小川和紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小川和紙(おがわわし)は、埼玉県比企郡小川町秩父郡東秩父村で作られる、手漉き和紙細川紙

概要[編集]

細川紙が伝来する以前から現在の小川町にあたるエリアは和紙の産地として知られていた。1,300年の歴史を持ち、だけを使った細川紙は、国の重要無形文化財の指定を受けている[1]道の駅おがわまち・埼玉伝統工芸会館にはヤッパシ紙すき体験コーナーがあり、紙すきを体験することができる[2]。2014年には細川紙がユネスコ無形文化遺産に登録された。

軍事利用[編集]

風船爆弾

太平洋戦争時にアメリカ合衆国本土を攻撃すべく開発された兵器風船爆弾」の風船部分の素材として小川和紙が用いられた。紙質が丈夫かつ産地が東京に近いことが選定の理由であった[3]

脚注[編集]

  1. ^ 細川紙 - 文化庁文化遺産オンライン
  2. ^ 埼玉伝統工芸会館
  3. ^ 風船爆弾”. 埼玉県平和資料館. 2017年8月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]