ランボルギーニ・350GT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ランボルギーニ・350GT
350GT
DSCN0169(1).JPG
販売期間 1964年 - 1966年
乗車定員 2+1
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン 3,497 cc V型12気筒
駆動方式 FR
最高出力 270馬力
変速機 5速MT
サスペンション 前後ともダブルウイッシュボーン・コイル
全長 4,500 mm
全幅 1,630 mm
全高 1,220 mm
ホイールベース 2,500 mm
車両重量 1,450 kg
生産台数 131台説、135台説、143台節あり
後継 400GT
-自動車のスペック表-

ランボルギーニ・350GTLamborghini350GT )は、イタリアの自動車メーカーランボルギーニ1964年5月から生産されたグランツーリスモであり、量産市販車としてランボルギーニが初めて生産した乗用車である。カロッツェリア・トゥーリングの製作した「スーペルレッジェーラ」方式のボディを採用している。ボディパネルはアルミニウム合金製。

試作車であった350GTVから開発費や製造費などを減らすためにエンジンがウェットサンプ構造に変更され、圧縮比9.4、カムリフトを低くする等性能を下げる処理がされている。

300GTVのホイールベースは2,450 mmであったが、生産型の300GTの設計は2,500 mmに延長された。シートは前部2座席の他、後部に補助的な1座席が設けられていた。

生産台数は131台説、135台説[1]、143台前後とする説[2]がある。

後継車種は400GT

脚注[編集]

  1. ^ [1] フェルッチオの情熱から始まったランボルギーニ - ランボルギーニ大阪
  2. ^ 「Right First Time: Lamborghini GT350」『スーパーカークラシックス』4、企画室ネコ1990年、66頁。

外部リンク[編集]


ランボルギーニ S.p.A. ロードカータイムライン 1962-
タイプ 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8
MR(含ミッドシップ4駆) V12 ミウラ カウンタック ディアブロ ムルシエラゴ アヴェンタドール アヴェンタドールS
イオタ レヴェントン ヴェネーノ チェンテナリオ


V8/V10 シルエット ジャルパ ガヤルド ウラカン
2+2 ウラッコ
FR GT 350GT
2+2 400GT イスレロ ハラマ


エスパーダ


クロスカントリー4WD
SUV
LM002 ウルス


オーナー
親会社
フェルッチオ・ランボルギーニ ロゼッティ、レイマー イタリア政府管理下 ミムラン クライスラー メガテック Vパワー アウディ
試作レーシングカー: ランボルギーニ・イオタ(1969)
コンセプトカー: ランボルギーニ・エストーケ(2008)、ランボルギーニ・ウルス(2012)、ランボルギーニ・エゴイスタ(2013)、ランボルギーニ・アステリオン(2014)
人物: フェルッチオ・ランボルギーニジャンパオロ・ダラーラマルチェロ・ガンディーニパオロ・スタンツァーニ
公式WEBサイト: Automobili Lamborghini Holding Spa