フランシスコ・デ・アシース・デ・ボルボーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランシスコ・デ・アシース・デ・ボルボーン
Francisco de Asís de Borbón
ボルボン家
Francis King consort of Spain.jpg
カディス公フランシスコ
称号 カディス公
全名 Francisco de Asís María Fernando
フランシスコ・デ・アシス・マリーア・フェルナンド
身位 スペイン王配
出生 (1822-03-13) 1822年3月13日
スペインの旗 スペイン王国アランフエス
死去 (1902-04-17) 1902年4月17日(満80歳没)
フランスの旗 フランス共和国エピネー=シュル=セーヌ
埋葬 スペインの旗 スペイン王国サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルエル・エスコリアル修道院
配偶者 イサベル2世
子女
父親 フランシスコ・デ・パウラ
母親 ルイサ・カルロータ
テンプレートを表示

フランシスコ・デ・アシス・マリーア・フェルナンド・デ・ボルボン・イ・ボルボン=ドス・シシリアススペイン語: Francisco de Asís María Fernando de Borbón y Borbón-Dos Sicilias1822年3月13日 - 1902年4月17日)は、スペイン女王イサベル2世王配カディス公。

生涯[ソースを編集]

カディス公フランシスコ・デ・パウラカルロス4世の末子、フェルナンド7世モリナ伯カルロスの弟)とルイサ・カルロータ両シチリアフランチェスコ1世の長女)の次男(ただし、兄フランシスコはフランシスコ・デ・アシスの誕生前に生後1年半で夭逝しているので、実質的には長男である)。

名前の「フランシスコ・デ・アシス」はスペイン語で聖人アッシジのフランチェスコを意味する(父の名はパオラのフランチェスコにちなむ)。

1846年に父方でも母方でも従妹にあたる女王イサベル2世の配偶者(王配)となった。

2人の間には12人の子供が生まれたが、成人したのは4人である。

ただし、フランシスコ・デ・アシスは同性愛者もしくは性機能障害だったとの説があり、これらの子がいずれも実子であったかは疑問視されている。また父フランシスコ・デ・パウラもカルロス4世の実子でない可能性があり、どちらかが子供の実父でなかった場合、ボルボン家は男系では血統が入れ替わっていることになる。

フランシスコ・デ・アシス・デ・ボルボン

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

参考文献[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]