マリー・ルイーズ・ドルレアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリー・ルイーズ・ドルレアン
Marie Louise d'Orléans
スペイン王妃
Portrait of Marie Louise d'Orléans circa 1680 future Queen of Spain.jpg
出生 1662年4月26日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パレ・ロワイヤル
死去 (1689-02-12) 1689年2月12日(26歳没)
スペインの旗 スペイン王国マドリード王宮
埋葬  
スペインの旗 スペイン王国エル・エスコリアル修道院
配偶者 スペインカルロス2世
父親 オルレアン公フィリップ1世
母親 ヘンリエッタ・アン・ステュアート
宗教 ローマ・カトリック
テンプレートを表示

マリー・ルイーズ・ドルレアン (Marie Louise d'Orléans, 1662年4月26日 - 1689年2月12日)は、スペインカルロス2世の最初の王妃。スペイン語名はマリア・ルイサ・デ・オルレアンス(Maria Luisa de Orléans)。

生涯[編集]

オルレアン公フィリップ1世ヘンリエッタ・アン・ステュアートの長女。1679年にカルロスと結婚したが、子供に恵まれなかった。

結婚式では、その美しさがもてはやされたが、精神障害の夫との愛のない結婚生活のせいで憂鬱症に苦しみ、病的なまでに肥満したという。わずか26歳で急死したが、子供ができなかったせいで、義母マリアナに毒殺されたと、根拠のない噂が流れた。

マリー・ルイーズ・ドルレアン