文田健一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 レスリング・グレコローマンスタイル
世界選手権
2017 パリ 59kg級
2019 ヌルスルタン 60kg級
U-23世界選手権
2018 ブカレスト 60kg級

文田 健一郎(ふみた けんいちろう、1995年12月18日 - )は、山梨県韮崎市出身のレスリンググレコローマンスタイルの選手。階級は60kg級。身長168cm[1]。背骨が柔らかく、反り投げを得意にしていることから、「猫レスラー」「ニャンコローマンレスラー」との異名を持つ。将来は好きの女性と結婚して、猫屋敷に住みたいという[2][3]

来歴[編集]

小学校5年の時に一つ年上である女子選手の練習相手を務めるためにレスリングを始めた。当初は乗り気でなかったが、韮崎西中学に入学すると父親に「レスリングをやれば遠征で全国各地へ行けるぞ」と言われて、本格的に取り組み始めるようになった[2]。中学3年の時に全国中学生選手権のフリースタイル47kg級で優勝すると、ジュニアオリンピックカデットの部グレコローマンの46kg級でも優勝した[1]ロンドンオリンピックフリースタイル66kg級金メダリストの米満達弘を指導した父親がレスリング部監督を務める韮崎工業高校へ進むと、グレコローマンの選手として国体少年の部及び全国高校生グレコローマン選手権で、高校1年から3年にかけてそれぞれ3階級制覇を達成した[1][4]。ジュニアオリンピックカデットの部でも1年と2年の時に優勝した。シニアの全日本レスリング選手権大会では2年と3年の時に55kg級で3位となった[1]。その一方で、3年の時にはインターハイのフリースタイル60kg級で優勝した[1]

2014年に日体大へ進むと、2年の時に全日本学生選手権のグレコローマン59kg級で優勝した。さらにはスペイン・グランプリでシニアの国際大会初優勝を飾ったが、全日本レスリング選手権大会で5位に終わったためにリオデジャネイロオリンピック代表候補から外れた[1]。3年の時には全日本選抜選手権決勝で2015年の世界選手権代表だった田野倉翔太を破って優勝すると、ピトラシンスキ国際大会及びFILAゴールデングランプリでも優勝した。全日本レスリング選手権大会では、決勝でリオデジャネイロオリンピック銀メダリストとなった大学の2年先輩にあたる太田忍を破って初優勝を果たした[1]。4年の時にはアジア選手権で優勝すると、全日本選抜選手権では決勝で太田を再び破って2連覇を飾り、世界選手権代表に選ばれた[1]。世界選手権では初出場ながら決勝まで進むと、アジア選手権に続いてカザフスタンのミランベク・アイナグロフを2-1で破り、世界選手権のグレコローマンスタイルでは日本選手として1983年に57キロ級で優勝した江藤正基以来34年ぶりの優勝を成し遂げた[5]。また、オリンピックを含めたグレコローマンスタイルの世界大会では日本選手史上最年少の21歳8ヶ月での優勝ともなった[6][7]。全日本レスリング選手権大会では新階級の60kg級に出場するも、決勝で太田に4-5の逆転負けを喫した[8]

2018年からはミキハウス所属となるも[9]、5月に左膝の靱帯を損傷した影響で6月の全日本選抜選手権には出場できず、世界選手権代表になれなかった[10]。復帰後の11月にはU-23世界選手権に出場すると、決勝でアゼルバイジャンのムラド・ママドフをそり投げからのフォール勝ちで破って優勝した[11]。12月の全日本選手権では決勝で太田を破って優勝した[12]

2019年4月のアジア選手権では3位にとどまった[1]。6月の全日本選抜選手権では決勝で太田を4-1で破って世界選手権代表に選ばれた[13]。世界選手権では決勝に進出し東京五輪の出場を決めると、世界チャンピオンであるロシアのセルゲイ・エメリンとの決勝では5ポイントを先取されたが、得意の投げ技で10ポイントを取って逆転し、優勝を決めた[14][15]

2020年2月のアジア選手権では3年ぶり2度目の優勝を飾った[16]

主な戦績[編集]

