ロビン・ギブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロビン・ギブ
Robin Gibb
RobinGibb-2008.jpg
基本情報
出生名 Robin Hugh Gibb
生誕 (1949-12-22) 1949年12月22日
マン島の旗 マン島ダグラス
出身地 Rised in:
イングランドの旗 イングランドマンチェスター
Moved to:
オーストラリアの旗 オーストラリアブリスベン
死没 (2012-05-20) 2012年5月20日(62歳没)
イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル ディスコポップロックソフトロック
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルピアノバイオリンギター
活動期間 1958年 - 2003年2009年 - 2012年
(グループ)
2003年 - 2012年
(ソロ)
共同作業者 ビージーズ
公式サイト Official website

ロビン・ギブ: Robin Gibb1949年12月22日 - 2012年5月20日)は、マン島出身のシンガーソングライターである。2人の兄弟(バリー・ギブモーリス・ギブ)と結成したビージーズのメンバーとして知られている。

彼ら3人はイギリス人の両親の下で生まれ、オーストラリアでデビューし、イングランドに戻ってから成功した。ビージーズは1億枚以上レコードが売れた、世界で最も成功したポップグループの一つである[1]

出自[編集]

ロビンはマン島で父ヒュー・ギブ(1916~92)と母バーブラ(1920~2016)の下で生を受け、モーリス・ギブと双子だった。なお、モーリスより35分先に生まれた。ロビンは5人兄弟で、1人の姉(レズリー 1945年生)と3人の兄弟(バリー 1946年生、モーリス 1949年生、アンディ 1958年生)がいる。家族とともに1958年にはオーストラリアブリスベンに移ってから、彼らの音楽キャリアがスタートした。1967年にイングランドへ戻ってロバート・スティグウッドに見いだされ、彼らの音楽活動は成功した。

ソロ・キャリア[編集]

ロビンは、1960年代後半のビージーズ第一期黄金期では、常に兄バリー・ギブとリードボーカルの役割を競っていた。そして、彼の曲「Lamplight」がバリーの曲「若葉のころ」(First of May) のB面に追いやられた後、ロビンはグループを去りソロ・キャリアを開始した。

ソロ活動では、最初に出したシングル「救いの鐘」(Saved by the Bell) がイギリスで最高2位を記録する成功を収めた[2](100万枚売れてゴールドディスクと認定された[3])が、アルバム『救いの鐘』(Sing Slowly Sisters) はセールスではあまり成功しなかった。その後、ビージーズに復帰して 1970年に出したシングル「ロンリー・デイズ」(Lonely Days) は彼らにとってアメリカで最高順位を記録したヒットとなった[4]。翌年に出したシングル「傷心の日々」(How Can You Mend a Broken Heart) はアメリカで最高1位を記録したが、その後彼らの勢いは弱まり始めた。1974年にアリフ・マーディンよりプロデュースを受け、ブルー・アイド・ソウル・スタイルへ転換したことで、1970年代後半のディスコ自体による彼らの大成功時代へつながった[5]

コンセプト・アルバム『Sesame Street Fever』で、ロビンはタイトル・トラック他数曲をセサミストリートのパペット達と歌った。

グループで活動している間も、ロビンはソロ活動を進めていた。1980年代には、3つのソロ・アルバム(『How Old Are You』『Secret Agent』『Walls Have Eyes』)を発表し、ヨーロッパで成功を収めた。1984年に発売したシングル「恋するボーイズ」(Boys Do Fall in Love) はビルボードTop40にチャートインした。

彼の双子の兄弟モーリスの急死と同じ週である2003年1月27日に、ロビンの次のソロ・アルバム『Magnet』をドイツで発売した。モーリスの死を受け、ロビンとバリーはしばらくビージーズを解散することにした。しかし、2009年後半になって、ロビンとバリーはビージーズを再結成すると発表した。

ロビンはイギリスのテレビ番組「The Dame Edna Treatment」のオープニングテーマを歌った。

2008年5月18日、ロビンはオーストラリアのDJであるアラン・フリーマンのトリビュート曲「Alan Freeman Days」を発表した。この曲はダウンロード販売のみだった。同年12月、「Wing and a Prayer」もダウンロード販売のみでリリースされたが、この曲は1970年にリリース予定だったがリリースされなかった曲「Sing Slowry Sisters」のメロディーだった[6]。1週間後、またダウンロード販売で曲「Ellan Vannin (Home Coming Mix)」を出した[7]

