンサー役
  • ガラ劇『ガラ版地獄』(2012年5月10日〜5月13日、高円寺・明石スタジオ)主演 - パンチョ役
  • 劇団コラソン『先輩かっけ〜っす!リターンズ』(2014年2月27日〜3月2日、新宿・タイニイアリス) - アヤノ役[33]

インターネット配信[編集]

雑誌[編集]

  • 『SPRING』(2011年2月、バンタン・デザイン研究所)[36]
  • Dropkick vol.3』(2011年11月、晋遊社)
  • 『Dropkick vol.4』(2012年2月、晋遊社)
  • 『Dropkick vol.7』(2012年8月、晋遊社)
  • 『週刊プロレス』2012年 11/21号(ベースボールマガジン社)「プロレス界で働く人々」
  • 『Dropkick Dynamite!』(2012年12月、晋遊社)グラビア
  • 『週刊プロレス』2013年 9/25号(ベースボールマガジン社)「週プロWOMAN」三田佐代子元井美貴との座談会
  • 『CHAOS COMPLETE BOOK』(2013年10月、イースト・プレス)田口華KOTAOとの“CHAOS女子会”座談会
  • 『NJPW e-books 2013 WRESTLE KINGDOM 7』(販売:NeNe/発行:新日本プロレスEbooks) [Kindle版]電子書籍版発売は2013年12月17日。「萌えろ!新日本プロレス座談会」にて赤井沙希吉河順央、三田佐代子とともに座談会参加。同誌には連載コラムも掲載。
  • an・an』(2017年6月21日号、マガジンハウス)どきどきするきもち推薦者

写真集[編集]

イベント[編集]

  • 『二階堂☆ナイト〜あなたのハートにドロップキック〜』2011年8月31日、新宿歌舞伎町・ドロップキック
  • 『ここんとこ・とことんライブ〜トークとネタ』2012年10月22日、スタジオ中野シェイプレス(トークゲスト)[37]
  • 大プロレス祭り2015 プ女子的“イッテンヨン”大予想会(2015年1月3日、ディファ有明)出演:元井美貴、二階堂綾乃、白川未奈、田口華 MC:清野茂樹[38]

