インナー・ロンドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
インナー・ロンドン
法定上の定義
統計上の定義
イギリス
カントリー イングランド
リージョン ロンドン
行政地域 グレーター・ロンドン
面積
 - 計 123.2mi2 (319km2)
人口 (2011)
 - 計 3,231,901人
NUTS UKI1

インナー・ロンドン (英語: Inner London) は、グレーター・ロンドンの内側を構成するロンドン自治区のグループに付けられた名称であり、アウター・ロンドンに囲まれている。その起源は死亡表英語版にまで遡るが、1847年には統計用の地域として定着し、地方政府の地域の一つとして1855年から1965年まで使用された。今日では、2つの一般的な定義がある。最初の定義は1963年ロンドン政府法の法令の中に示されたもので、これは内側の12のロンドン自治区で構成されており、1965年4月1日に法が施行されると同時に廃止されたカウンティ・オブ・ロンドン英語版の範囲とほぼ一致していた [1] 。2つ目の定義は、現在英国国家統計局により使用されるもので、前掲法上の11のインナー・ロンドン自治区と2つのアウター・ロンドン自治区及びシティ・オブ・ロンドンから構成される [2]

1963年ロンドン政府法による定義[編集]

1963年ロンドン政府法による法定上のインナー・ロンドン自治区を以下に示す。

なお、シティ・オブ・ロンドンは、法令上インナー・ロンドン自治区に指定されていないが、シティ・オブ・ロンドン自治体英語版は通例、インナー・ロンドンの地方当局として分類している。

英国国家統計局による定義[編集]

英国国家統計局ユーロスタットは、上記の定義とは異なる定義をしている。明らかに、これはシティ・オブ・ロンドンを含み、ハーリンゲイ区ニューアム区を加える代わりに、グリニッジ区を除外している [3] 。その面積は319 km2、2011年の人口は3,231,901人である [4]

出典[編集]

  1. ^ Saint, A., Politics and the people of London: the London County Council (1889–1965), (1989)
  2. ^ Newham London Borough Council – Positively Inner London[リンク切れ]
  3. ^ Inner London through time: Administrative History (post 1974)”. A vision of Britain through time. Great Britain Historical GIS. 2009年11月20日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ http://www.ons.gov.uk/ons/rel/census/2011-census/key-statistics-for-local-authorities-in-england-and-wales/rft-table-qs203ew.xls