2008年にリリース予定だったソロ・アルバム『50 St Catherine's Drive』は、リリースされなかった。2009年8月に、そのアルバムからの50秒のクリップ「Instant Love」が発表された。それは彼の息子ロビン=ジョンとの共演だった[8]

コラボレーション[編集]

2003年8月にリリース予定だったシングル「My Lover's Prayer」(ビージーズの1997年の曲のカヴァー)は、ロビンとウォンヤ・モリスボーイズIIメンのメンバー)、ランス・バスの共演だったが、ラジオでオンエアされたのみで実際はリリースされなかった。しかし、2004年1月に同じ曲をロビンとアリステア・グリフィンが共演したヴァージョンがリリースされ、そちらは全英シングルチャートで最高5位を記録した[9]

2005年1月、ロビンは兄バリーやその他のアーティストと共に「One World Project」という名のプロジェクトに参加した。このプロジェクトはアジアの津波被害を救済するための慈善シングル「Grief Never Grows Old」をリリースした。なお、このプロジェクトにはボーイ・ジョージスティーヴ・ウィンウッドジョン・アンダーソンリック・ウェイクマンクリフ・リチャードビル・ワイマンアメリカケニー・ジョーンズシカゴブライアン・ウィルソンビーチ・ボーイズ)、ラッセル・ワトソンデイヴィ・スピラーンが参加した。

2005年6月、ロビンはロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われたXファクターのコンサートで、G4と共にビージーズの「若葉のころ」を演奏した。このパフォーマンスは録音され、"G4 feat Robin Gibb"名義で2005年12月にシングルとして販売された。このトラックは全英アルバムチャートで最高6位を記録するアルバム『G4 & Friends』[10]にも収録された。

2006年11月にロビンが出したクリスマス・アルバム『Robin Gibb ? My Favourite Carols』は、ロンドンの楽団The Serlo Consort とのコラボレーションだった。このアルバムにはロビンが書いた新曲「Mother of Love」が含まれており、この曲はダウンロード・シングルとしてヨーロッパで発売された。この曲は2003年1月に亡くなった双子の弟モーリス・ギブにインスパイアされたもので、その売上はブラーマ・クマリス[11]に寄付された。

2009年1月、ラス・ジョーンズとロブ・ブライドン[12]、そしてトム・ジョーンズとロビンが共演した曲「アイランズ・イン・ザ・ストリーム」(Islands in the Stream)(ビージーズの3人が1983年に制作した曲)が発売され、全英シングルチャート1位に輝いた[13]。このシングルはBBCのコメディ番組『Gavin & Stacey』が企画したチャリティ・シングルだった[14]

コンサート[編集]

2004年後半、ロビンはドイツ、ロシア、アジアでソロ・ツアーを開催した。そしてドイツでのライヴは、CD・DVDとしてリリースされた。ツアーは2005年にラテン・アメリカ・ツアーまで続いた。

2006年2月、ロビンは兄バリーとフロリダのハリウッドでチャリティ・コンサートを開催した。これは、弟モーリスが亡くなった後の初めての兄弟の共演だった。

2006年3月、彼は上海とポルトガルでソロ・コンサートを開催することをアナウンスした。2006年5月、兄バリーと共にロンドン塔Prince's Trust[15]の30周年記念コンサートに出演した。2006年9月には、ロビンはミス・ワールドのファイナルで「ステイン・アライヴ」を演奏した。2006年11月、フィリピンのマニラのアラネタ・コロシアムでソロ・コンサートを行った。

ロビンは2007年に出身地であるマン島TT・フェスティバルで凱旋コンサートを開いた[16]。この売上はすべて、マン島の病院の子供たちのために寄付された。

2007年9月8日、ロビンはソルトレイクシティで、ビージーズのヒット曲を歌った。

2007年10月25日、ロビンはブルガリアのソフィアで、ビージーズのヒット曲を歌った。

2008年10月25日、サタデー・ナイト・フィーバー30周年記念にスペシャル・ゲストとして出演し、ローナン・キーティングスティーヴン・ゲイトリーらと共演した。

私生活[編集]

