ランボルギーニ・ジャルパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ランボルギーニ・ジャルパ
P350
ジャルパ
Lamborghini Jalpa front.jpg
ジャルパ(リア)
Lamborghini Jalpa rear.jpg
販売期間 1981年1989年
デザイン ジュリオ・アルフィエーリ
カロッツェリア・ベルトーネ
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア タルガトップ
エンジン 3,485cc V型8気筒 DOHC
駆動方式 MR
最高出力 250馬力/7,000rpm
最大トルク 32.5kgm/3,500rpm
変速機 5速MT
全長 4,330mm
全幅 1,880mm
全高 1,140mm
ホイールベース 2,450mm
車両重量 1,510kg
先代 ランボルギーニ・シルエット
-自動車のスペック表-

ジャルパJalpa、"ハルパ" )は、ランボルギーニが1981年から販売していた2座席のミッドシップカーである。

概要[編集]

1981年3月のジュネーブ・ショーにおいて発表された。「シルエット」をベースにしており、基本的なメカニズムに大きな変更はない。主任設計者は、マセラティ社からリクルートしたジュリオ・アルフィエーリ (Giulio Alfieriであった[1]。「ジャルパ」の名前は、有名な闘牛に由来する。

日常生活でも使用できるようにより良いドライバビリティーや快適性を提供することを目的に、DOHCV型8気筒エンジンは拡大された[2]。内径φ86mmのまま行程を75mmに伸長することによって排気量は3,485ccとなった。

スタイリングについては、再び「カロッツェリア・ベルトーネ」が手掛けた。初期モデルのバンパーとエア・インテークは、「シルエット」と同様に黒に塗装されていた。

インテリアについては、例えばステアリングホイールに衝突時の安全を考えたクラッシュパッドがつき、時流に合わせたものとなった[3]

1984年のジュネーブ・ショーにおいて、シリーズII(後期型)が発表された。エア・インテークはボディと同色に塗装されるようになった。ステアリングホイールの径が拡大され、エアーコンディショナーとパワーウィンドウが標準装備となった[4]

総生産台数は410台[5]。2018年、「ランボルギーニ・ウルス」の発売[6]によって「最後のランボルギーニV8」ではなくなった。

脚注[編集]

  1. ^ 「ランボルギーニ ジャルバ」『ランボルギーニのすべて』 三栄書房〈モーターファン別冊 名車アーカイブ〉、2013年、70頁。
  2. ^ JALPA 最後のランボルギーニV8。”. Automobili Lamborghini S.p.A.. 2018年11月6日閲覧。
  3. ^ 小川フミオ (2018年10月22日). “1970年代のランボルギーニの独自性を象徴したシルエット”. 朝日新聞デジタル. 2018年10月24日閲覧。
  4. ^ 「ランボルギーニ ジャルバ」『ランボルギーニのすべて Vol.2』 三栄書房〈モーターファン別冊 名車アーカイブ〉、2017年、73頁。
  5. ^ 総生産台数410台のランボルギーニ ジャルパが販売中”. Carnny (2017年1月5日). 2018年11月7日閲覧。
  6. ^ ホリデーオート編集部 (2018年2月6日). “【ニュース】スーパーSUV、ランボルギーニ・ウルスが日本デビュー!”. Webモーターマガジン. 2018年11月18日閲覧。

関連項目[編集]


ランボルギーニ S.p.A. ロードカータイムライン 1962-
タイプ 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8
MR(含ミッドシップ4駆) V12 ミウラ カウンタック ディアブロ ムルシエラゴ アヴェンタドール アヴェンタドールS
イオタ レヴェントン ヴェネーノ チェンテナリオ


V8/V10 シルエット ジャルパ ガヤルド ウラカン
2+2 ウラッコ
FR GT 350GT
2+2 400GT イスレロ ハラマ


エスパーダ


クロスカントリー4WD
SUV
LM002 ウルス


オーナー
親会社
フェルッチオ・ランボルギーニ ロセッティ、
レイマー
イタリア政府管理下 ミムラン クライスラー メガテック Vパワー アウディ
試作レーシングカー: ランボルギーニ・イオタ(1969)、ランボルギーニ・ハラマRS(1973)、ランボルギーニ・ウラッコ・ラリー(1973)
コンセプトカー: ランボルギーニ・エストーケ(2008)、ランボルギーニ・エゴイスタ(2013)、ランボルギーニ・アステリオン(2014)、ランボルギーニ・テルツォ ミッレニオ(2017)
人物: フェルッチオ・ランボルギーニジャンパオロ・ダラーラマルチェロ・ガンディーニパオロ・スタンツァーニ
公式WEBサイト: Automobili Lamborghini Holding Spa