ベン・ウォーレス (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
閣下
ベン・ウォーレス
MP
Official portrait of Rt Hon Ben Wallace MP crop 2.jpg
2020年撮影
国防大臣
就任
2019年7月24日
首相ボリス・ジョンソン
リズ・トラス
リシ・スナク
前任者ペニー・モーダント
保安・経済犯罪担当大臣
任期
2016年7月17日 – 2019年7月24日
首相テリーザ・メイ
前任者ジョン・ヘイズ
後任者ブランドン・ルイス
北アイルランド大臣
任期
2015年5月12日 – 2016年7月17日
首相デーヴィッド・キャメロン
前任者アンドルー・マリソン
後任者クリス・ホプキンス
国会議員
ワイア・アンド・プレストン・ノース選挙区
(旧ランカスター・アンド・ワイア選挙区)
就任
2005年5月5日
前任者ヒルトン・ドーソン
得票差16781票(31.7%)
スコットランド議会議員
ノース・イースト・スコットランド選挙区
任期
1999年5月6日 – 2003年3月31日
個人情報
生誕ロバート・ベン・ロバン・ウォーレス(Robert Ben Lobban Wallace)
(1970-05-15) 1970年5月15日(52歳)
イングランドの旗 イングランドロンドン
政党保守党
配偶者リザ・クック(Liza Cooke、2001年 - )
子供3人
住居ランカシャー州
教育ミルフィールド校
出身校サンドハースト王立陸軍士官学校
職業政治家
公式サイトbenwallace.org.uk
兵役経験
所属国イギリスの旗 イギリス
所属組織 イギリス陸軍
軍歴1991年 - 1998年
最終階級大尉
部隊スコッツ・ガーズ
戦闘北アイルランド問題
受賞柏葉敢闘章

ロバート・ベン・ロバン・ウォレス(Robert Ben Lobban Wallace、1970年5月15日 - )は、イギリス政治家保守党所属。2019年7月24日より国防大臣。2005年よりワイア・アンド・プレストン・ノース(旧ランカスター・アンド・ワイア)選出の国会議員

国会議員就任以前は、1999年から2003年までノース・イースト・スコットランド選出のスコットランド保守党所属のスコットランド議会議員(MSP)を務める[1][2]。2003年にMSPを辞任し、イングランドのウェストミンスター選挙区から庶民院当選を目指し、ランカシャーに移住した[3][4]。国会議員に当選後、平議員(約5年間)、ケン・クラーク司法大臣の政務官(2010年 - 2014年)、ウィップ(2014年7月 - 2015年5月)、Northern Ireland Office政務次官(2015年 - 2016年)、安全保障・経済犯罪担当国務大臣(2016年 - 2019年)を歴任。ボリス・ジョンソンの支持者であったウォレスは、ジョンソンの首相就任後、国防大臣に就任した。

政界入り前はイギリス陸軍スコッツ・ガーズに属した。最終階級は陸軍大尉(Captain)。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1970年5月15日、ロンドン・ファーンボロー生まれ[5]。父は第1近衛軽騎兵連隊(1st King's Dragoon Guards)所属の兵士で、マラヤで戦役に従事した[6]

サマセット州インデペンデント・スクールであるミルフィールド校(Millfield)を卒業[7]。放課後にはスキー指導員としてアルプバッハ村のオーストリア国立スキー学校で指導した[8]

サンドハースト王立陸軍士官学校卒業後、1991年にスコッツ・ガーズに任官される[4]。1991年から1998年まで、ドイツキプロスベリーズ北アイルランドなどで勤務し、最終的に大尉まで昇格した。北アイルランド時代の1992年には、ウォーレスが指揮していたパトロール隊がアイルランド共和軍(IRA)によるイギリス軍への爆弾攻撃を未然に防いだ功績により、柏葉敢闘章(Mentioned in dispatches)を授与された[2][9]

スコットランド議会議員時代[編集]

陸軍除隊後、イギリスの貧困地域の出身の部下を指揮した経験から、より向上心を持てる社会を作ることを目指して、政界入りした[9]。1991年、ノース・イースト・スコットランド選出のスコットランド議会議員となる[3][4]。イングランドのウェストミンスター選挙区からの立候補を目指して2003年に議員の職を辞した[3][4]。ウォーレスはスコットランド保守党の影の健康担当スポークスマン(health spokesman)であった[4]

2003年から2005年までQinetiQ(旧英国国防省国防評価研究局、Defence Evaluation and Research Agency)の海外ディレクター[7]

国会議員時代[編集]

2005年の総選挙でランカスター・アンド・ワイア選挙区から立候補し、当選した。22266票を獲得し、4171票(8.0%)の得票差であった[10]。同議席は以前、労働党のヒルトン・ドーソン(Hilton Dawson)によって保持されていた[11]。同選挙区は2010年に廃止されたため、2010年の総選挙では区割り改定後のワイア・アンド・プレストン・ノース選挙区から立候補し、15844票(30.9%)の得票差となる26877票を得て、再選される[12]。以後、2015年、2017年、2019年の総選挙で再選されている[13]

