三國志13

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三國志13
ジャンル 歴史シミュレーション
対応機種 Windows Vista/7/8.1/10
PlayStation 3
PlayStation 4
Xbox One
開発元 コーエーテクモゲームス(シブサワ・コウ)
発売元 コーエーテクモゲームス
シリーズ 三國志シリーズ
人数 1人
メディア [PS3/PS4/XBOne]BD-ROM
[Win]DVD-ROM
ダウンロード販売
発売日 2016年1月28日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
売上本数 [PS3] 1万3,916本
[PS4] 2万6,671本[1]
その他 [PS3/PS4]クロスセーブ対応
テンプレートを表示

三國志13』(さんごくしサーティーン)は、コーエーテクモゲームスより2016年1月28日に発売された歴史シミュレーションゲーム。『三國志シリーズ』の第13作。

概要[編集]

「三國志シリーズ」の30周年記念作品。前作同様のWindows版、PlayStation 3版に加え、シリーズ初のPlayStation 4版とXbox One版が同時発売された。当初はシリーズ30周年にあたる2015年12月10日に発売予定であったが、延期された[2]

ゲームコンセプトは「人間ドラマ」「スペクタクル」「ダイナミズム」。人間ドラマを重視した本作では『三國志X』以来となる全武将プレイが可能になっている。マップはフル3Dとなっており、シームレスで都市の内部まで拡大可能[3]

キャラクターグラフィックは特定の武将に内政時と戦闘時で異なるイラストが用意されている。横山光輝の漫画『三国志』や中国のドラマ『三国志 Three Kingdoms』との共同企画で、各作品に登場した武将の画像を配信している[4]

雑誌『ファミ通』のクロスレビューでは、合計36点(40点満点)でプラチナ殿堂入りした[5]

音楽[編集]

主題歌は吉川晃司の「Dance To The Future」でエンディングテーマとして使用される。ゲームの発売日と同じ2016年1月28日よりレコチョクiTunes Storeにて配信開始。ジャケットイラストは『三國志13』の武将風の吉川晃司が描かれる[6]

レコチョク限定特典として、『三國志13』で使用できる武将「吉川晃司」のダウンロード用シリアルコードが期間限定で配布された(特典対象はスマートフォン、パソコン購入時のみで、フィーチャーフォンニンテンドー3DSでの購入は対象外)[7]

声の出演[編集]

シナリオ[編集]

  1. 184年2月 黄巾の乱
  2. 190年1月 反董卓連合
  3. 195年1月 群雄割拠
  4. 200年2月 官渡の戦い
  5. 207年9月 三顧の礼
  6. 214年6月 益州平定

パワーアップキット[編集]

三國志13 with パワーアップキット
ジャンル 歴史シミュレーション
対応機種 Windows Vista/7/8.1/10
PlayStation 3
PlayStation 4
Xbox One(ダウンロード版のみ)
Nintendo Switch
PlayStation Vita
開発元 コーエーテクモゲームス(シブサワ・コウ)
発売元 コーエーテクモゲームス
シリーズ 三國志シリーズ
人数 1人
メディア [Win]DVD-ROM
[PS3/PS4]BD-ROM
[Switch]Switchカード
[PSVita]PSVitaカード
ダウンロード販売
発売日 [Win/PS3/PS4/XBOne]
2017年2月16日
[Switch]
2017年3月30日
[PSVita]
2017年5月25日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

2017年2月16日に新要素を追加した『パワーアップキット』が発売された。ラインナップは『三國志13』所持者向けの『三國志13 パワーアップキット』単体と、非所持者向けの『三國志13 with パワーアップキット』の2種類。PK単体版はWindows版はパッケージ・ダウンロードの両方が発売されるが、PlayStation 4PlayStation 3Xbox Oneの単体版はダウンロード販売のみとなる。


出典[編集]

外部リンク[編集]