メタルギアアシッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メタルギアアシッド
ジャンル ACID(タクティカルカードゲーム)
対応機種 PlayStation Portable
開発元 コナミコンピュータエンタテインメントジャパン
発売元 コナミ
シリーズ メタルギアシリーズ
人数 1人
メディア UMD
発売日 2004年12月16日
2005年11月17日(PSP the Best
対象年齢 CERO: C(15歳以上)
コンテンツ
アイコン
暴力
デバイス メモリースティックDuo対応(128KB)
売上本数 約12万本
その他 バージョン1.00以降対応
リバーシブルジャケット仕様
アドホック・パーティー対応
型番:VP002-J1(ULJM 05001)
テンプレートを表示

メタルギアアシッド』 (METAL GEAR AC!D、略称: MGA) は、2004年12月16日に発売されたPlayStation Portableゲームソフト。「メタルギアシリーズ」の外伝的作品の1つ。

概要[編集]

本作はアクションゲームである従来の「メタルギアシリーズ」と違い、トレーディングカードを使った戦術級シミュレーションゲームであり、戦略諜報カードゲームと称される。2005年には、システムを踏襲した続編の『メタルギアアシッド2』(以下、『アシッド2』)も発売された。

なお、今まで発売された小島秀夫監督作品(『スナッチャー』『ポリスノーツ』『ボクらの太陽』『ZONE OF THE ENDERS』)や、「メタルギアシリーズ」のテイストがふんだんに盛り込まれている。

ゲームシステム[編集]

本作は「メタルギアシリーズ」の戦略諜報アクションのシステムとトレーディングカードゲームのシステムとの両方のシステムがミックスされており、「戦略諜報カードゲーム」という独自のシステムになっている。

マップを移動し、さまざまなアクションを駆使し、なるべく敵に見つからないように任務を達成(特定の地点まで移動する、ボスを倒すなど)するのが目的。ステージ内を巡回している兵士には「視界」が設定されており、敵の視界に入ると通信によって仲間を次々と呼ばれ不利になる。このため敵兵に発見されないようにやり過ごしたり、発見される前に倒したり、眠らせたりしながら進むことが重要になる。この辺りは「メタルギア」のシステムを継承している。ただし、このゲームではアクションは全て「カード」の形になっている。

ゲーム本編はデッキの編成を行う「インターミッション」と実際にゲームを行う「ミッション」の2つの流れがある。

インターミッション
プレイヤーは現在所持しているカードから30~40枚を選び、「デッキ(DECK)」を編成する。このカードはミッション中に手に入れたり、ミッションクリア時にボーナスとして支給されたり、インターミッションのショップでptsと引き換えに購入することで入手できる。また、初心者のために自動的にデッキを作成するオート(AUTO)デッキ生成モードもある。

ミッションクリア時に成績に応じて貰える「ポイント」でカードを購入することもこのモードで行う。

ミッション
ゲーム本編。ミッションが開始されると、デッキからカードがランダムに6枚配られ「手札」となる。プレイヤーはこの手札からカードを選び、スネークは1ターンに2回まで、テリコは1ターンに3回まで使用することが出来る(カードの効果により行動回数は最大4回まで増やすことも可能)。行動回数を使い切ると敵のターンとなるが、次にいつ自分のターンが来るかどうかは、自ターンに使ったカードの「コスト」によって変動する。コストが高いカードばかり使うと、自分のターンがなかなか回って来ないため、敵に何度も行動されてしまう。逆に、コストを抑えてプレイすれば、自分の次の行動が早く回ってくるため連続して行動することも可能。もちろん、強力なカードはコストが高いことが多いため、コストのバランスを考えることが重要となる。
再び自分のターンになると、手札にカードが2枚補充される。手札が少ない場合は、これを利用するため行動回数が残っていてもターンエンドするという選択もありうる。
デッキのカードを全て使い切ると自分にコストが10追加され、シャッフル後にデッキが復活する。
プレイヤーキャラクターすべてのHPが0になるとミッション失敗でやり直しとなる。

カード[編集]

約200種類のカードはWEAPON、ITEM、ACTION、CHARACTER、SUPPORTの5種類に分類され、カードごとに様々な効果がある。このカードの使い方には、独自の効果を発動する(「USE」or「EQUIP」)他に、「MOVE」を選ぶことで、スネークの移動に使うこともできる。なお、このカードはゲーム内では「ナノチップエキスパンション」という戦闘行動支援プログラムという設定(続編メタルギアACID2で明かされた)

