村田周陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村田 周陽(むらた しゅうよう 1970年12月30日 -)は、元小島プロダクション所属のゲームクリエイター。ムラシューの愛称で呼ばれている。

概要[編集]

1995年にコナミ入社後、ラジオドラマの脚本、演出に携わる。

代表作には『クリック&デッド NETWAYスイーパーズ』『メタルギアソリッド』『ときめきメモリアル 虹色の青春 forever』『ときめきメモリアル 彩のラブソング with you』など。制作、出版されたCDの数は50にも及ぶ。

1999年、小島秀夫の誘いにより『KCEジャパン(現:小島プロダクション)』へ異動。「MGS2」制作当時までは、主に取説などのパブリシティ関係の仕事に携わる。 『メタルギア ゴーストバベル』では、無線通信内のパロディドラマ『アイデアスパイ 2.5(ツー・ハン)』を執筆。『METAL GEAR SOLID 2 -THE TRAILER-』では、「E3・2000」でのKCEJの様子をレポート。撮影・監督・編集をおこなう。

ANUBIS ZONE OF THE ENDERS』の監督を小島秀夫に託され、これが初監督作品となる。

メタルギアソリッド2』では、パロディ小説『シャドーモセスで明かされた驚愕の陰謀』を執筆。

メタルギアソリッド3』では、小島秀夫、福島智和と共に脚本にも参加。また、『劇中劇』的にゲーム中に登場する、悪夢ゲーム『ガイ・サベージ』の監督も担当。

メタルギアソリッド4』では、ディレクターとして初参加している。小島秀夫と共に、脚本・監督を担当している。

メタルギアソリッド ピースウォーカー』では、脚本・演出等を担当している。

小島秀夫の音声ブログ『HIDECHAN! ラジオ』内では、パロディドラマ『アイデアスパイ 2.5(ツー・ハン)』の脚本も担当し、自ら出演も果たす(しかし同ラジオ内では小島秀夫に絶交されたり、「ゲームデザイナーに向いていない人」と言われたりと散々な扱いをされている)。

声優出演[編集]

JEA幹部A-インターネットパイロットドラマ・2.5大作戦脚本・原作者自身の出演

外部リンク[編集]