下古沢駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
下古沢駅
駅舎(正面)
駅舎(正面)
しもこさわ
SHIMOKOSAWA
NK81 高野下 (1.7km)
(1.7km) 上古沢 NK83
所在地 和歌山県伊都郡九度山町大字下古沢
駅番号 NK 82
所属事業者 南海電気鉄道
所属路線 高野線
キロ程 55.9km(汐見橋起点)
難波から55.2km
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
51人/日
-2017年-
開業年月日 1925年大正14年)7月30日
備考 業務委託駅
テンプレートを表示

下古沢駅(しもこさわえき)は、和歌山県伊都郡九度山町大字下古沢にある南海電気鉄道高野線。標高177m(橋本駅との高低差は+85m)。駅番号はNK82

歴史[編集]

  • 1928年昭和3年)6月18日 - 高野山電気鉄道が高野下駅 - 神谷駅(現・紀伊神谷駅)間で開業した際に設置。
  • 1947年(昭和22年)3月15日 - 社名変更により、南海電気鉄道の駅となる。
  • 2000年平成12年)10月 - 駅業務を子会社の南海ビルサービスに委託。
  • 2002年(平成14年)11月12日 - 交換設備が撤去され、棒線駅となる。
  • 2007年(平成19年)10月 - 「こうや花鉄道」プロジェクトの一環として、下りホーム跡に花屏風が整備される。
  • 2009年(平成21年)2月6日 - 紀伊清水駅、学文路駅、九度山駅、高野下駅、上古沢駅、紀伊細川駅、紀伊神谷駅、極楽橋駅、高野山駅、紀ノ川橋梁、丹生川橋梁、鋼索線とともに近代化産業遺産(高野山参詣関連遺産)に指定される。
  • 2017年(平成29年)10月22日 - 台風21号の影響により上古沢駅構内で道床流出が発生し、高野下駅 - 極楽橋駅間が運転見合わせ[1]橋本駅 - 高野山駅間でバス代行輸送を実施[2]
  • 2018年(平成30年)
    • 2月28日 - 上古沢駅構内における線路故障から早期再開するため、上古沢駅の行き違い機能を当駅に移設することを発表[3]
    • 3月31日 - 線路故障の復旧工事が完了し、始発から高野下駅 - 極楽橋駅間の運転を再開[4]。列車行き違い機能を上古沢駅から当駅に移設し、約15年ぶりに旧下りホームと駅員配置が復活。橋本駅 - 高野山駅間の代行バス輸送も終了する。

駅構造[編集]

構内全景(極楽橋方)
構内全景(難波方)
使用再開にあたり再整備が施された下りホーム
難波方には急カーブがあるため、かなり手前から上下線路が分岐する
棒線駅化された2002年から2017年までの構内(2005年撮影)

相対式ホーム2面2線の地平駅。山岳を経由しているため、駅舎とホームは傾斜面上にある。ホーム有効長は2扉車4両。

2002年平成14年)に一旦交換設備が撤去されて難波方面のホームのみ使用され、高野線単線区間では唯一の棒線駅となった。しかし、2017年の台風21号の影響で隣の上古沢駅構内で道床流出が発生し、交換設備が使用不能になったため、上古沢駅からの移設の形として当駅の交換設備が復活し、再び相対式ホーム2面2線となった。なお交換設備の復活にあたり、下りホームでは内方線タイルの敷設等の再整備が行われた。 電車とホームの間の間隔が比較的広くなっている場所がある。

旧高野山方面ホームは交換設備撤去後もしばらく手付かずの状態であったが、「こうや花鉄道」プロジェクトの一環として、2007年(平成19年)10月から跡地に花屏風が設置された[5]。しかし、前述の列車交換設備設置に伴う旧下りホーム復元のため、花屏風は撤去されている。

高野山電気鉄道時代は、高野下方面に車庫もあった。

2018年3月31日の交換設備復活により再び駅係員が常駐するようになり、乗車駅証明書発行機が撤去された。なお、開閉式ではないが自動改札機があるため、スルッとKANSAIPiTaPaICOCAの使用は可能である。

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先
駅舎側 Nankai koya line symbol.svg 高野線 上り 橋本なんば方面
反対側 Nankai koya line symbol.svg 高野線 下り 高野山方面

利用状況[編集]

2017年度の調査結果では、一日あたりの平均乗降客数は51人。この数字は南海の駅全体では100駅中96位、高野線の駅(難波駅 - 岸里玉出駅間含む)としては42駅中38位である。

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

南海電気鉄道
Nankai koya line symbol.svg 高野線
観光列車「天空」
通過
快速急行(高野山方面のみ運転)・急行・各駅停車
高野下駅 (NK81) - 下古沢駅 (NK82) - 上古沢駅 (NK83)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 台風第21号による被害状況等について(第4報) (2017/10/24 7:00現在) (PDF) - 国土交通省
  2. ^ 台風21号の影響による列車の運休区間について (リンク切れ)- 南海電気鉄道、2017年10月24日
  3. ^ 上古沢駅線路故障の状況http://www.nankai.co.jp/traffic/info/transfer.html
  4. ^ 高野線(高野下駅~極楽橋駅)の運転再開について|南海電鉄” (日本語). www.nankai.co.jp. 2018年4月4日閲覧。(リンク切れ)
  5. ^ 飾られているのはシャクナゲ、サルスベリ、ニッコウキスゲなど16種類・約5,000株であり、さらにその旨が「南海電鉄 高野線 こうや花鉄道 天空|こうや花鉄道プロジェクト/これまで実施したプロジェクト「南海高野ほっと・ねっと」内)」でも隣の高野下駅と同様に取り上げられている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]