WEAPONカード
銃、グレネード、マシンガン、ナイフなどの様々な武器。主に敵を攻撃し、ダメージを与えるのに使う。武器によって射程距離や効果範囲、ダメージが異なる。また、機械を無効化する「チャフグレネード」、人間タイプの敵を眠らせる「M9」などの特殊な武器もある。
武器には「USE型」(ユーズ型)と「EQUIP型」(イクイップ型)の2種類がある。USE型は使うとその場でそのカードを消費して発動する。EQUIP型はそのままでは使えず、装備欄に「装備」した後に、同じ口径を持つカードをそのカードに重ねることで初めて使用できる。このためEQUIP型は最低2枚同じ口径を持つカードを持っていないと使えないためUSE型に比べやや使いづらい。EQUIPしている武器は敵から攻撃を受けた際に自動的にそのカードを使って反撃できるというメリットがある。また、基本的にEQUIP型の方が威力のあるカードが多い。
ACTIONカード
特殊なアクションをするカード。一度に装備できるアイテムの数を2から4に増やす「EQUIPMENT LV.2」、EQUIP型の武器カードに重ねて使用することで様々な特殊効果を付加できる「転倒付加」「ヘッドショット」など、また、単体でアクションを行う「回し蹴り」もある。
ITEMカード
回復や行動の補助を行うアイテムのカード。自分の体力を回復する「レーション」、味方の体力を回復する「サバイバルキット」、ダメージを軽減する「ボディ・アーマー」などがある。
CHARACTERカード
メタルギアシリーズに登場したキャラクターのカード。カードごとに移動に使えるカード、攻撃に使えるカード、サポートに使えるカードなど様々な効果がある。メタルギア以外にも「ポリスノーツ」「スナッチャー」「ボクらの太陽」からのキャラクターカードも存在する。
SUPPORTカード
攻撃のサポートや回避、状態異常回復、コストの回復を行うカード。特にコストを減らすカードは重要。

状態異常[編集]

キャラクターはカードやトラップの効果などによって様々な状態異常に陥ることがある。

睡眠
「ZZZ」といういびきのマークが表示される。「M9」などの麻酔銃で攻撃することでこの状態にすることができる。一定のコストが経過するまで行動不能。敵兵をこの状態にすることで気づかれること無く先に進むことが出来る。
気絶
「★」のマークが表示される。パンチやグレネードなどで「転倒」すると手札を1枚失うが、これによって手札が0枚になると気絶状態になり、一定コストが経過するまで行動不能になる。敵兵をこの状態にすることで気づかれずに先に進める。
出血
赤い血液のマークが表示される。ナイフなどの刃物で攻撃されるとこの状態になり、1コストごとに5ずつダメージを受ける。合計50ダメージで自然回復する。ITEMカードの「止血剤」でも回復できる。
引火
炎のマークが表示される。M15白燐手榴弾やニキータミサイルなどの攻撃を受けると発火しこの状態になる。1コストにつき10のダメージを受け、隣にキャラクターがいるとそちらにも引火する。5ブロック移動するかダンボールをかぶる事などで回復。

他作品との関係[編集]

登場人物などに一部共通点はあるが、ソリッドシリーズとの矛盾から、パラレルワールドと考えられる 本作と『メタルギアアシッド2』、およびゲームボーイカラー版の『メタルギア ゴーストバベル』の3作品は世界観を共有している。[要出典]物語上の時間軸はGhost Babel→本作(2016年)→アシッド2(2018年頃)であると推測される。一方、PSP版の『メタルギアソリッド ポータブル・オプス』は『メタルギアソリッド』の正伝に当たるシリーズに位置づけられるため、本シリーズとは世界観を共有しない。

なお、これら外伝3作のディレクターは小島秀夫ではなく、野尻真太である。シナリオは栃堀木(現・とちぼり木)が担当。

ストーリー[編集]

舞台となるのは2016年のアメリカ合衆国
次期大統領候補であるヴィゴ・ハッチ上院議員を乗せたジェット機が、謎の人物によってハイジャックされる。ジェット機の機内は、一定量以上を吸引すると死に至る臭化ベクロニウムによって満たされた。
正体不明の犯人が政府に要求してきたのは、謎の存在「ピュタゴラス」の譲渡だった。アメリカ政府は、すでに現役を退いた伝説の傭兵「ソリッド・スネーク」にピュタゴラスの正体を突き止めるよう指令を出す。
政府の調査により、ピュタゴラスとはモロニ共和国が領する孤島・ロビト島にあるロビト理化学研究所が研究を行っているものと判明。特殊部隊HRTと共に、ロビト島に潜入するスネーク。だがそこで、スネークは不思議な現象に襲われる。そして、事態は予想外の展開を迎えていく。

主なキャラクター[編集]

