野尻真太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

野尻真太(のじり しんた、1971年4月8日 - )はゲームデザイナーコナミデジタルエンタテインメントプロデューサー・ディレクター、開発チーム小島プロダクションコンテンツ室プロデューサー。また『メタルギアシリーズ』外伝作品のプロデューサー。現在は同社ゲームコンテンツプロダクションでのプロデューサー。愛称は「チンタ」。A型。

経歴[編集]

  • 1995年、コナミに入社。
  • 1995年、小島プロダクション(旧KCEジャパン)に移動。1998年まで所属。
  • 2000年、コナミの看板作品『メタルギアシリーズ』初の携帯機版であるゲームボーイカラーソフト『METAL GEAR GHOST BABEL』にて監督を務める。大ヒットにはいたらなかったが、ゲームボーイカラーのゲームとして水準が高く、本編に負けず劣らない小ネタやストーリーを提供する。
  • 2004年、上記の続編であり『メタルギアシリーズ』の外伝である『METAL GEAR AC!D』にて企画・監督を務める。アクションではない『メタルギア』という新機軸を打ち出す。
  • 2006年、『AC!D』の続編『METAL GEAR AC!D2』にて脚本も手がける。『AC!D』のシステムの不満点を解消し、思考型ステルスゲームの基礎を作り上げる。
  • 2008年、小島プロダクションから抜け、コナミのゲームコンテンツプロダクションのプロデューサーとなる。
  • 2010年、コナミとRebellion共同制作のアクションシューティングゲーム『NEVER DEAD』(2012年02月02日発売)のプロデューサーを務める。

人物[編集]

ゲームウォッチの『アシッド2』のインタビューにて「自分に小島氏のカラーは真似できない」「無理して小島氏の真似をしても、その作品は偽者になってしまいます」と小島を高く評価している。

また外伝を手がけている理由については「外伝という位置付けならば、自分独自のカラーが出せると思ったから」とコメントしている。

エピソード[編集]

  • 『メタルギア ゴーストバベル』のVSバトル(通信対戦)で「何故そんなに強いのか」と聞かれた際、小島から「野尻は性格がひね曲がっているから最強なんだよ(笑)」とツッコミを入れられていた(『メタルギア ゴーストバベル パーフェクトガイド』より)。

作品[編集]

ゲーム[編集]