ライアン・ガーコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ライアン・ガーコ
Ryan Garko
Gark wiki.jpg
インディアンス時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州ピッツバーグ
生年月日 (1981-01-02) 1981年1月2日(37歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 2003年 ドラフト3巡目でクリーブランド・インディアンスから指名
初出場 MLB / 2005年9月18日
KBO / 2011年4月2日
最終出場 MLB/ 2010年5月13日
KBO / 2011年6月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ライアン・フランシス・ガーコRyan Francis Garko, 1981年1月2日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグ出身(カリフォルニア州アナハイム近郊育ち)の元プロ野球選手内野手)。右投右打。

もともとは捕手であったが、マイナー時代に一塁手コンバートされた。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

幼い頃は自宅がアナハイム近郊にあったためアナハイム・エンジェルスファンで、ギャレット・アンダーソンティム・サーモンJ・T・スノーに憧れを抱いていた。また、年1回ほどドジャー・スタジアムへと出向き、当時の正捕手マイク・ピアッツアを観るのを楽しみにしていたという。

アナハイムの男子校のサーバイト高校で、当時アトランタ・ブレーブスのスカウトも兼任していたトッド・クックの指導を受けた。当時のチームメイトには、2009年7月まで、インディアンスで同僚だったベン・フランシスコ、現在福岡ソフトバンクホークスに所属するブライアン・ウルフがいた[1]。最上級生となった1999年には、主にガーコが3番打者、フランシスコが4番打者を務めた。その後、スタンフォード大学へ進学し、アメリカ合衆国の研究を専攻する。

プロ入りとインディアンス時代[編集]

2003年MLBドラフト3位(全体78位)で、クリーブランド・インディアンスへ入団を果たす。

2005年9月18日メジャーデビュー。この年は1試合のみの出場で三振に終わる。

2006年は50試合に出場し、.292・7本塁打・45打点をマーク。

2007年には、メジャーに定着し、138試合の出場で打率.289、21本塁打、61打点をマークしリーグ3位の20死球を記録した。

ジャイアンツ時代[編集]

2009年7月28日スコット・バーンズとの交換トレードにより、サンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍[2]

ジャイアンツ時代(2009年8月5日)

レンジャース時代[編集]

2010年2月1日シアトル・マリナーズと1年55万ドル(別途インセンティブで最大107.5万ドル)で契約した[3]。しかし、マリナーズでは開幕ロースターに残れず、ウェーバー公示されテキサス・レンジャーズと契約したが、15試合でわずか3安打に終わりマイナーリーグへ降格となった。その後シーズンの多くをレンジャーズ傘下AAA級のマイナーリーグでプレーしたがメジャー昇格できず、2010年オフにフリーエージェントとなった。

韓国球界時代[編集]

2010年12月に韓国野球委員会三星ライオンズと契約。

2011年、三星の春季キャンプ中の2月13日、北海道日本ハムファイターズとの練習試合で斎藤佑樹と対戦しショートゴロに倒れた。開幕後は58試合の出場で打率.243、1本塁打、28打点、OPS.631と低迷し、2軍降格後の6月下旬に左手を骨折したため、7月13日に解雇された。

独立リーグ時代[編集]

2012年3月、米国アトランティック・リーグ(独立リーグ)のロングアイランド・ダックスと契約した。

レイズ傘下時代[編集]

2012年5月14日に、タンパベイ・レイズとマイナー契約し、同球団傘下のAA級マイナーリーグでプレーした。11月3日にFAとなった。

2013年1月30日、コロラド・ロッキーズとマイナー契約を結んだ。3月23日に解雇された。

現在は、母校のスタンフォード大学の野球部のコーチを務めている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2005 CLE 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2006 50 209 185 28 54 12 0 7 87 45 0 0 0 3 14 0 7 37 5 .292 .359 .470 .829
2007 138 541 484 62 140 29 1 21 234 61 0 1 0 3 34 1 20 94 12 .289 .359 .483 .842
2008 141 563 495 61 135 21 1 14 200 90 0 0 0 8 45 1 15 86 10 .273 .346 .404 .750
2009 78 273 239 29 68 10 0 11 111 39 0 0 2 2 20 1 10 40 6 .285 .362 .464 .826
SF 40 127 115 10 27 3 1 2 38 12 0 0 0 0 9 0 3 10 2 .235 .307 .330 .638
'09計 118 400 354 39 95 13 1 13 149 51 0 0 2 2 29 1 13 50 8 .268 .344 .421 .765
通算:5年 448 1714 1519 190 424 75 3 55 670 247 0 1 2 16 122 3 55 268 35 .279 .351 .441 .792
  • 2009年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 25(2005年 - 2009年、2010年)※2009年はクリーブランド・インディアンス時代
  • 23(2009年)※2009年はサンフランシスコ・ジャイアンツ時代
  • 35(2011年)

脚注[編集]

  1. ^ Lloyd, Jason(2008-07-20). Servite Alums Ben Francisco, Ryan Garko and Brian Wolfe Featured in the Morning Journal. The Morning Journal(英語). 2011年6月19日閲覧
  2. ^ Giants acquire Garko from Indians Club ships Class A left-hander Barnes to Cleveland”. SFGiants.com (2009年7月29日). 2009年7月30日閲覧。
  3. ^ Mariners ink Garko to one-year deal”. MLB.com (2010年2月1日). 2010年2月11日閲覧。

外部リンク[編集]