テレビCM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 二階堂 綾乃Nikaido Ayano”. ウィンドー. 2013年2月14日閲覧。
  2. ^ 漁師JJさんとクロストーク! - GREE”. 二階堂綾乃 公式ブログ (2010年11月19日). 2013年2月15日閲覧。
  3. ^ 【Dropkick vol.4】二階堂綾乃の「彼女がブロディに着替えたら」”. 人間風車 (2012年2月18日). 2013年2月15日閲覧。
  4. ^ 愛川ゆず季表紙♡女子ファイタームック『Dropkick Dynamite!』:Dropkick:『Dropkick』チャンネル”. ニコニコチャンネル:スポーツ (2012年12月17日). 2013年2月15日閲覧。
  5. ^ 表紙は伝説のナガダンス”. 二階堂ブログ(仮) (2012年11月8日). 2013年2月15日閲覧。
  6. ^ 【Dropkick vol.4】表紙は振袖姿のRENA!! ドラゴン☓田村潔司、マサ斉藤本人が変態座談会に登場!!”. 人間風車 (2012年2月14日). 2014年6月11日閲覧。
  7. ^ 「週刊プロレス」2012年 11/21号(ベースボールマガジン社)「プロレス界で働く人々」”. 写真共有サイト「フォト蔵」 (2012年11月7日). 2014年6月11日閲覧。
  8. ^ 二階堂綾乃@nikaidoayano”. twitter (2018年3月3日). 2018年3月4日閲覧。
  9. ^ @nikaidoayano”. Twitter (2015年7月13日). 2015年7月16日閲覧。
  10. ^ 今後の課題■二階堂綾乃のオールラウンダーAYANO”. :『Dropkick』チャンネル(Dropkick編集部) - ニコニコチャンネル:スポーツ (2014年7月29日). 2014年7月29日閲覧。
  11. ^ イラストレーター・広く。との隔週担当だったが、以降広く。単独の更新に変更。
  12. ^ 1月度スマホサイトは、菅林会長&ミキティコが「FANTASTICA MANIA」対談! 馬場園さんコラムも開始! 二階堂綾乃さんが復活!!”. 新日本プロレスリング (2013年12月28日). 2014年1月13日閲覧。
  13. ^ 2017年9月28日からはキタザワを加えた3人での週替わり。
  14. ^ 「柔術ってなんだか恥ずかしい……」■二階堂女史のオールラウンダーAYANO:Dropkick:『Dropkick』チャンネル(Dropkick編集部)”. ニコニコチャンネル:スポーツ (2014年4月29日). 2014年4月30日閲覧。
  15. ^ 週交代のリレーコラム。“【筆撮!】”と題をつけスケッチブックに絵を描いたものを撮影し更新していたが、途中スケッチブック等を駅で紛失し(後日見つかる)以降は通常の写真日記に切り替え全10回。
  16. ^ 真壁がインタビューでレインメーカーに異を唱えまくり! 二階堂綾乃の新連載もスタート!! 「週刊プロレス」5月29日号は5月15日(水)発売!”. 新日本プロレスリング (2013年5月14日). 2013年5月14日閲覧。
  17. ^ 『プロレス格闘技☆イラスト探訪』での「男性に襲われた場合のPRIDE式危機的状況回避術」好評のため、2週にわたり改題。実践日記の「オールラウンダーAYANO」へと橋渡しされた。
  18. ^ 二階堂綾乃と豆をつまみにキンプロでも<第1回>「キンプロ修行はじめました。”. キングオブプロレスリング トレーディングカードゲーム (2014年10月3日). 2014年10月3日閲覧。
  19. ^ @nikaidoayano”. Twitter / (2014年5月2日). 2014年5月3日閲覧。
  20. ^ 新マスコットキャラクター”. 中央大学学友会体育連盟ラグビー部 (2014年8月2日). 2014年8月2日閲覧。
  21. ^ 中大ラグビーTVアップとキャラクター名募集!”. 酒井宏之のオフィシャルブログ 【blogde酒井ちゃんねる。】 (2014年8月1日). 2014年8月2日閲覧。
  22. ^ マスコットキャラクター”. 中央大学学友会体育連盟ラグビー部 (2014年10月3日). 2014年10月3日閲覧。
  23. ^ 【G125】『G1 CLIMAX』“25周年記念”各大会でスタンプラリーを開催! FC会員には会場でスタンプブックをプレゼント!!”. 新日本プロレスリング (2015年7月13日). 2015年7月16日閲覧。
  24. ^ LINEスタンプ第3弾「イヤァオ!! 新日本プロレス×豆しばプロレス」配信開始!! 激きゃわレスラー達がLINEで滾りまくるっ!!”. 新日本プロレスリング (2015年9月29日). 2015年10月1日閲覧。
  25. ^ 「新日本学園・女子イラスト部」コラボTシャツ(二階堂綾乃『こけし旋風』)”. 闘魂SHOP. 2016年4月1日閲覧。
  26. ^ 4月9日(日)両国大会から発売!『両国大会パンフレット』『ラインマークTシャツ新作』『ライオンマークコーチジャケット』『獣神サンダー・ライガーTシャツ』が完成!!”. 新日本プロレス公式ウェブサイト (2017年4月6日). 2017年4月8日閲覧。
  27. ^ プロ格向上委員会(仮) : 番組情報”. プロレス・格闘技専門ch FIGHTING TV サムライ (2014年7月5日). 2014年7月5日閲覧。
  28. ^ 1月28日(水)23時30分〜FIGHTING TV サムライ『新日本プロレス大作戦DX #16』に、キャプテン・ニュージャパンが登場!!”. 新日本プロレスリング (2015年1月26日). 2015年1月26日閲覧。
  29. ^ 1月27日(水) 23:30~『新日本プロレス大作戦DX #64』今回は、 「再び大プロレス祭りを盛り上げろ!大作戦」(後編)”. 新日本プロレスリング (2015年1月25日). 2015年1月26日閲覧。
  30. ^ 10月5日(水) 23時30分~「新日本プロレス大作戦DX」は、「二階堂さんと仲直り!大作戦」<前編>”. 新日本プロレスリング (2016年10月4日). 2016年10月9日閲覧。
  31. ^ 3月8日(水) 23時30分~『新日本プロレス大作戦DX』は、「またまた大プロレス祭りを盛り上げろ!大作戦<後編>」!!”. 新日本プロレスリング (2017年3月7日). 2017年3月13日閲覧。
  32. ^ 『今、女性プロレスファンが急増しているのは、団体ごとに色とりどりのイケメンレスラーが所属しているから!』”. APOLLON アポロン - TOKYO FM 80.0MHz - EVERY Mon.-Thu. 13:00-14:55 - 齊藤美絵 (2014年8月7日). 2014年8月7日閲覧。
  33. ^ 2月26日(水)〜3月2日(日)、永田裕志が劇団コラソンの第30回公演『先輩かっけ〜っす!リターンズ』に出演ゼァ!”. 新日本プロレスリング (2014年2月4日). 2014年2月11日閲覧。
  34. ^ 機材トラブルにより実質中止。Dropkick編集長のジャン斉藤が音声配信を行い、二階堂はコメント参加。映像は流れなかったが、二階堂は予告していたコスプレを着込み参加した。
  35. ^ @VPN_pw”. Twitter (2014年7月29日). 2014年7月29日閲覧。
  36. ^ 漁師と二階堂がプロレス音楽について語りました【報告】”. 多重ロマンチック (2011年2月20日). 2013年2月15日閲覧。
  37. ^ 好きなことは好きと言おう/10.20 ここんとこ・とことんライブ”. 多重ロマンチック (2012年11月21日). 2013年6月15日閲覧。
  38. ^ 【WK9】「プ女子的“イッテンヨン”大予想会」は棚橋vsオカダの予想で大荒れ!? 「キンプロ フォトコンテスト」は菅林会長のキラーコメント炸裂!!”. 新日本プロレスリング (2015年1月3日). 2015年1月3日閲覧。
  39. ^ @nikaidoayano” (2012年6月26日). 2013年12月6日閲覧。

外部リンク[編集]