逆茂木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐賀県吉野ヶ里遺跡環濠前に立てられた逆茂木
敵を近寄らせず、長時間遠距離攻撃を行うために設置された。
第二次世界大戦日本軍が使用した逆茂木
アメリカ軍での逆茂木のミリタリーシンボル

逆茂木(さかもぎ)とは、戦場や防衛拠点で先端を尖らせた木の枝を外に向けて並べて地面に固定し、敵を近寄らせないようにした障害物。別名:逆虎落(さかもがり)、鹿砦(ろくさい)。英語では、abatis、abattis、abbattis と呼ばれる。戦場では、単独もしくは鉄条網などと組み合わせて使用される[1]

歴史[編集]

古くは紀元前のローマ帝国時代から、証拠のある戦争ではアメリカ合衆国南北戦争[2]、1879年のズールー戦争で使用された。アメリカ陸軍海兵隊では、1997年に至っても設営訓練が行われている[3]

日本では弥生時代から用いられ、第二次世界大戦でも使用された。

特徴[編集]

メリット
森林地帯が近くなら調達が楽。大型のものは戦車にも対抗可能である。
デメリット
鉄条網に比べ設置にかかる作業量が多い。燃える。フックを使って引き抜かれる。

見ることができる場所[編集]

出典[編集]

  1. ^ Chisholm 1911.
  2. ^ Personal Memoirs of U. S. Grant, Complete, Ch. XXII
  3. ^ アメリカ陸軍海兵隊, FM 101-5-1/MCRP 5-2A Operational Terms and Graphics, 30 September 1997

参考文献[編集]

  •  この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Abatis". Encyclopædia Britannica (英語). 1 (11th ed.). Cambridge University Press.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]