マリア・ルイーザ・ディ・サヴォイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マリア・ルイーザ・ディ・サヴォイア
Maria Luisa di Savoia
スペイン王妃
María Luisa Gabriela de Saboya. Miguel Jacinto Meléndez. C. 1712-14. 1712-14. Óleo sobre lienzo. 81 x 62 cm. Museo Lázaro Galdiano. Madrid.jpg
出生 1688年11月17日
Savoie flag.svg サヴォイア公国トリノ
死去 (1714-02-14) 1714年2月14日(25歳没)
Flag of Cross of Burgundy.svg スペイン帝国マドリード王宮
埋葬  
Flag of Cross of Burgundy.svg スペイン帝国エル・エスコリアル修道院
配偶者 スペインフェリペ5世
子女 ルイス1世
フェリペ・ルイス
フェリペ・ペドロ
フェルナンド6世
父親 サヴォイアヴィットーリオ・アメデーオ2世
母親 アンヌ・マリー・ドルレアン
宗教 ローマ・カトリック
テンプレートを表示

マリア・ルイーザ・ディ・サヴォイア(Maria Luisa di Savoia, 1688年11月17日 - 1714年2月14日)は、スペインフェリペ5世の最初の王妃。スペイン語名はマリア・ルイサ・デ・サボヤ(Maria Luisa de Saboya)。

生涯[編集]

サヴォイアヴィットーリオ・アメデーオ2世(後のサルデーニャ)とアンヌ・マリー・ドルレアンオルレアン公フィリップ1世の娘)の娘。姉マリア・アデライデフランス王太子ルイの妃、ルイ15世の母。

1701年11月にフェリペ5世と結婚。翌年、スペイン継承戦争が勃発。マリアはフンタへの参加や、夫への支援を求めて資金集め・支持者集めに奔走した。1713年にスペイン継承戦争が終結、フェリペ5世はスペイン王位を列強に承認されたが、マリアは翌1714年に死去、フェリペ5世は同年にエリザベッタ・ファルネーゼと再婚した。

意志の弱い夫を支え続け、良い影響を与えた女性として、スペインで愛された。

子女[編集]

  • ルイス1世(1707年 - 1724年)
  • フェリペ・ルイス(1709年、夭折)
  • フェリペ・ペドロ(1712年 - 1719年)
  • フェルナンド6世(1713年 - 1759年)