サウス・バンク (ロンドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サウス・バンクSouth Bank)とは、ロンドンテムズ川南岸に接する、サザーク区ランベス区に跨がる地域の名称である。

以前は倉庫街だったこの地区は、1980年代以降に開発が進み、特にここ数年、ミレニアム事業の一環としてロンドン・アイなど様々な施設が作られ注目を浴びている。コンサート・ホール、劇場、美術館、レストランがひしめいており、ロンドンを観光する上で外せないエリアである。

主な見所[編集]

サザーク区にあるテート・モダンから見る、テムズ川に架かるミレニアム・ブリッジと対岸シティにあるセント・ポール大聖堂