1968年、ロビンはロバート・スティグウッドの秘書モリー・ハリスと結婚した。2人は、49人の犠牲者を出したヒザー・グリーン鉄道事故英語: Hither Green rail crash)に遭遇したが生き残った。彼らには2人の子供がいた。しかし、ロビンはアメリカで活動しつづけ妻はイギリスに残っていたこともあり、1980年に離婚した。

ロビンの2人目の妻ドワイナは作家かつ芸術家で、ブラーマ・クマリスの支持者である。2人の間には息子ロビン=ジョンがいる。彼女は季節によりマン島、マイアミ、オックスフォードシャーに移り過ごしている[17]

健康問題と死[編集]

2010年10月、ベルギーでのコンサート中に腹部に激痛を覚えて病院に運ばれ、腸閉塞と診断され手術を受けた。これは2003年に亡くなったモーリスの死因となった病気である。その後は体調が回復し、コンサート活動を再開していたが、2011年4月に再び腹部に痛みが生じたため、ブラジル公演の中止を余儀なくされた[18]

2011年10月に病気が結腸がんであることが明らかになり、2012年1月には、がんが肝臓に転移していることが伝えられた。ロビンは治療を受けながら仕事を続け、ロビン=ジョンと共にタイタニック号沈没百周年を記念した初のクラシック作品「タイタニック・レクイエム」を制作した。当時のインタビューでロビンは「準備で気が紛れたおかげで、この病気から助かるかも知れないと心から思えるようになった」と語り、2012年2月初めには「がんからめざましく回復した」と宣言した[19]

しかし、2012年4月10日にロンドンで開催された「タイタニック・レクイエム」の初演コンサートには、ロビンの姿はなかった。

2012年4月14日、ロビンは肺炎を発症して、ロンドン市内チェルシーの病院に入院していることが明らかになった。ロビン=ジョンによると、家族と兄のバリーが見守る中、ロビンは昏睡状態に陥っているという[20][21]

2012年4月21日にはロビンが昏睡状態から覚め、ドワイナがロイ・オービソンのヒット曲「クライング」を演奏すると大声をあげたことなどが報じられたが[22]、2012年5月20日に死去した[23]。62歳没。

栄誉[編集]

1994年、ロビンは「ソングライターの殿堂」(英語: Songwriters Hall of Fame)入りをした[24]

2002年、兄弟と共に大英帝国勲章(CBE)を受章した[25]

2004年5月、ロビンとバリーはマンチェスター大学より Doctor of Music の名誉学位を得た。

2009年10月、ロビンとバリーはダグラスで "Freeman of the Borough" の称号[26]を得た。この称号はすでに亡くなったモーリスにも授けられたため、彼ら3兄弟は揃って出生の街で栄誉に浴することとなった。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

邦題 原題 United
Kingdom[2]
Germany United
States
Switzerland Canada New
Zealand
Italy
1970 救いの鐘 Robin's Reign #19 #77
1983 ハウ・オールド・アー・ユー How Old Are You? #6 #26 #22 #13
1984 シークレット・エージェント Secret Agent #31 #97 #20
1985 Walls Have Eyes
2002 Magnet #43 #10
2006 My Favourite Christmas Carols

シングル[編集]

