山本アーセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山本 アーセン
基本情報
本名 山本 アーセン
通称 格闘一家の最強DNA
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1996-09-08) 1996年9月8日(22歳)
出身地 神奈川県
所属 KRAZY BEE
身長 169cm[1]
体重 66kg[1]
階級 フェザー級
バンタム級
バックボーン レスリング
テンプレートを表示
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 レスリング・グレコローマン
世界カデット選手権
2013 ズレニャニン 69kg級

山本 アーセン(やまもと あーせん、男性、1996年9月8日 - )は、日本レスリング選手、総合格闘家。階級は66kg級。GENスポーツアカデミー(GSA)所属[2]

来歴[編集]

祖父は1972年ミュンヘンオリンピックのグレコローマンレスリング57kg級7位の山本郁榮、母親は元世界チャンピオンの山本美憂、叔父は総合格闘家山本"KID"徳郁、叔母は元世界チャンピオンの山本聖子というレスリング一家の下に生まれたこともあり、レスリングは4歳の時に始めた[3]。実父は元プロサッカー選手の池田伸康で出生名は池田怜、母が格闘家のエンセン井上と再婚してから、アーセン=athene=アテネという意味を込めてアーセンに改名された[4]

小学生の時はPUREBREDや木口道場レスリング教室に所属しながら、全国少年少女レスリング選手権大会で何度も優勝を飾った。あざみ野中学1年の時には全国中学生選手権66kg級で3位になった。その後、グレコローマンレスリングが盛んで、近隣諸国にもアクセスしやすいという理由からハンガリーにレスリング留学することになった[5]。その際には、「2016年の五輪で金メダルを取る。でも五輪はそれが最初で最後。僕は人生を楽しみたい派。レゲエ歌手になってカンボジアとかに寄付したり、人と人をつなぐような仕事がしたい」と将来の展望を語った[6]

ハンガリーではインターナショナルスクールのバビロン高校に通うとともに、スポーツ養成学校で練習を積みながら、ハンガリーナショナルチームの合宿などにも参加して力を付けていった。年に2度開催されるハンガリーの国内選手権では7連覇を達成するまでになった[5]

2011年6月、両親が離婚したため、佐々木アーセンから山本アーセンに改名した。

2013年にはジュニアオリンピックカデットの部に参加するために4年ぶりに国内大会に参戦すると、グレコローマンの69kg級で優勝を飾って世界カデット選手権代表に選出された[3]。世界カデット選手権では決勝でヨーロッパカデット選手権を3連覇しているトルコのセルカン・アッコユンを破り優勝を果たした[7]。この際に、高校卒業後もハンガリーに残ってレスリングを続ける意向を示したが、「国籍は絶対に日本のままです。僕は日本で生まれたことを誇りに思っています」と今後も日本代表で国際大会に出場しながら、リオデジャネイロオリンピックを目指すことを明言した[8]。2014年には日本レスリング協会より、2020年の東京オリンピックに向けての強化対象となるターゲット選手に選ばれた[9]

2015年にハンガリーの高校を卒業して帰国するが、ケガもあって全日本選抜選手権に出場できず、結果としてリオデジャネイロオリンピックは断念した。一方で、総合格闘技RIZINに参戦してヒクソン・グレイシーの息子であるクロン・グレイシーと対戦することになった。その際に、「僕は日本人として負けたくないし、アーセンとして負けたくないので、最後は思いきりぶっ飛ばして勝ちたいと思います」「(レスリングから総合への)転向じゃないです。夢は東京五輪なので、それは変わらないです。レスリングは絶対やっていきます。」と語った[10][11]。大晦日に行われたRIZINの大会では、クロンの腕十字を切り返すなど奮闘するが、1ラウンドに三角絞で敗れた[12]

2016年10月22日、結婚を果たした[13]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
5 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
2 1 0 1 0 0 0
3 1 2 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× マネル・ケイプ 1R 1:11 TKO(左ハイキック→パウンド) RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 1st ROUND -秋の陣-
【バンタム級トーナメント 1回戦】
2017年10月15日
ジェシー・ローグ 1R 2:01 TKO(ドクターストップ) KOTC: Fire Starter 2017年6月9日
× 所英男 1R 1:19 腕十字固め RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント FINAL ROUND 2016年12月31日
才賀紀左衛門 2R(10分/5分)終了 判定2-1 RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 開幕戦 2016年9月25日
× クロン・グレイシー 1R 4:58 三角絞め RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYS 2015年12月31日

レスリング[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]