ルイーズ・エリザベート・ドルレアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルイーズ・エリザベート・ドルレアン
Louise Elisabeth d'Orléans
スペイン王妃
Luisa Isabel de Orleans.jpg
出生 1709年12月11日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国ヴェルサイユ宮殿
死去 (1742-06-16) 1742年6月16日(32歳没)
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国リュクサンブール宮殿
埋葬  
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国サン=シュルピス教会
配偶者 スペインルイス1世
父親 オルレアン公フィリップ2世
母親 フランソワーズ・マリー・ド・ブルボン
宗教 ローマ・カトリック
テンプレートを表示

ルイーズ・エリザベート・ドルレアン(Louise Elisabeth d'Orléans, 1709年12月11日 - 1742年6月16日)は、スペインルイス1世の王妃。「マドモワゼル・ド・モンパンシエ」(Mademoiselle de Montpensier)と呼ばれた。スペイン語名はルイサ・イサベル・デ・オルレアンス(Luisa Isabel de Orleans)。

生涯[編集]

オルレアン公フィリップ2世フランソワーズ・マリー・ド・ブルボンルイ14世モンテスパン夫人の間の庶子)の五女としてヴェルサイユで生まれた。幼少期からまともな教育を受けず、誰からも手をかけてもらえなかった。

1715年、父フィリップがルイ15世の摂政となった。3年後にフランス・スペイン間に戦争が勃発し、関係悪化の修復のため、スペイン王フェリペ5世は二重の政略結婚を提案した。3歳のスペイン王女マリアナ・ビクトリアをルイ15世妃とし、摂政フィリップの娘をスペイン王太子ルイスの妃にするというものだった。その際、縁づいていないフィリップの娘はルイーズしかいなかった。

1721年、12歳のルイーズはマドリードに到着した。彼女を迎えるスペイン王家は氷のように冷ややかで、特に王妃エリザベッタ・ファルネーゼは嫌悪感を露わにした。それでも1722年1月、ルイーズはルイスと結婚した。

スペイン王家での冷遇は変わらなかった。ルイーズの足りない教育を補う人物はおらず、ルイーズも自分の奇癖(人前を裸同然で歩く、げっぷをする、など)を指摘されると反抗するありさまだった。

1724年1月、突如フェリペ5世は退位し、ルイス1世が即位した。ルイーズも王妃となったが、わずか7ヶ月後にルイスは天然痘で死亡した。子供はなかった。

完全にスペインに居場所のなくなったルイーズを、フランスは帰国させるよう要請した。彼女はパリへ戻り、誰からも忘れ去られて1742年に亡くなった。

ルイーズ・エリザベート・ドルレアン(ルイ=ミシェル・ヴァン・ロー画)