ソリッド・スネーク
伝説の英雄として名高い傭兵。既に一線を退き、アラスカに戻って細々と暮らしていた。かつての上司であるロイ・キャンベルの旧友を名乗るロジャーに懇願され、ロビト島に潜入する。メタルギアソリッドでスネークが着用していたスニーキングスーツとよく似た、灰色のスーツを着ている。CGグラフィック上ではMGS本編に似た短髪だが、会話イベントでのグラフィックやキャラクターのイメージ画像では、かなり髪が伸びている。
島で出会ったウィリアム・L・フレミングから、自分は「ハンス・ディヴィス」だという指摘を受ける。そして同時に現れたハンスの記憶により、ハンスは自分のもう1つの人格なのではないか、と不安を感じ始める。
しかし、実際のところスネークはハンス・ディヴィスではなく、フレミングによる演技と罠、そしてNo.16=アリスにACUAを投与されたことによって、ハンス・ディヴィスの記憶と意識を作りだされていただけであった。スネークを手に入れ、自分の感情を共有してもらうことを望んでいたアリスに対し、任務終了時、「人は絵の具のように混ざり合って、別の色になることはできない」と呟き、その境遇を悼んだ。
MGS本編のスネークと同じく、アラスカで隠遁生活を送っているが、こちらは犬ぞりではなく登山が主な趣味である。任務招聘の際も登山途中であったらしく、任務完了後には、登山を再開すると言ってテリコもそれに参加することになった。
テリコ・フリードマン
HRT潜入部隊の唯一の生存者である女性兵士。ハーフだが、日本名が「照子(てるこ)」である事にコンプレックスを持っていた。しかし、HRTに入るときに、事務員が間違って「TELIKO」としてデータを作成してしまい、それを本人がこれ幸いと訂正しなかった為に「テリコ」という名になってしまった。因みに祖母の名前は「亀」というらしい。かなり勝ち気な性格で、スネークからは「自意識過剰気味な御婦人(レディー)」と呼ばれる。
白を基調としたスニーキングスーツを着ており、髪も白みの強いブラウンである。スネークよりも体力が低いが、その分行動回数は高く設定されている。なおこの性質は、続編での女性プレイヤーキャラであるヴィナスにも受け継がれている。
中盤まで操作するテリコは、変装のスペシャリスト「ラ・クラウン」の化けていた偽者であり、本物のテリコはロビト島西部のエブロ・タワーに監禁されている。テリコの父親(コリン・フリードマン)は汚職疑惑を着せられた末に自殺したとされていたが、後にクラウンがハンス・デイヴィスから依頼を受け、彼を殺したことがアリスの口から明かされた。
スネークと共にメタルギアを破壊、フレミングの計画を阻止した後は、アリスの裏切りに衝撃を受けながらも、自爆する基地から無事脱出。スネークが中断していた登山を再開することを聞き、自分もそれについていくことを伝えた。
アリス・ヘイゼル
イギリス人。サイ能力を持つ十代の少女で、FBIなどで捜査に協力している。遠隔透視と予知現象を元にスネークをサポートする。
しかし、正体はハイジャックの首謀者であり、ネオテニーのNo.16。本名が分かる人間(名を識る者)にACUAを投与すれば、意図通りに操ることができる。この能力を使い、サイ能力があるように見せかけていた。事件を起こした動機は、自分に蟲毒の儀式を施してネオテニーにしたBEAGLEとフレミングへの復讐と、憧れの存在であるスネークをハンス・ディヴィスにして自分のものとすることだった。
ロジャーに意見してスネークを作戦に引きずりこみ、医療システムのCHAINを通して密かにACUAを投与、彼にハンス・デイヴィスの意識と記憶を植えつけた。更にコンスタンスを人質にとってフレミングを脅迫し、協力させていた。アリスは憧れの存在であるソリッド・スネークを自分のものにするため、本名のわからないスネークにハンスの記憶を植え付けることで、スネークにハンスの役割と存在を上書きしようとしたのである。しかし、スネークは最後まで自分の二重存在としてのハンスを信じなかったため、アリスの目論みは失敗に終わったのだった。
結局目的は達成できず、ロジャーに発砲して逃走を図るも、操っていた人物の精神が逆流し、その負荷に耐え切れず死亡した。当初はネオテニー特有の事故であると思われたが、実はNo.104が意図的に同時刻にレナを殺害したためであった。
ロジャー・マッコイ
CIA所属。階級は大佐。ロイ・キャンベルの旧友。アリスに請われてスネークに作戦参加を依頼、作戦の指揮を取る。
ベトナム戦争時、自分の部下だったレオーネにスパイの疑いを抱き、彼の人生を狂わせてしまった。今回の事件にレオーネが加わっていることを知り、既に引退していたにもかかわらず指揮官に志願した。本性を表したアリスに撃たれ重傷を負うも、チャールズに救助された。ちなみに、キャンベルの旧友というのはスネークを参加させるための嘘だった(キャンベルと面識こそあったが、友人と呼べるほどの仲ではなかった)。
レオーネ大尉