楽曲 楽曲 United
Kingdom[2][9][13]
Germany United
States
Austria Switzerland South
Africa
New
Zealand
Italy
1969 救いの鐘 Saved By the Bell #2 #3 #1 #1
1969 ミリオン・イヤーズ One Million Years #14 #6
1970 夏と秋の間に August, October #45 #12 #11
1978 オー・ダーリング Oh Darling #15 #5
1980 ヘルプ・ミー
(ロビン・ギブ with マルセラ・デトロイト)
Help Me!
(Robin Gibb with Marcy Levy)
#50
1983 ジュリエット Juliet #94 #1 #104 #2 #1 #1
1983 ハウ・オールド・アー・ユー How Old Are You? #92 #37
1984 悲しみのニューヨーク Another Lonely Night in New York #71 #16 #19
1984 恋するボーイズ Boys Do Fall in Love #70 #21 #37 #36 #7 #10
1984 シークレット・エージェント Secret Agent
1985 キミの日記 In Your Diary
1985 ライク・ア・フール Like a Fool
1986 トイズ Toys
2002 Please #23 #51 #48
2003 Wait Forever
2004 愛する者の祈り
(ロビン・ギブ & アリステア・グリフィン)
My Lover's Prayer
(Robin Gibb & Alistair Griffin)
#5
2005 若葉のころ
(G4 feat. ロビン・ギブ)
First of May
(G4 feat. Robin Gibb)
2006 Mother of Love
2007 失われた愛の世界
(ロビン・ギブ & US5)
Too Much Heaven
(Robin Gibb & US5)
#7
2009 アイランズ・イン・ザ・ストリーム
(コミック・リリーフ w/ロビン・ギブ)
Islands in the Stream
(Comic Relief w/Robin Gibb)
#1

脚注[編集]

  1. ^ Kim Summers. “allmusic ((( Robin Gibb > Overview”. 2012年6月29日閲覧。
  2. ^ a b c ChartArchive - Robin Gibb”. 2012年6月29日閲覧。
  3. ^ Murrells, Joseph (1978). The Book of Golden Discs (2nd ed.). London: Barrie and Jenkins Ltd. p. 259. ISBN 0-214-20512-6. 
  4. ^ EXTRA! 11/04 - The Bee Gees - 'Number Ones'”. 2010年7月8日閲覧。
  5. ^ The Bee Gees, View the Music Artists Biography Online, VH1.com”. 2010年7月8日閲覧。
  6. ^ Robbin Gibb - Releases - Singles - Wing And A Prayer” (2008年12月9日). 2008年12月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月8日閲覧。
  7. ^ Robbin Gibb - Releases - Singles - Ellan Vannin, Home Coming Mix” (2008年12月18日). 2010年7月8日閲覧。
  8. ^ "Instant Love"[リンク切れ]
  9. ^ a b ChartArchive - Alistair Griffin”. 2012年7月2日閲覧。
  10. ^ ChartArchive - G4 - G4 & Friends”. 2012年7月2日閲覧。
  11. ^ BKWSU。瞑想を教義する団体。http://www.bkwsu.org/index_html-ja?set_language=ja
  12. ^ 2人ともBBCのコメディ番組『Gavin & Stacey』の出演者。
  13. ^ a b ChartArchive - Jenkins / West / Jones / Gibb”. 2012年7月2日閲覧。
  14. ^ Paul Sexton (2009年10月6日). “U2, Comic Relief Top U.K. Charts, Billboard.com”. 2010年7月9日閲覧。
  15. ^ イギリス皇太子によって設立された慈善団体
  16. ^ Peel Bay Festival, Isle of Man” (2007年2月12日). 2010年7月9日閲覧。
  17. ^ The PM's wife, the Druid priestess and the no-sex guru” (2007年1月6日). 2010年7月9日閲覧。
  18. ^ Bee Gees star Robin Gibb axes string of Brazil live dates after being rushed to hospital Mail Online 2012年4月17日閲覧
  19. ^ Robin Gibb's Coma: Latest Heartbreak for 'Bee Gee' family ABC News 2012年4月17日閲覧
  20. ^ Former Bee Gee Robin Gibb Gravely Ill in London Hospital TIME.com 2012年4月15日閲覧
  21. ^ ビージーズのロビンさんが昏睡状態 AFPBB News 2012年4月16日閲覧
  22. ^ Bee Gees singer Robin Gibb wakes from coma BBC News 2012年4月22日閲覧
  23. ^ Bee Gee Robin Gibb Dead at 62 ABC News 2012年5月21日閲覧
  24. ^ Songwriters Hall of Fame website”. 2010年7月9日閲覧。
  25. ^ Barry, Robin and Maurice's son Adam received the CBE award”. 2010年7月17日閲覧。
  26. ^ その地の名誉を高めるような働きをした者に贈られる称号。

外部リンク[編集]