上星川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上星川
上星川駅 駅舎(2007年1月11日)
上星川駅 駅舎(2007年1月11日)
上星川の位置(横浜市内)
上星川
上星川
上星川の位置
上星川の位置(神奈川県内)
上星川
上星川
上星川の位置
北緯35度28分8.17秒 東経139度34分41.32秒 / 北緯35.4689361度 東経139.5781444度 / 35.4689361; 139.5781444
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
保土ケ谷区
面積
 • 合計 0.500km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 6,378人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
240-0042[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

上星川(かみほしかわ)は、横浜市保土ケ谷区の地名。現行行政地名は上星川一丁目から上星川三丁目。住居表示が実施されている[5]郵便番号は240-0042[3]

地理[編集]

保土ケ谷区の北部に位置し、北東側は神奈川区羽沢南羽沢町の一部が分離し住居表示施行)に接する。南東から北西に相模鉄道国道16号が並行し、町の南部に上星川駅が設けられている。南西から北東に貨物専用の東海道貨物線が走り、上星川駅北側で相鉄線と交差するが、貨物線に駅は設けられていない。相鉄線の北側・貨物線の東側となる一角が一丁目、相鉄線の北側・貨物線の西側が二丁目、相鉄線の南側が三丁目となっている。町の南を帷子川が流れる。

面積[編集]

面積は以下の通りである[1]

丁目 面積(km2
上星川一丁目 0.089
上星川二丁目 0.313
上星川三丁目 0.098
0.500

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、上星川2-36-5の地点で17万1000円/m2となっている。[6]

歴史[編集]

沿革[編集]

古くは都筑郡上星川村で、1889年明治22年)4月1日に川島村と合併し西谷村大字西谷となった[7]1927年昭和2年)4月1日に横浜市に編入、横浜市上星川町となる。同年10月1日に区制施行により保土ケ谷区に編入される。2001年10月22日に住居表示が実施され、上星川町を廃止し上星川一丁目・上星川二丁目・上星川三丁目が新設された[5]

なお、星川の地名の由来については「星川 (横浜市)#沿革」を参照のこと。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
上星川一丁目 510世帯 969人
上星川二丁目 1,622世帯 3,493人
上星川三丁目 981世帯 1,916人
3,113世帯 6,378人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[8]

丁目 番地 小学校 中学校
上星川一丁目 1〜2番 横浜市立坂本小学校 横浜市立保土ケ谷中学校
8番3号
10番1〜7号
11〜21番
横浜市立上星川小学校
その他 横浜市立常盤台小学校
上星川二丁目 18番
7〜17番
19〜53番
横浜市立上星川小学校
その他 横浜市立坂本小学校
上星川三丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

施設[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ a b 横浜市保土ケ谷区の町名一覧(横浜市役所) (PDF) 2011年2月4日閲覧
  6. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  7. ^ 『横浜の町名』1996年12月、横浜市市民局総務部住居表示課発行
  8. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。
  • 『県別マップル 神奈川県広域・詳細道路地図』2006年4刷 昭文社 ISBN 9784398626998
  • ちず丸(昭文社)2011年2月4日閲覧