九一駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
九一駅
駅舎
1階ホーム
2階ホーム (仁川方面)
1段目:駅舎
2段目:1階ホーム
3段目:2階ホーム (仁川方面)
구일
クイル - Guil
(東洋未来大学)
141 九老 (1.4km)
(1.0km) 開峰 143
所在地 ソウル特別市九老区九一路 133
駅番号 142
所属事業者 韓国鉄道公社
駅種別 乙種代売所
所属路線 京仁線1号線
キロ程 2.4km(九老起点)
64.8km(逍遥山起点)
駅構造 半地上駅 (高架駅)
ホーム 単式ホーム 1面1線
単式・島式ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
6,583人/日(降車客含まず)
-2008年-
乗降人員
-統計年度-
12,857人/日
-2008年-
開業年月日 1995年2月16日
九一駅
各種表記
ハングル 구일역
漢字 九一驛
平仮名
(日本語読み仮名)
きゅういちえき
片仮名
(現地語読み仮名)
クイルリョク
英語 Guil Station
テンプレートを表示

九一駅(クイルえき)は大韓民国ソウル特別市九老区にある韓国鉄道公社京仁線である。駅番号は(142)。

東洋未来大学という副駅名がある。

駅構造[編集]

仁川方面のホームは急行線の真上にある単式ホームを使用している。
↑仁川方面
▶↑/↑□↓↓◀
↓ソウル・逍遥山方面

安養川に掛かる形で建設された高架駅である。

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

開業当時は西岸の京畿道光明市方面への人道橋がなく、東岸のソウル市側の住民が主に利用していた。 しかしながら現在ではソウル特別市九老区住民ばかりでなく、人道橋を通じて西岸の京畿道光明市鉄山洞の住民も多く利用している。 2015年9月、西岸付近に野球場兼イベント会場の高尺スカイドームが完成したため、2016年、アクセス向上のため西岸にも出入口を新設した。 スカイドームまでは徒歩3分である。

歴史[編集]


画像[編集]

隣の駅[編集]

韓国鉄道公社
京仁線
A急行・B急行 
通過 
緩行
九老駅 (141) - 九一駅 (142) - 開峰駅 (143)

関連項目[編集]