2005年から2010年までスコットランド問題特別委員会(Scottish Affairs Select Committee)委員[14]。2006年から2010年まで影のスコットランド大臣。2006年から2014年までイギリス=イラン議会グループ議長(British–Iran Parliamentary Group)。2008年11月13日、国会議員の経費透明化を促進した功績により、雑誌『スペクテイター』の「スレッドニードル国会議員賞」キャンペーン・オブ・ザ・イヤーを受賞した(United Kingdom parliamentary expenses scandalを参照)[15][16]

ウォレスは2008年に、6万3千ポンドの給与に加えて17万5523ポンドを請求し、英国の国会議員の中で4番目に高い経費請求をしたことが明らかになり、地元で批判にさらされた。しかし、自身の選挙区はイングランドの平均的な選挙区より2割近く有権者が多いと主張し、高額な経費を擁護した[17]

副大臣[編集]

2010年に国会議員に再選された後、ウォレスは当時の法務大臣兼大法官、後に内閣府無任所大臣であるケン・クラークの政務官に任命された[要出典]。2012年9月4日、内閣改造の際に財務省のロード・コミッショナーの地位を辞退し[要出典]、てクラークの政務官に留まった[18]。イングランドとウェールズで同性婚を合法化する2013年結婚(同性カップル)法(Marriage (Same Sex Couples) Act 2013)には反対票を投じた[19]。2014年7月、クラークが平議員に戻ると、政府でウィップの職に就いた。2015年5月、Northern Ireland Office政務次官。

イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票の後、新首相テリーザ・メイにより、内務省の保安大臣に昇格。2017年12月、大臣の職務が経済犯罪に拡大された。2017年のテロ事件やソールズベリーでのセルゲイ・スクリパル暗殺未遂事件では、保安大臣を務めた。ウォレスは、2017年のウェストミンスター襲撃事件に対する政府の対応を調整する役割を果たし、枢密院に任命された[20]

ウォレスは2016年の国民投票前、英国の欧州連合(EU)内残留を支持していた[21]。2019年初めに当時のテリーザ・メイ首相のブレグジット離脱協定に賛成し、ブレグジット離脱協定に関する国民投票には反対票を投じた[22]

2018年2月、ウォレスは労働党党首に対する根拠のない中傷を助長したとして、政敵から批判を浴びた。『サン』紙は、1980年代にジェレミー・コービン共産主義者のスパイと共謀していたと主張していた。この疑惑に対し、コービンのスポークスマンは、労働党党首が諜報員、資産家、情報提供者であったという指摘は「an entirely false and a ridiculous smear(まったくの虚偽であり、ばかげた中傷だ)」と述べている[23]。こうした疑惑の中、ウォレスは自身のツイートにより批判を浴びた。「Jeremy has been interested in foreign policy issues his entire political career' [sic] – Labour MP Louise Haigh, BBC Daily Politics – yup so was Kim Philby(ジェレミーは政治家としてのキャリアを通じて外交問題に関心を持っていた、- 労働党議員ルイーズ・ヘイ、BBC Daily Politics - そうだ、キム・フィルビーソ連のスパイ)もそうだった)」。ウォレスはその後、自分のツイートを擁護し、「wasn't comparing, just saying that being interested in foreign policy isn't an answer to the allegations being made(比較したのではなく、外交政策に関心があることは疑惑に対する答えにはならない、と言っただけだ)」と述べた。スカイニュースにこう語った。「It was a light-hearted dig at Louise Haigh's excuse that Corbyn was interested in foreign affairs ... I was simply saying Kim Philby was also interested in foreign affairs(コービンが外交問題に関心があったというルイーズ・ヘイ氏の言い訳を軽々しく揶揄したものだ。私は、キム・フィルビーも外交問題に関心があったと言っただけだ)」と語った[24][25]

国防大臣[編集]

ホース・ガーズでのマーク・エスパー米国防長官との会見(2019年9月)
ウッディ・ジョンソン駐英米国大使と共に(2020年9月)

2019年7月24日、ウォレスはペニー・モーダントの後任として、ボリス・ジョンソン首相から国防大臣に任命される[26]。2019年8月の停会騒動(2019 British prorogation controversyを参照)時に、ウォーレスがフランスの軍事大臣のフロランス・パルリと会談していたことが露見した。ウォーレスは、5週間の議会停会は、新たな立法課題を導入という政府の公式見解ではなく、政府のブレグジット計画を国会議員が阻止するためだと示唆していた。政府は彼の発言に対し、彼は「誤解して(misspoken)」いたと発表した[27][28]。この停会行為は後に、2019年9月24日付けで最高裁判所により違法と判断されている[29]

