ウォーワゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フス戦争で使われたウォーワゴン ヴァーゲンブルクの再現
フス戦争のヴァーゲンブルク
16世紀の軍事キャンプの様子

ウォーワゴン (War wagon) とは、戦争に使われた重厚な馬車である。内部乗員は馬車で大砲から身を守りながら、細いスリットから等で攻撃を行った。また、キャンプを囲い機動的な要塞としても運用された。

時代や地域によって、Wagon Fort、ヴァーゲンブルク(Wagenburg)、洞屋车などとも呼ばれる。ウォーワゴンの運用で最も知られるフス戦争では、ボゾバ ハラドバ (チェコ語: vozová hradba) と呼ばれている。

古代には戦車(チャリオット)として戦闘用の馬車は存在したが、チャリオットは馬に牽引されて戦場を駆け回る機動戦力として運用されたのに対し、ウォーワゴンは戦闘時は馬を外す、移動可能なトーチカである点で区別される。

歴史[編集]

最も古い記録は、漢書に記載されている紀元前119年の漢匈戦争における『武剛車』である[1]

紀元前1世紀の書物 ガリア戦記にも、馬車による陣地について記載されている。

4世紀ローマ軍将校で歴史家であるアンミアヌス・マルケリヌスによるローマ軍の陣地「AD carraginem」がゴート族野営のような形式に近づいているという説明である[2]。これを歴史家はWagon Fort(馬車砦)として解釈している[3]

その他、カルカ河畔の戦いなど、多くの戦いで馬車による防衛陣地を構築運用する戦術が見られる。

バリエーション[編集]

Laager[編集]

語源は南アフリカのlaager, lager, leaguer、laer(ドイツ語の軍を意味するlegerから来ているアフリカーンス語)であり、元々彼らは侵略者や夜行性の動物から守るため、荷車で円陣を作り内側に牛や馬を引き入れて守った。 19世紀のアメリカでも、同じように馬車で円陣を作り開拓者を襲撃から守った[4][5]

Tabor[編集]

語源はフス戦争の軍事拠点ターボル(Tábor)かフス戦争タボール派に由来する。コンボイキャンプに使われる馬車である。ジプシーなどの移動系民族で見かける。13世紀から20世紀までヨーロッパの軍隊支援に使用され、野外炊具・武器職人・靴屋などの後方支援の人間や、すべての必要な物資を乗せて移動した。

馬車ではない物[編集]

ローマ時代の攻城兵器
ゴウリャイ-ゴゥロトの再現

testudo[編集]

ローマ軍のgalleryと呼ばれる覆いで装甲車化した破城槌バリスタの事である。ウェゲティウスによれば、破城槌のラムが陸ガメ(testudo)の首を引っ込める動作に似てる事から名前が付けられた。シラクサ包囲で初めて使用された[6]。当初は木材と厚板のみであったが、後に全体を生皮で覆う事で耐火性を獲得した[7]

ゴウリャイ-ゴゥロト[編集]

木慢[編集]

車盾[編集]

  • 車盾(もしくは車竹束):日本で使用された火縄銃などを凌ぐ台車付防盾[9][10]
  • ローマ時代ではvineae、英語ではマントレット(Mantlet)と呼ばれる。

亀甲車[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 漢書評林. 巻之55,56 班固
  2. ^ Ammianus Marcellinus, book 31, chapter 7, in the Latin.
  3. ^ アンミアヌス・マルケリヌス, The Later Roman Empire, Translated by Walter Hamilton, Penguin Classics (1986) ISBN 0-14-044406-8, p. 423; Hamilton translates "ad carraginem quam ita ipsi appellant" as "to what they call their wagon-fort"
  4. ^ Wisniewski, J. (2013年4月24日). “5 Ridiculous Myths Everyone Believes About the Wild West”. Cracked. 2014年8月18日閲覧。
  5. ^ Circle the Wagons!: Attacks on Wagon Trains in History and Hollywood Films
  6. ^ ローマ軍の攻城兵器(英語)
  7. ^ Gilliver 1999: pp. 134-135
  8. ^ 木慢
  9. ^ 軍法極秘伝書. 1-7竹中半兵衛 36p 早稲田大学公開
  10. ^ 〔第8〕 異国叢書.シ-ボルト日本交通貿易史(シ-ボルト著 呉秀三訳註)252-254p 国立国会図書館公開
  11. ^ 頼山陽日本外史
  12. ^ 日本外史全巻(「僕の雑記帖」より)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]