  • 2009年 - 全国中学生選手権フリースタイル 2位(42kg級)
  • 2010年 - ジュニアオリンピック カデットの部 優勝(46kg級)
  • 2010年 - 全国中学生選手権フリースタイル 優勝(47kg級)
  • 2011年 - ジュニアオリンピック カデットの部 優勝(50kg級)
  • 2011年 - インターハイフリースタイル 3位(50kg級)
  • 2011年 - 全国高校生グレコローマン選手権 優勝(50kg級)
  • 2011年 - 国体 少年の部 優勝(50kg級)
  • 2012年 - 全国高校選抜大会フリースタイル 優勝(55kg級)
  • 2012年 - ジュニアオリンピック カデットの部 優勝(54kg級)
  • 2012年 - インターハイフリースタイル 2位(55kg級)
  • 2012年 - 全国高校生グレコローマン選手権 優勝(55kg級)
  • 2012年 - 国体 少年の部 優勝(55kg級)
  • 2012年 - 全日本レスリング選手権大会 3位(55kg級)
  • 2013年 - ジュニアオリンピック ジュニアの部 3位(60kg級)
  • 2013年 - インターハイフリースタイル 優勝(60kg級)
  • 2013年 - 全国高校生グレコローマン選手権 優勝(60kg級)
  • 2013年 - 国体 少年の部 優勝(60kg級)
  • 2013年 - 全日本レスリング選手権大会 3位(55kg級)
  • 2014年 - ペトコ・シラコフ&イワン・イリエフ国際大会 2位(60kg級)
  • 2014年 - ジュニアオリンピック ジュニアの部 優勝(60kg級)

59kg級での戦績

  • 2014年 - 全日本学生選手権 2位
  • 2014年 - 国体 成年の部 3位
  • 2015年 - スペイン・グランプリ 優勝
  • 2015年 - 全日本学生選手権 優勝
  • 2015年 - 国体 成年の部 優勝
  • 2016年 - 全日本選抜選手権 優勝
  • 2016年 - ピトラシンスキ国際大会 優勝
  • 2016年 - 国体 成年の部 優勝
  • 2016年 - 全日本大学グレコローマン選手権 優勝
  • 2016年 - FILAゴールデングランプリ 優勝
  • 2016年 - 全日本レスリング選手権大会 優勝
  • 2017年 - グランマ&セーロ・ペラド国際大会 2位
  • 2017年 - ハンガリー・グランプリ 優勝
  • 2017年 - アジア選手権 優勝
  • 2017年 - 全日本選抜選手権 優勝
  • 2017年 - ピトラシンスキ国際大会 3位
  • 2017年 - スペイン・グランプリ 優勝
  • 2017年 - 世界選手権 優勝
  • 2017年 - 全日本大学グレコローマン選手権 優勝(66kg級)

60kg級での戦績

  • 2017年 - 全日本レスリング選手権大会 2位
  • 2018年 - ペトロフ国際大会 優勝
  • 2018年 - U-23世界選手権 優勝
  • 2018年 - 全日本レスリング選手権大会 優勝
  • 2019年 - アジア選手権 3位
  • 2019年 - 全日本選抜選手権 優勝
  • 2019年 - 世界選手権 優勝
  • 2020年 - アジア選手権 優勝

(出典[1])

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j JWF WRESTLERS DATABASE : 日本レスリング協会 選手&大会データベース
  2. ^ a b “猫レスラー”文田健一郎、連覇!初の世界選手権内定 スポーツ報知 2017年6月19日
  3. ^ 【レスリング世界選手権】初出場の“猫レスラー”文田健一郎の素顔に迫る 東京スポーツ 2017年8月2日
  4. ^ 【レスリング】米満氏の金メダルDNA受け継ぐ文田健一郎 東京スポーツ 2017年6月19日
  5. ^ 21歳文田がグレコで金 34年ぶり”. 日本経済新聞 (2017年8月23日). 2019年12月9日閲覧。
  6. ^ レスリング世界選手権 文田が優勝 日本男子34年ぶり金 NHK 2017年8月23日
  7. ^ 21歳文田がグレコで金 34年ぶり、日本人最年少 産経新聞 2017年8月23日
  8. ^ 川井梨紗子、高橋侑希らが優勝 レスリング全日本 日刊スポーツ 2017年12月23日
  9. ^ 桐生祥秀は日本生命へ、リオ銀坂井聖人はセイコー 日刊スポーツ 2018年4月1日閲覧
  10. ^ レスリング前世界王者・文田健一郎の復活を支える「家族愛」
  11. ^ 男子グレコの文田健一郎が優勝 レスリングのU―23世界選手権
  12. ^ 文田、リオ五輪銀の太田下し2年ぶり2度目V グレコ60キロ級決勝/レスリング サンケイスポーツ 2018年12月23日
  13. ^ レスリング・文田健一郎が宿敵・太田倒し世界選手権切符「勝って当然と思っていた」 スポーツ報知 2019年6月16日
  14. ^ 文田が2年ぶり金=向田、東京五輪代表に-世界レスリング 時事通信 2019年9月17日
  15. ^ [レスリング]文田健一郎、2年ぶりVは高額アドバイスのおかげ!?「50万円な」と冗談を飛ばしたのは… 中日スポーツ/東京中日スポーツ2019年9月17日閲覧
  16. ^ レスリング文田、3年ぶり優勝 アジア選手権 日本経済新聞 2020年2月19日

外部リンク[編集]