マリア・ホセファ・デ・サホニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリア・ホセファ・デ・サホニア
María Josefa de Sajonia
スペイン王妃
La reina María Josefa Amalia de Sajonia (Museo del Prado).jpg
出生 1803年12月7日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ザクセン選帝侯領ドレスデン
死去 (1829-05-18) 1829年5月18日(25歳没)
スペインの旗 スペイン王国アランフエス
埋葬  
スペインの旗 スペイン王国エル・エスコリアル修道院
配偶者 スペインフェルナンド7世
父親 ザクセン王太子マクシミリアン
母親 カロリーナ・ディ・ボルボーネ=パルマ
宗教 ローマ・カトリック
テンプレートを表示

マリア・ホセファ・アマリア・デ・サホニアスペイン語María Josefa Amalia de Sajonia, 1803年12月7日 - 1829年5月18日)は、スペインフェルナンド7世の3度目の妃。ドイツ語マリア・ヨーゼファ・アマリア・フォン・ザクセン(Maria Josepha Amalia von Sachsen)。

ザクセン王太子マクシミリアンと妃であるパルマ公カロリーナの末子として、ドレスデンで生まれた。1819年10月20日、フェルナンド7世と結婚した。子供がないまま1829年に亡くなり、エル・エスコリアル修道院に埋葬された。