研究所を占拠した傭兵部隊の隊長。本名ジェフ・ジョーンズ。過去の戦いで左腕を失っている。彼の部隊は合衆国に怨恨を抱き合衆国を撃ち滅ぼすという意思を持つ者たちで構成されている。常人が撃つと肩の骨が砕けると言われるほどの反動、威力を持つ大型対戦車ライフル「シモノフ」を片手で操る。ちなみにライフルから撃ち出すのは徹甲弾ではなく、グレネードシェル(炸裂弾)である。
かつてのロジャーの部下。ベトナムで仲間達から内通者ではないかと疑われ、追っ手を返り討ちにし行方不明となっていた。中盤、NO.16に利用されていたことを悟りスネークと協力するが捕らえられ、フレミングにACUAを投与されて正気を失い、スネーク等と戦う。最後に「俺ではない」とロジャーに伝えるようスネークに頼み、安らかな死に顔で息を引き取った。
ACUA摂取後はパンジーに異様なこだわりを示し、「パンジーのように…」「お花畑」「パァァァンジイィィィー」などの奇天烈な叫びを上げて戦闘する。使用するカードにも、パンジーショットという技が追加されていた。
ゲリー・マーレー
スネークが任務の途中で出会う研究員。担当は実験動物の検疫。
レオーネ部隊の追撃から何とか逃げ出したと本人は主張しているが、彼こそがメタルギアの開発者であるウィリアム・L・フレミング。愛娘コンスタンスをNo.16に人質に取られ、娘を助けるためNo.16に従って様々な工作を行い、スネークに「自分はハンスなのか」という疑念を抱かせる。本物のハンスは一度も島を訪れたことがなかったため、彼自身も「ハンス=スネークのもうひとつの人格」であると信じていた。終盤、No.16に反逆しメタルギアで核発射を試みるが失敗。テリコに撃たれ、コンスタンスを想いながら力尽きた。
ラ・クラウン
変装、催眠術の達人である女性兵士。BEAGLEに雇われている暗殺者であり、No.16の蜂起を受け、「ピュタゴラス」が記録されたディスクを回収するために派遣された。幼少期に事故に合い、顔面にアゲハ蝶の形の大火傷を負っている。最後にテリコに変装してスネークたちに戦いを挑むが敗北、自らの火傷をあらわにして息を引き取った。
フランシス&エルジー
ハイジャック犯として登場する姉妹の操り人形。緊張感がなく、とぼけた雰囲気の会話しかしないが、その行動はシビア。レナの腹話術によって操られる、本作の裏の語り部とも言える存在。
ヴィゴ・ハッチ
オランダ系アメリカ人で、次期大統領候補の上院議員。ハイジャックに遭う。
終盤、レナの正体に気づくが殺害される。事件後、チャールズの暗躍により「全ての黒幕であるハンス・デイヴィス(エミリオ)」として、事件の責任を押し付けられた。事件の真相など何も知らない部外者であり、チャールズからは「利用し甲斐のあるボンクラ」と評された。
レナ・アロー
ヴィゴの秘書兼SPの女性。ヴィゴと共にハイジャックに遭うが、アリスにACUAを投与され操られていた。人形と腹話術を使ってヴィゴを惑わし、乗客を殺害して死体にメッセージを刻んでいた。最後はヴィゴを殺害、ミネットも葬ろうとしたが、No,104であるミネットに腹部を刺され絶命する。
ミネット・ドネル
ヴィゴ・ハッチの後席に乗り合わせた少女。離れて暮らす父の元に向かう途中、ハイジャックに巻き込まれるが、正体はフレミングの娘であるコンスタンス・フレミング。
だが、それよりも遥か以前に、No.16=アリスとの戦いで肉体を喪失したNo.104に精神を乗っ取られており、コンスタンス自身の意識は消滅していた。No.104はアリスへの復讐を果たすため、アリスの目論みに従い、あたかもミネットであるかのように振舞っていた。最後にレナを殺害し、同時にレナの精神が逆流したアリスも殺害する。
チャールズ・シュマイザー
CIA所属の捜査官で、ロジャーの部下。カナダ・トロント出身。以前から独自にBEAGLEを追っており、今作戦に乗じてベールに包まれているBEAGLEの実体を暴こうとする。
だが、彼こそが本物のハンス・デイヴィス(エミリオ)であり、今作の真の黒幕。既にBEAGLEの利用価値は無くなったと考え、自らの手でBEAGLEを潰し、ヴィゴ・ハッチに全ての責任と汚名を押しつけて偽装を図った。事件解決後、ソリッド・スネークを使い、No.16以上のネオテニーを作ろうと目論む。
エミリオ
巨大複合企業BEAGLEの幹部で、絶大な力を持っているとされる。今回の黒幕であるチャールズの別名。またテリコの父の暗殺に関与した。
ハンス・ディヴィス
ロビト理化学研究所の所長で、フレミングとともに機密の研究に関わる。テリコの父の殺害にも関与した。その正体は全くの謎で、スネークの二重存在として彼の意識に干渉、混乱させる。
チャールズ(エミリオ)の別名だったのだが、アリスはヴィゴ・ハッチであると信じ込んでいた。ちなみにスネークの意識に干渉してきたハンスはアリスの創り出した疑似意識であり、ハンス自身ではない。スネークがエブロ・タワーで出会ったのは、変装したフレミングだった。

