バイユーのタペストリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バイユーのタペストリーフランス語Tapisserie de Bayeux)とは、ノルマン・コンクエスト亜麻で作った薄い布linière)に刺繍によって描かれた刺繍画である。すなわち、1066年ノルマンディー公イングランドウィリアム1世による、イングランド征服の物語が描かれている。

概要[編集]

バイユーのタペストリーに描かれたイングランドハロルド2世

バイユーのタペストリーは、厳密には織物であるタペストリーではなく、布に刺繍を行って物語を描いた作品である[注釈 1]。元々の寸法は、長辺約70 mだったと考えられているものの、現存している部分は、長辺が63.6 mで、短辺は約0.5 mである。ヘイスティングズの戦いのくだりまでが現存している。11世紀フランスとイングランドに関わる歴史的遺物であり、また当時の服装や武器、軍船、戦闘方法などを伝える貴重な史料でもある。さらにハレー彗星の出現記録の1つとしても知られる。

フランスのノルマンディー地方の都市バイユーに有るバイユー大聖堂に長く保管されていたが、近代の戦火による混乱の中で、所在が転々と変わった。しかし、現在では旧に復され、バイユー・タペストリー美術館フランス語版で保管・展示されている[1]

制作技法[編集]

刺繍画の細部
ヘイスティングズの戦いにおけるハロルド2世の戦死。
タペストリー終盤の場面。このうちのどの戦士がハロルド2世であるかは同定されておらず、本作の謎の1つに数えられている。

亜麻製の糸で織った薄い布に、毛糸による刺繍を施す事によって、絵を描いている。したがって、タペストリーと称されているものの、実際には織物ではなく刺繍作品である。亜麻の布地に、青、茜、黄色などで染色された毛糸が使用されている。刺繍技法としては、線を描くアウトライン・ステッチを基本に、バイユー・ステッチ(point de Bayeux)と呼ばれる、輪郭の内側を糸で密に埋めてゆく手法が用いられている。

作中に描かれている内容[編集]

本作品は全部で58場面で構成されており、図柄には、人物623人、馬(軍馬など)202頭、犬(猟犬など)55頭、樹木49本、荷車1両、船41艘、鳥獣など、様々な生物が500匹以上描かれている。また、各場面にはラテン語の文章が添えられている。

勝者の記念物[編集]

「火の星」出現の様子
上部にはISTI MIRANT STELLA(:彼らは星を眺めている)の文字が見える。

本作品に描かれた物語は全て、ノルマン・コンクエストの勝利者たるノルマンディー公ギヨーム2世(ウィリアム征服王)の主張に基づいた内容である。それは、エドワード懺悔王がギヨーム2世を後継者とすべくハロルド・ゴドウィンソン(ハロルド2世)を使者として送る場面から始まり、ヘイスティングズの戦いにおけるハロルド2世の戦死と敗残兵追撃の場面で終わっている。

本作品は最後の2場面が失われており、幕引きの部分を見る事はできない。約6.4 mは有ったとされるこの欠損部分は、バイユーのタペストリーを巡る謎の1つである。しかし、歴史的経緯からの推測で、ウィリアム1世の戴冠式の様子が描かれていたに違いないと考えられている[2]

不吉なる火の星[編集]

また、ハロルド2世がイングランド王に即位して間も無い頃に、不吉な「火の星」、すなわち大きな彗星が出現した事も描き込まれている。この彗星は、時の王とその配下達を怯えさせた。なお、この場面は描かれた物語を解釈する事で、1066年3月と同定された。それにより、この天体がハレー彗星であった事が18世紀に判明した。

変遷[編集]

以前はウィリアム1世の王妃マティルダが征服を記念して寄進した物とされ、「王妃マティルダのタペストリー」と呼ばれていた。しかし、近年の研究ではウィリアム1世の異父弟であったバイユー司教のオドン(バイユー司教オド(en))が作らせた物だと考えられている。理由としては、オドンを含む3人の司教がタペストリーに描かれている事と、オドン司教が建立したバイユー大聖堂に、当初からタペストリーが飾られていたと考えられるからである。

その後、18世紀まで本作品の存在は忘れ去られており、フランス革命時には武器箱の覆いに使用されていた。これを地元の弁護士が気付き、危うく喪失を免れた経緯を有する。1803年ナポレオンパリに持ち帰ったが、これはイギリス侵攻の参考にするためであったという。その後、バイユーに戻されたが、第二次世界大戦中にはドイツ軍が接収した。戦後、フランスに戻り、ルーヴル美術館の地下に保管されていた。現在ではバイユー・タペストリー美術館に保管・展示されている[1]

ギャラリー[編集]

バイユーのタペストリーの、現存する全編。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ タペストリーは色の異なる糸が布を作成した際に、布の中に織り込まれている。これに対して刺繍は、予め作成された布に、何らかの糸を縫い付けて作成する。

出典[編集]

  1. ^ a b バイユー・タペストリー美術館の公式サイト
  2. ^ Messant, Jan (1999). Bayeux Tapestry Embroiderers' Story. Thirsk, UK: Madeira Threads (UK) Ltd. pp. 112. ISBN 0951634852 978-0951634851 

関連項目[編集]