モット・アンド・ベーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ローンセストン城。封建時代のモット・アンド・ベーリー跡
モットの土塁の上に建てられたウィンザー城のラウンドタワー

モット・アンド・ベーリー英語 : Motte-and-bailey)とは、ヨーロッパにおける築城形式の1種で、10〜12世紀のフランスイギリス等で多く建築された。 12世紀以降は、10世紀に登場した石造りの城に置き代わっていった[1]

モットは小山で、ベーリーは外壁を意味する。

現在でもイギリスでは、モットの跡である小山を各所で見ることができる。

名称について[ソースを編集]

モット・アンド・ベーリーという語は、比較的近代に作られた語である[2]Motte(モット)は、フランス方言のラテン語「mota」から来た言葉で、最初はという意味であったが、 芝の土塁を指すようになり、12世紀頃には城の設計を指すようになった[3]bailey(ベーリー)は、「低い庭」を意味するノルマン語の「baille」もしくは「basse-cour」から来ている[4]。 中世の資料によると、これらのベーリーと城の複合体を指す語として、ラテン語の「castellum」が使用されていた[5]

構造について[ソースを編集]

モット城の地図

平地や丘陵地域の周辺の土を掘りだして、(空堀が多かった)を形成し、その土で小山と岡を盛り上げた。 小山は粘土で固めてその頂上に木造または石造のキープ(天守)を作り、岡を木造の屏で囲んで、貯蔵所、住居などの城の施設を作るものである。

モット・アンド・ベーリー型の城は手早く建築できるのが特徴で、8日間で作り上げたという記録も有る。 このため、ノルマン征服後に、ウィリアム1世やノルマン貴族が イングランドウェールズスコットランド境界に数多く築城した。

また、フランスにおいては王権が弱かったため、各地の弱小領主が競って自領に建築した。

参考文献[ソースを編集]

  1. ^ Nicholson, p.78; Kaufmann and Kaufmann, p.109.
  2. ^ Besteman, p.212.
  3. ^ King (1991), p.38.
  4. ^ Lepage, p.34.
  5. ^ Pounds, p.22.

資料[ソースを編集]

  • Besteman, Jan. C. (1984) "Mottes in the Netherland," in Château Gaillard: études de castellologie médiévale. XII. pp. 211–224.
  • King, D. J. Cathcart. (1972) "The field archaeology of mottes in England and Wales: eine kurze übersichte," in Château Gaillard: études de castellologie médiévale. V, pp. 107–111
  • King, D. J. Cathcart. (1991) The Castle in England and Wales: An Interpretative History. London: Routledge. ISBN 0-415-00350-4.
  • Lepage, Jean-Denis. (2002) Castles and Fortified Cities of Medieval Europe: an illustrated history. Jefferson, US: McFarland. ISBN 978-0-7864-1092-7.
  • Pounds, Norman John Greville. (1994) The Medieval Castle in England and Wales: a social and political history. Cambridge: Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-45828-3.
  • Nicholson, Helen J. (2004) Medieval Warfare: theory and practice of war in Europe, 300-1500. Basingstoke, UK: Palgrave Macmillan. ISBN 978-0-333-76330-8.

関連項目[ソースを編集]