用語[編集]

CHAIN
スネークのスニーキングスーツに装着された簡易医療システム。装着者の健康状態を本部でモニタリングし、異常があれば鎮痛剤投与などの遠隔治療が施せる。しかし、実際にスネークに投与されたのは鎮痛剤ではなく、ネオテニーのアリスがその触媒として利用するACUAだった。ちなみに「CHAIN」とは鎖の意味で、アリスは「スネークとハンス・デイヴィスを繋ぐ鎖」と表現した。
NEKAL
乳製品や寝具を扱う企業。裏でBEAGLEと繋がっており、ネオテニーの最終目的の基盤として使われようとしていた。ここが販売する「シルク・パウダー」にはACUAが混入されている。
ピュタゴラス
メタルギアKODOQUEの別名。正確には、メタルギアKODOQUEのデータの入った光ディスク。
ロビト島
モロニ共和国が領有する孤島であり、本作の舞台。ロビト理化学研究所の他に、発電所、電波塔、遺跡なども存在する。実態はBEAGLEが所有する私有地で、またモロニ共和国自体もBEAGLEの傀儡である。
BEAGLE
巨大複合企業。名前は幹部6人の偽名(Bob、Edward、Arnold、Greg、Leon、Emirio)の頭文字を並べたもの。「6人の探求者」とも呼ばれ、世界各地で紛争を画策して巨利を得ている。モロニ共和国政府に多大な財政支援を行っており、その実権を握っている。
FAR
「Fremming's Assembling Room(フレミングの集会場)」の略語。ロビト理化学研究所の最奥部にある、限られた科学者しか入ることのできない工場。地下ではメタルギアKODOQUEの開発が行われている。ちなみに「FAR」とは、「極端な考え方」という意味もある。
ACUA
ネオテニー(アリス=No.16)による網陣の触媒となる薬。「Acid Cell Under Alice(アリス支配下の不機嫌な細胞)」の略語。投与された名を識る者はネオテニーの操り人形(他者の記憶を植え付けたり、ありもしない幻を見せることができる存在)となる。ゲーム後半、この薬を投与されたACUA兵がザコ敵として現れる。
蟲毒の儀式
世界各国から集められた子供たちを互いに殺し合わせ、生き残った者にネオテニーとしての能力を与えるとされる儀式。ロビト島で密かに行われていた。アリスとミネットはこれの生き残りである。「ハーメルンの笛吹き計画」とも呼ばれていた。「蟲毒(こどく)」とは、陰陽道に由来するもの。
ネオテニー
魂の分離によって構成される多重複合思念。及びその統括者。蟲毒の儀式によって選抜された、他者の思念を操ることのできる人間。アリス(No.16)、そしてミネット(No.104)がこれにあたる。

その他[編集]

  • ゴーストバベルと同じく本作にも、謎の人物(最後の最後に名前が出てくるが)による謎の会話を2周目クリア時に聞くことができるが、ゴーストバベルの謎の会話と同様にこちらもAC!D2で解決されていない。(触れられてさえない)
  • ネットでは「ゆったり遊べるメタルギア」という点で一定の評価を受けているが、移動時の操作性や、後半ステージの長さなど、問題点も多くあり、実験ゲームの色が濃い(一部の問題は『アシッド2』で解消された)。
  • 作中に登場するモロニ共和国は架空の国家であるが「ロビト」という地名はアンゴラ共和国に実在する。また「モロニ」という地名も実在する。

外部リンク[編集]