ランベス区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ランベス区
London Borough of Lambeth
ロンドン自治区
グレーター・ロンドン内における区の位置
グレーター・ロンドン内における区の位置
地位 ロンドン自治区
主権国家 イギリスの旗 イギリス
構成国 イングランドの旗 イングランド
リージョン ロンドン
典礼カウンティ グレーター・ロンドン
設置 1965年4月1日
区役所所在地 ブリクストン・ヒル
タルス・ヒル
行政
 - 種別 ロンドン区
 - 議会 ランベス・ロンドン区議会
 - 統治体制 リーダーと内閣制 (労働党)
 - 首長 Cllr Saleha Jaffer
 - ロンドン議会議員 Florence EshalomiLambeth and Southwark区選出)
 - 英国議会下院議員 Kate Hoey (Seat Vacant),
Helen Hayes (Seat Vacant),
Chuka Umunna (Seat Vacant)
 - 欧州議会 ロンドン選挙区
面積
 - 計 26.82km2
域内順位 304位位(全317地域中)
人口(2018年中期推計値)
 - 計 325,917
 - 順位 31位位(全317地域中)
 - 密度 12,000/km2
 - 民族構成[1] 39% イギリス系白人
2.5% アイルランド系白人
0.1% ジプシー系白人又はアイリッシュ・トラベラー
15.5% その他の白人
2.7% 白人とカリブ系黒人の混血
1.4% 白人とアフリカ系黒人の混血
1.2% 白人とアジア系の混血
2.3% その他の混血
1.6% インド系
1% パキスタン系
0.7% バングラデシュ系
1.5% 中国系
2% その他のアジア系
11.6% アフリカ系黒人
9.5% カリブ系黒人
4.8% その他の黒人
0.6% アラブ系
1.9% その他の民族
等時帯 GMTUTC+0
 - 夏時間(DST BSTUTC+1
郵便コード SE, SW
市外局番 020
ONSコード 00AY
GSSコード E09000022
警察機関 ロンドン警視庁
消防機関 ロンドン消防局
ウェブサイト www.lambeth.gov.uk

ランベス・ロンドン自治区(ランベス・ロンドンじちく、: London Borough of Lambeth)は、イングランドロンドンの南部にあるロンドン自治区で、インナー・ロンドンを構成する区の一つ。1963年ロンドン政府法により設置された [2]:5

ウェストミンスター宮殿の南東、テムズ川南岸ノース・ランベスにはランベス宮殿があり、また、ケニントンにはクリケットの聖地ジ・オーバルが、ヴォクソールにはMI6本部が置かれている。

ランベス区の地区[編集]

 ヴォクソール橋からテムズ川上流の眺め。ヴォクソールナイン・エルムスバタシー、対岸ピムリコを見る (River Thames looking upstream from Vauxhall Bridge, showing (left) St George Wharf Tower and (centre) Battersea Power Station, and the shorelines, left to right, of Vauxhall, Nine Elms, Battersea and Pimlico)

姉妹都市[編集]

関係者[編集]

出身者
居住その他ゆかりある人物

ランベス区を舞台にした作品[編集]

小説[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 漱石のロンドン留学期間は1900年10月から1902年12月までの2年余りだったが、その間滞在先を度々変えた。ウェストミンスター大英博物館北側至近 Gower Street、ウエスト・ハムステッド 85 Priory Road、カンバーウェル 6 Flodden Road、池田菊苗と知り合ったツーティング 5 Stella Road、最期にクラパム・コモン界隈で1年4ヶ月余り居住した。

出典[編集]

  1. ^ 2011 Census: Ethnic group, local authorities in England and Wales, Office for National Statistics (2012). 2011年の国勢調査に使われた設問などについては、英語版Classification of ethnicity in the United Kingdomを参照。
  2. ^ 阿部孝夫 "先進諸国における地方自治システム" 『地域政策研究』第2巻 第1・2合併号 高崎経済大学地域政策学会 1999年10月 2018年6月21日閲覧