中村倫也 (格闘家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村 倫也
本名中村 倫也
生年月日 (1995-03-23) 1995年3月23日(27歳)
出身地埼玉県の旗埼玉県
通称HYBRID (ハイブリッド)
国籍日本の旗 日本
身長170 cm (5 ft 7 in)
体重61.2 kg (135 lb)
階級バンタム級
スタイルレスリング
チームLDH martial arts
→フリー
レスリングU-23世界選手権 (優勝)
現役期間2021年 -
総合格闘技記録
試合数6
勝利6
ノックアウト4
タップアウト1
判定1
敗戦0
大学専修大学
総合格闘技記録 - SHERDOG
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 レスリング・フリースタイル
U-23世界選手権
2017 ブィドゴシュチュ 61kg級
世界カデット選手権
2011 ソンバトヘイ 50kg級

中村 倫也(なかむら りんや、1995年3月23日 - )は、日本総合格闘家、元レスリングフリースタイル選手。埼玉県出身。レスリングU-23世界選手権優勝、2016年・2017年全日本選抜選手権優勝。

経歴[編集]

レスリング[編集]

レスリングは5歳の時に始めた。父親が総合格闘技ジム「PUREBRED大宮」を主宰していたことから、そこで元世界チャンピオンの山本美憂によって立ち上げられたレスリング教室で習い始めた。山本美憂の長男である山本アーセンとは同期だった[1]。幼少の頃はヒクソン・グレイシーなど有名な格闘技選手と一緒に遊ぶこともあった[2]

小学校5年と6年の時には全国少年少女大会で2連覇したが、この当時は将来総合格闘技に進む予定で、その一環としてレスリングに取り組んでいた。しかし、春野中学校3年の時に全国中学生選手権42kg級で優勝するなど、実績を積み重ねるうちにレスリングに専念することに決めて、花咲徳栄高校へ進んだ[1]。高校2年の時にはJOC杯カデットの部50kg級で優勝すると、世界カデット選手権でも3位になった。3年の時にはインターハイフリースタイル55kg級準決勝で後に世界選手権金メダリストとなるグレコローマンスタイルの選手である韮崎工業高校2年の文田健一郎に敗れて3位にとどまったが、団体戦では後にリオデジャネイロオリンピック57kg級銀メダリストになる霞ヶ浦高校2年の樋口黎を破ってチームの初優勝に貢献した[1]

2013年に専修大学へ進むと、1年の時にはJOC杯ジュニアの部で優勝した。2年の時には全日本学生選手権と全日本大学選手権57kg級で2冠を果たした。3年の時には全日本選手権の準決勝で日体大2年の樋口黎に敗れて3位にとどまり、リオデジャネイロオリンピック代表候補から外れた[1]。4年の時には全日本選抜選手権決勝で、翌年の世界選手権で金メダリストとなる綜合警備保障高橋侑希を破って優勝した。その後かねてから傷めていた肩の手術に踏み切った[1]

2017年には博報堂DYスポーツの所属となると、階級を61kg級に上げた。全日本選抜選手権の決勝及び世界選手権代表を決めるプレーオフでは、同じく階級を上げてきたリオデジャネイロオリンピック銀メダリストの樋口黎を立て続けに破って代表権を獲得した[2][3]世界選手権では優勝するハジ・アリエフに2回戦で敗れ、敗者復活戦を勝ち上がるも3位決定戦でヨウリス・ボネロドリゲスに敗れ5位にとどまった。初開催となった23歳以下の世界一を決めるU-23世界選手権では決勝でカザフスタンの選手を12-2でテクニカルフォール勝ちして、61kg級の初代世界王者となった[4][5]

2019年12月22日、東京オリンピックの代表選考を兼ねた全日本選手権に出場。決勝で乙黒拓斗に敗れオリンピック代表の座を逃した[6]

総合格闘技[編集]

2020年4月1日、自身のSNSにおいてレスリング引退と総合格闘技転向を発表した[7]

2021年LDHの格闘技部門LDH martial artsの所属選手契約を勝ち取るLDH主催のオーディション『FIGHTER BATTLE AUDITION』にすでにLDH所属の立場であったが志願して参加。その模様は過酷なオーディションの過程と参加者の姿を追った番組『格闘DREAMERS』としてABEMAで放送され、オーディションの最終審査となった試合ではプロ総合格闘家の新井拓巳を僅か42秒左フックで破り契約継続を勝ち取った[8][9][10]

2021年7月25日、プロデビュー戦を修斗論田愛空隆と対戦し、2RハイキックでKO勝ち[11]

2022年1月16日、PROFESSIONAL SHOOTO 2022 開幕戦で修斗バンタム級ランキング9位の野尻定由と対戦。ゴングと同時に跳び蹴りを放った野尻に左フックを合わせた後、パウンドでTKO勝ちを収めた[12]

2022年4月24日、POUNDSTORMでアリアンドロ・カエタノと対戦、1Rにパンチを受けて右瞼をカットして出血するも、タックルからのテイクダウンで試合を優位に運び、3-0の判定勝ちを収めた[13]

Road to UFC[編集]

2022年6月10日、Road to UFC: Singapore英語版に参戦。トーナメント一回戦でググン・グスマンと対戦し、V1アームロックによる一本勝ちを収め、準決勝に進出した[14]。 

2022年8月10日、LDH martial artsが中村との契約解除を発表した[15]。 

2022年10月23日、Road to UFC: Singapore英語版のトーナメント準決勝で野瀬翔平と対戦し、左フックでダウンを奪った後パウンドによるKO勝ちを収め、決勝戦に進出した[16]

