マリア・アンナ・フォン・プファルツ=ノイブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリア・アンナ

マリア・アンナ・フォン・デア・プファルツ=ノイブルク (Maria Anna von der Pfalz-Neuburg, 1667年10月28日 - 1740年7月16日)は、スペインカルロス2世の2度目の王妃。スペイン語名はマリアナ・デ・ネオブルゴ(Mariana de Neoburgo)。プファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムヘッセン=ダルムシュタット方伯ゲオルク2世の娘エリザベート・アマーリアの娘。兄にヨハン・ヴィルヘルムカール3世フィリップ、姉に神聖ローマ皇帝レオポルト1世エレオノーレ・マグダレーネポルトガルペドロ2世マリア・ソフィア、妹にパルマ公子オドアルド2世ドロテア・ゾフィーがいる。

最初の王妃マリー・ルイーズ・ドルレアンの死後、マリア・アンナは多産の家系出身ということで、カルロス2世の王妃に選ばれて1690年に結婚した。しかし2人には子供が生まれず、彼女が不妊なのではなく王の身体的な問題のせいだといわれていた。彼女は王妃である間、親オーストリア派だった。

1700年にカルロス2世が死去すると、新たに即位したフェリペ5世はマリア・アンナにマドリードから退去するよう命じた。彼女は命令に従ってトレドに移り、カルロス2世の遺言による年金を受領した。しかし、事態は1706年に急変した。カール大公が皇帝軍を率いてトレドを占領し、彼女はそれを歓迎した。フェリペ5世は激怒して彼女をスペインから追放し、マリア・アンナはバイヨンヌに居を構えた。その後数十年間、世間から忘れられたが、1739年にスペインへ戻ることを許された。彼女はグアダラハラインファンタード宮殿英語版へ移住し、翌年に同地で死去した。

外部リンク[編集]