ポール・クレメンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポール・クレメンス
Paul Clemens
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 サウスカロライナ州コロンビア
生年月日 (1988-02-14) 1988年2月14日(31歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 MLBドラフト4巡目(全体220位)でアトランタ・ブレーブスから指名
初出場 2013年8月9日 シアトル・マリナーズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ポール・アーサー・クレメンスPaul Arthur Clemens, 1988年2月14日 - )は、アメリカ合衆国サウスカロライナ州コロンビア出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

コービー・クレメンスKoby Clemens)と同時期にヒューストン・アストロズ傘下に所属していたことから、コービーの父ロジャー・クレメンスの息子の1人と間違われることがあるが、血縁関係はない。

経歴[編集]

プロ入りとマイナー時代[編集]

2007年MLBドラフト36巡目(全体1089位)でサンフランシスコ・ジャイアンツから指名されたが、この時は入団せず。

2008年MLBドラフト7巡目(全体220位)でアトランタ・ブレーブスから指名され、6月8日に契約。この年はルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ブレーブスアパラチアンリーグのルーキー級ダンビル・ブレーブス英語版でプロデビュー。ルーキー級ダンビルでは12試合(先発8試合)に登板して3勝3敗1セーブ・防御率3.39・57奪三振の成績を残した。8月にA級ローム・ブレーブス英語版へ昇格し、1試合に登板した。

2009年はA級ロームでプレーし、26試合(先発11試合)に登板して6勝5敗3セーブ・防御率5.91・64奪三振の成績を残した。

2010年はA級ロームで開幕を迎え、5月にA+級マートルビーチ・ペリカンズへ昇格。27試合(先発8試合)に登板して0勝4敗2セーブ・防御率3.69・65奪三振の成績を残した。

2011年はAA級ミシシッピ・ブレーブスでプレーし、20試合に先発登板して6勝5敗・防御率3.73・93奪三振の成績を残した。7月31日にマイケル・ボーンとのトレードで、フアン・アブレイユブレット・オーバーホルツァージョーダン・シェーファーと共にヒューストン・アストロズへ移籍した[1]。移籍後はAA級コーパスクリスティ・フックスで5試合に登板。9月にAAA級オクラホマシティ・レッドホークスへ昇格し、1試合に登板した。オフの11月18日にアストロズとメジャー契約を結び、40人枠入りを果たした[2]

2012年2月18日にアストロズと1年契約に合意。3月15日にAAA級オクラホマシティへ配属され、そのまま開幕を迎えた。AAA級オクラホマシティでは20試合に先発登板して8勝8敗・防御率6.73・68奪三振と結果を残せず、7月にAA級コーパスクリスティへ降格。AA級コーパスクリスティでは7試合に先発登板して3勝2敗・防御率3.46・37奪三振の成績を残した。

メジャー昇格後[編集]

2013年3月17日にAAA級オクラホマシティへ配属され、そのまま開幕を迎えたが、直後の4月8日にメジャーへ昇格し、翌9日のシアトル・マリナーズ戦でメジャーデビュー。13点リードの5回から登板し、4回を投げ5失点したが勝利投手となった[3]。その後はリリーフとして30試合に登板していたが、防御率6.36と落ち込み、7月27日にAAA級オクラホマシティへ降格。8月27日に再昇格し、先発に転向したが、5試合で0勝3敗・防御率3.71と結果を残せないままシーズンを終えた。この年メジャーは35試合(先発5試合)に登板して4勝7敗・防御率5.40・49奪三振の成績を残した。