人物・エピソード[編集]

  • レスリング時代の得意技はリンクル(頭を相手の脚の間に入れて回転する変形のアンクルホールド[2]
  • 弟の中村剛士も元レスリング選手であった[17]

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
6 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
6 4 1 1 0 0 0
0 0 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
風間敏臣 試合前 UFC Fight Night: Lewis vs. Spivak 【トーナメント 決勝】 2023年2月4日
野瀬翔平 1R 2:21 KO(左フック→パウンド) Road to UFC: Abudabi英語版
【トーナメント準決勝】
2022年10月23日
ググン・グスマン 1R 3:24 V1アームロック Road to UFC: Singapore英語版
【トーナメント 1回戦】
2022年6月10日
アリアンドロ・カエタノ 5分3R終了 判定3-0 POUNDSTORM 2022年4月24日
野尻定由 1R 0:25 TKO(パウンド) プロフェッショナル修斗 2022 開幕戦 2022年1月16日
論田愛空隆 2R 0:20 KO(左ハイキック) プロフェッショナル修斗 2021 Vol.5 2021年7月25日
新井巧 1R 0:42 TKO(左ストレート) 格闘DREAMERS 2021年5月15日

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ミランダ・アーレン 1R 2:55 腕ひしぎ十字固め アマチュアパンクラス 横浜ケージファイト13 2021年2月28日

主なレスリング戦績[編集]

55kg級での戦績

  • 2012年 - インターハイ 個人戦 3位 団体戦 優勝
  • 2012年 - 全国高校生グレコローマン選手権 2位
  • 2012年 - 国体 少年の部 2位
  • 2013年 - JOC杯ジュニアの部 優勝
  • 2014年 - ペトコ・シラコフ&イワン・イリエフ国際大会 2位(60kg級)

57kg級での戦績

61kg級での戦績

65kg級での戦績

  • 2018年 - 全日本選手権 3位
  • 2019年 - 全日本選手権 2位

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 【特集】「オリンピック銀メダリストより強い男」が復帰! 軽量級戦争が熱く燃える!…男子フリースタイル57kg級・中村倫也(専大)
  2. ^ a b c 【特集】2017年世界選手権へかける(6)…男子フリースタイル61kg級・中村倫也(博報堂DYスポーツ)
  3. ^ 【レスリング】中村倫也がリオ五輪銀の樋口を破り優勝、初の世界代表に イーファイト 2017年6月19日
  4. ^ 男子フリースタイル61キロ級で中村が優勝/レスリング サンケイスポーツ 2017年11月26日
  5. ^ 中村倫也(博報堂DYスポーツ)が優勝…U-23世界選手権
  6. ^ 乙黒拓斗が五輪決め雄叫び 相手“変身”にも動じず 日刊スポーツ 2019年12月22日
  7. ^ 世界も制した中村倫也がレスリング引退、総合格闘技へ転向 efight 2020年4月2日
  8. ^ 中村倫也と宇佐美正パトリックがLDH“所属”に…白濱亜嵐も「誇らしいよ」と語る格闘技への“ガチ度”とは? NumberWeb 2021年5月24日
  9. ^ 7.25 プロ修斗・後楽園ホール大会情報 「FIGHTER BATTLE AUDITION」「格闘DREAMERS」 このLDHとABEMAがタッグを組んだ壮大なプロジェクトを経て、今春LDHと所属契約を結んだ“大器”中村倫也が修斗参戦! 論田愛空隆と対戦が決定! 修斗
  10. ^ 格闘オーディション番組『格闘DREAMERS』熾烈な最終試合を経てついに LDH所属格闘家が決定! Astage 2021年5月16日
  11. ^ 【修斗】SASUKEが工藤諒司を下し世界王者に! 女子世界スーパーアトム級次期挑戦者決定戦・SARAMIが中村未来をTKO、黒部と対戦へ。バンタムで中村倫也が論田愛空隆を左ハイKO! ゴング格闘技 2021年7月25日
  12. ^ 【修斗】小野島恒太が環太平洋王座獲得で手塚基伸、中村倫也を指名! 中村は野尻定由に25秒勝利、宇佐美正パトリックが菅原和政をKO、久遠が6年ぶり勝利! ゴング格闘技 2022年1月16日
  13. ^ 【POUND STORM】中村倫也がカエタノに判定勝ち「絶対にUFCのトップに立てる」、大尊が宇佐美正に判定勝ち、河名が修斗世界1位の山本に勝利、齋藤が風間を必然の跳びヒザTKO! 岩﨑が三上に判定勝ち、狩野が一本勝ち GONG格闘技 2022年4月24日
  14. ^ 【UFC】中村倫也が鮮烈一本勝ち! 風間と準決勝で日本人対決へ。堀内佑馬が元RIZINトップノイに敗れる、野瀬翔平がメインで登場。元K-1女子ノットソンが完勝=『Road to UFCエピソード3&4』速報中GONG格闘技 2022年6月10日
  15. ^ 【Road to UFC】LDH martial artsが中村倫也との契約解除を発表GONG格闘技 2022年8月11日
  16. ^ 【RTU】松嶋こよみがイー・ジャーにスプリット判定負け、中村倫也が野瀬翔平をKO、風間敏臣と決勝で対戦へ、SASUKEが涙の勝利「まだ俺は生きている!」、風間はミンウが体重超過で決勝進出=速報中GONG格闘技 2022年10月23日
  17. ^ 【全日本大学選手権・特集】けがの連続を乗り越えてつかんだ栄冠! 兄・倫也に追いつく日は?…65kg級・中村剛士(専大)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]