一本包丁満太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一本包丁満太郎
ジャンル 料理・グルメ漫画
漫画
作者 ビッグ錠
出版社 集英社
掲載誌 ビジネスジャンプ
レーベル ビジネスジャンプ・コミックス
発表号 1985年創刊号 - 1996年10号
巻数 全33巻
テンプレート - ノート
ポータル 漫画

一本包丁満太郎』(いっぽんぼうちょう まんたろう)は、ビッグ錠による日本漫画。『ビジネスジャンプ』(集英社)にて連載された。1991年には、アニメイトフィルム制作・J.C.スタッフ制作協力でOVA化されている。

あらすじ[編集]

風味満太郎は、カツ丼屋の一人息子として産まれ育ったが、実家を継ぐのを嫌がりふらふらと遊びまわったりを繰り返していた。しかしある時、料理の道で生きて行くことを決意し、手始めにハンバーグで有名なレストランに応募したが断られたことでハンバーグ勝負を持ちかけ、これに勝利しレストランで修行を始めることとなった…。

登場人物[編集]

風味満太郎
声:松本保典
主人公。以前の作品の包丁人味平に似て、奇想天外な発想を持って料理を作る。しかし最後の料理勝負で作った料理は「自分はカツ丼屋の息子だから」ということでカツ丼だった。
風味金平
声:今西正男
満太郎の父。アニメ版だと名前が風味銀平になっている。作れる料理はカツ丼ぐらいだが、味は絶品。物語後半、TVで取り上げられたことで客が殺到したが、ために味が落ちだんだん客足が離れてしまった。そこに目をつけられ多額の借金を背負わせ土地を乗っ取られそうになったが、すんでの所で救われた。
風味香代
声:横尾まり
満太郎の母。物語前半と後半では、外見と性格が変わっている。
示条味味
声:折笠愛
ヒロイン。満太郎とカツオ勝負を行い、その際敗れたが異議を唱えおにぎり勝負で再戦し勝利した。後に満太郎と結婚する。アニメ版だと若干設定が異なる。
郷原
声:永井一郎
ファミレスチェーン店「ボンゴ」会長。金平の腕を高く評価している。
料理長
声:銀河万丈
ファミレスチェーン店「ボンゴ」料理長。
伊賀谷玄人

示条流で修行するものの、「品がない」と師匠にこきおろされ名店を食べ歩くなど努力をしたがそれでも認められず、示条流を飛び出し裏示条流の始祖として示条流・味味の前に立ちはだかった。

笑月亭松之助
声:河内家菊水丸
落語家
松之助の父
声:緒方賢一
下村
声:小野健一
すきやき男爵
篠原
三国銀行の次長。

用語[編集]

銀平食堂
金平の経営する食堂。メニューはカツ丼のみ。物語の後半では、金平の思いつきでメニューをすいとんに変更する。銀平とは金平の父(満太郎の祖父)の名前。
ボンゴ
ファミレスチェーン店。ここで満太郎と料理長のハンバーグ対決が行われた。
すきやき男爵
すきやき男爵の経営する牛鍋店。
吉留
大阪の料亭。かつらむき勝負で勝った満太郎が修行に入った店。
淀花
加薬ご飯の店。とても繁盛している。貴船十三を雇い、えびすのかやくごはんを盗ませた。
えびす
同じく加薬ご飯の店。淀花が向かい側にあるので、客入りはいまいちだが、味は淀花を超える。貴船に味を盗まれてしまった。
よしむら
フグ料理店。
鉄砲島
フグが大量に獲れる島。
東陽銀行
業界トップの銀行。
三国銀行
篠原の勤める銀行。東陽銀行に業績を抜かれてしまった。
元気の里
三国銀行の社員食堂。
三味屋
牛丼店。
ジャッキーズ
ハンバーガーショップ。
丼太郎
牛丼店。

単行本[編集]

OVA[編集]

  • ビッグ錠 『一本包丁満太郎』(ポニーキャニオン
    1. VHS版、1991年6月21日発売
    2. LD版、1991年12月21日発売
  • ビッグ錠 『一本包丁満太郎2』(ポニーキャニオン)
    1. VHS版、1991年12月21日発売
    2. LD版、1992年1月21日発売

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「ローリング・ストーンズ」
作詞 - 秋元康 / 作曲・編曲 - 後藤次利 / 歌 - 山本譲二

脚注[編集]

外部リンク[編集]