2014年3月9日にAAA級オクラホマシティへ異動した。4月12日にメジャーへ昇格。リリーフとして4試合に登板したが、3試合で失点するなど不調が続き5月2日にAAA級へ降格。5月9日にホセ・シスネロ故障者リスト入りしたため再昇格し[4]、4試合に登板したが2度の救援失敗もあり、5月17日にAAA級オクラホマシティへ降格。6月1日に再昇格したが、3試合で2度の救援失敗を犯し、6月8日に再びAAA級オクラホマシティへ降格。7月27日にジョシュ・ゼイドが故障者リスト入りしたため再昇格。1試合に登板したが、8月5日にAAA級オクラホマシティへ降格。9月2日に戦力外となり[5]、5日に40人枠を外れる形でAAA級オクラホマシティへ降格した。この年は13試合に登板して0勝1敗・防御率5.84・16奪三振の成績を残した。オフの10月30日にFAとなった。11月20日にフィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約を結んだ[6]

2015年6月26日に自由契約となった[7]。8月1日にカンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結んだ。オフの11月6日にFAとなった[7]。11月24日にマイアミ・マーリンズとマイナー契約を結んだ。

2016年の開幕は傘下のAAA級ニューオーリンズ・ゼファーズで迎え、6月19日にメジャー契約を結んで25人枠入りした[7]。6月28日にウェイバーサンディエゴ・パドレスへ移籍した。8月6日のフィリーズ戦では打席に立った際にバットに塗る松脂が大量に付着し、そのままマウンドに上がるとルール違反となるため、「PLAYER(選手)」と名前の書かれた背番号91の匿名サンプルユニフォームを着てマウンドに戻った[8]。この年メジャーでは2球団合計で18試合(先発14試合)に登板して4勝5敗・防御率4.04・53奪三振の成績を残した。

パドレス退団後[編集]

2017年3月20日に自由契約となった[7]。3月30日にミネソタ・ツインズとマイナー契約を結んだ[7]。7月21日に解雇となる。

2018年3月11日にメキシカンリーグユカタン・ライオンズと契約。5月11日に独立リーグ・アトランティックリーグサザンメリーランド・ブルークラブスに移籍。

2019年4月11日にアトランティックリーグのハイポイント・ロッカーズ英語版と契約。9月16日に自由契約になった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2013 HOU 35 5 0 0 0 4 7 0 7 .364 323 73.1 82 16 26 1 2 49 2 0 48 44 5.40 1.47
2014 13 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 118 24.2 28 5 13 1 1 16 0 0 20 16 5.84 1.66
2016 MIA 2 2 0 0 0 1 0 0 0 1.000 47 10.0 11 5 8 0 1 6 0 0 7 7 6.30 1.90
SD 16 12 0 0 0 3 5 0 0 .375 267 61.1 61 9 23 0 3 47 4 1 32 25 3.67 1.37
'16計 18 14 0 0 0 4 5 0 0 .444 314 71.1 72 14 31 0 4 53 4 1 39 32 4.04 1.44
MLB:3年 66 19 0 0 0 8 13 0 8 .381 755 169.1 182 35 70 2 7 118 6 1 107 92 4.89 1.49
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 56(2013年 - 2014年)
  • 50(2016年 - 同年途中)
  • 47(2016年途中 - 同年終了)
  • 91(2016年8月6日のみ)

脚注[編集]

  1. ^ Astros acquire Schafer, others for Bourn MLB.com
  2. ^ Astros add Paul Clemens to 40-man Roster MLB.com
  3. ^ Triple-A's Clemens joins Astros; Fields to DL MLB.com
  4. ^ Austin Laymance (2014年5月10日). “Astros make pitching moves, activate Feldman”. MLB.com. 2014年12月13日閲覧。
  5. ^ Astros announce September call-ups”. MLB.com Astros Press Release (2014年9月3日). 2014年12月13日閲覧。
  6. ^ Phillies announce additional Spring Training non-roster invitees”. MLB.com Phillies Press Release (2014年11月26日). 2014年12月13日閲覧。
  7. ^ a b c d e MLB公式プロフィール参照。2017年4月17日閲覧。
  8. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2017』廣済堂出版、2017年、470頁。ISBN 978-4-331-52084-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]