モンキー・ビジネス (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モンキー・ビジネス
Monkey Business
Monkey Business trailer.JPG
監督 ハワード・ホークス
脚本 ベン・ヘクト
チャールズ・レデラー
I・A・L・ダイアモンド
原案 ハリー・シーガル
製作 ソル・C・シーゲル
出演者 ケーリー・グラント
ジンジャー・ロジャース
チャールズ・コバーン
マリリン・モンロー
音楽 リー・ハーライン
撮影 ミルトン・クラスナー
編集 ウィリアム・B・マーフィー
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1952年9月2日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

モンキー・ビジネス』(Monkey Business)は、1952年に公開されたアメリカコメディ映画である。日本劇場未公開。

ストーリー[編集]

バーナビー・フルトン博士(ケーリー・グラント)は、ある化学薬品会社で若返りの薬を研究している化学者。ある日、実験用の猿が檻から抜け出し、好き勝手に調合した薬を飲料水のタンクに入れてしまう。そうとは知らないフルトン博士は、自分で調合した薬を試しに飲んでみるが、あまりの苦さにそのタンクの水を飲んでしまう。すると急に10代の若者のような言動を取るようになったことから、フルトン博士とオクスレイ社長(チャールズ・コバーン)は、水を飲む前に口にした薬に若返りの効果があると勘違いする。

薬の効果が切れて元に戻ったフルトン博士が追実験を行なおうとすると、そこに同席していた妻エドウィナ(ジンジャー・ロジャース)が自分が実験台になったほうが良いと提案。実際に薬を飲んでみるが、あまりの苦さにやはりタンクの水を飲んでしまう。するとエドウィナも、フルトン博士の場合と同様、10代の少女のような言動を取り始める。しかし、エドウィナのあまりに突飛な言動にフルトン博士は振り回され、散々な目に遭ってしまう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
テレビ版
()内は追加収録担当
バーナビー・フルトン博士 ケーリー・グラント 小林修
堀内賢雄
エドウィナ・フルトン ジンジャー・ロジャース 中西妙子
麻生侑里
オリヴァー・オクスレイ社長 チャールズ・コバーン 塩見竜介
ロイス・ローレル マリリン・モンロー 向井真理子
ハンク・エントウィッスル ヒュー・マーロウ 細井重之
  • 日本語吹替 - 過去に地上波放送された際に製作されたもの。
※初回放送はノーカット版 ただしDVD収録される際差別的表現等で一部吹き替えはカットされている。
※2017年3月16日にはWOWOWでカット部分の吹替を追加収録した「吹替補完版」を放送。その際故人などの場合は代役の声優が追加吹き替えを担当している[1]

脚注[編集]

  1. ^ モンキー・ビジネス[吹替補完版]”. 2017年2月26日閲覧。

外部リンク[編集]