石水駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
石水駅
석수
ソッス
Seoksu
P144 衿川区庁 (2.3km)
(1.9km) 冠岳 P146
所在地 大韓民国の旗京畿道安養市万安区京水大路 1431(石水1洞 737)
位置座標
駅番号 P145
所属事業者 韓国鉄道公社(KORAIL)
駅種別 無配置簡易駅[1]安養駅管理) 
所属路線 京釜電鉄線 
キロ程 19.6km(ソウル*起点)
70.3km(逍遥山**起点)
駅構造 地上駅 
ホーム 2面4線 
乗車人員
-統計年度-
9,003人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1982年8月2日 
備考 * 京釜線の起点として
** 首都圏電鉄1号線の起点として
石水駅
各種表記
ハングル 석수역 
漢字 石水驛 
平仮名
(日本語読み仮名)
せきすいえき
片仮名
(現地語読み仮名)
ソクスヨク 
英語 Seoksu Station 
テンプレートを表示

石水駅(ソッスえき)は大韓民国京畿道安養市万安区にある[2]韓国鉄道公社(KORAIL)の

乗り入れている路線は、線路名称上は京釜線であるが、当駅には電車線を走る京釜電鉄線(首都圏電鉄1号線)電車のみが停車する。駅番号は(P145)。

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を有する地上駅。内側2線(2・3番線)は通過線となっている。

出口は1番(駅東側)と2番(駅西側)の2ヶ所ある。

のりば[編集]

1 京釜電鉄線 水原西東灘天安新昌方面
通過線 京釜線・京釜電鉄線 下り列車の通過
通過線 京釜線・京釜電鉄線 上り列車の通過
2 京釜電鉄線 九老龍山清凉里光云大方面

利用状況[編集]

近年の一日平均乗車人員推移は下記の通り。

路線 乗車人員
2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年
京釜電鉄線 6106 7750 8810 10027 7441 7352 7154 7116 7171 7449 9003 [3]

駅周辺[編集]

安養川朝鮮語版沿いの狭い谷間は市街地化され、東側の幹線道路の向かい側は住宅地となっている。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

韓国鉄道公社 
京釜電鉄線 
A急行・B急行 
通過 
緩行 
衿川区庁駅 (P144) - 石水駅 (P145) - 冠岳駅 (P146) 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ コレイルネットワークス朝鮮語版駅務委託
  2. ^ 正式な駅所在地は京畿道安養市となっているが、ホームの大部分はソウル特別市衿川区に属する。ただし、ソウル市内の駅とは扱われないため、首都圏電鉄の「ソウル専用定期券」は区間外となる。
  3. ^ 정보공개 공개자료실, 코레일 (2005·2009년은 철도정보 일반자료실)

関連項目[編集]