2019年10月13日、NATOの会合で、シリア北東部の「シリア民主軍」に対するトルコの攻撃的姿勢を擁護し、「Turkey needs to do what it sometimes has to do to defend itself(トルコは自国を守るために、時には必要なことを行う必要がある)」とコメントした[30][31]。この発言は会議の他の代表から非難された[30][31]

2020年1月12日、ウォレスはThe Sunday Timesのインタビューで、イギリスは「must be prepared to fight wars without the US(米国抜きで戦争ができるよう準備する必要がある)」と述べた[32]。今後のディフェンス・レビューの見直しは「should be used to make the UK less dependent on the US in future conflicts(将来の紛争で英国が米国に依存しないようにするために利用されるべき)」と述べた[32]。彼のコメントは、ドナルド・トランプ米大統領アメリカ・ファースト孤立主義的な政策に呼応して出されたものであった。また、次回のディフェンス・レビューについては、1991年の冷戦終結以来、英国の防衛・外交政策の「deepest review(最も深い見直し)」になるだろうと述べた[32]

アフガニスタンから米軍の大半が撤退した際には、米国が英国を「very difficult position(常に困難な立場)」に追い込んだと発言した[33]。米軍の撤退が始まって間もなく、タリバンはアフガン政府に対して攻撃を開始し、崩壊しつつあるアフガン軍を前に素早く前進してきた[34]。ウォレスは、タリバンが権力を握った場合、一定の国際規範を守ることを条件に、英国はタリバンと協力する用意があると述べた[35]

ロイド・オースティン米国防長官と共に(2021年7月12日、国防総省にて)

2021年8月16日、LBCでアメリカのアフガニスタン撤退についてのインタビュー中、ウォレスはLBCのインタビュアーから「Why do you feel it so personally, Mr Wallace?(なぜウォレスさんはそんなにこのことを個人的に感じるのですか?)」と質問された。彼は感情を込めてこう答えた。「Because I'm a soldier... because it's sad, and the West has done what it's done and we have to do our very best to get people out and stand by our obligations(私が兵士だからだ...悲しいことだ。西側諸国はやってしまったことだ。我々は人々を撤退させるために最善を尽くし、我々の義務を守らなければならない)」と[36]。8月26日、ウォレスは、カブールで動物保護施設を運営し、71人と100匹以上の動物を英国に運ぶために国防省からプライベートジェットの許可を得ようとしていたペン・ファーシングを見捨てた[37]として非難された[誰によって?]。翌日、彼は50万ドルのプライベート・ジェット機をカブール国際空港に着陸させる許可を出した[38]。ウォレスは、国防省の職員がファーシングの支持者の一部から虐待を受けていると言った[39]

ウォレスはサウジアラビアのカリド・ビン・サルマン副国防相との電話会談で、サウジアラビアとの防衛関係強化、特に軍事輸出について協議した[40]。2021年12月には、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子と会談し、防衛を中心とした様々な分野での協力について協議した[41]

2022年のフォークランド紛争終結40周年を機に、ウォレスは「stand up to bullies(いじめに立ち向かう)」という英国の決定を表明し、英国とアルゼンチンの関係に対する「dialectic tension(弁証法的緊張)」の火花を散らした[42][43]。アルゼンチン政府は、これらの宣言を「belligerent threats(好戦的な脅し)」「denigrating references(否定的な言及)」と断じた[43]

2022年2月11日、ロシアのセルゲイ・ショイグ国防相に面会[44]。2022年2月12日、ウォレスはロシアによるウクライナ侵攻の可能性が「highly likely(高い)」と発言し、ウクライナ在住のイギリス市民は外務省から商業的手段(民間交通)があるうちに避難するよう指示されている[45]。駐英ウクライナ大使のヴァディム・プリスタイコ氏は、ウォレス氏がロシアとの外交努力を1930年代の宥和政策と比較したことは助けにならないとし[46]、今は「offend our partners(パートナーを怒らせる)」間違った時期であると述べた[47]

2022年7月28日、ボリス・ジョンソン首相の後任を決める与党・保守党の党首選でウォレスは、共にウクライナ支援等を行ったリズ・トラス外相を支持すると表明した[48]

私生活[編集]

2001年にリザ・クック(Liza Cooke)と結婚し、3人の子供を儲けている[49]。彼の妻は、2019年4月30日より夫のオフィスで非常勤のparliamentary assistantとして勤務している[50]。二人は、ベンがスコットランド議会議員、リザがスコットランド議会の調査員だったときに出会った[51]。ウォーレスはランカシャーロンドンに住んでいる[52][53]

栄典[編集]

General Service Medal 1962 BAR.svg General Service Medal Northern Ireland Clasp 柏葉敢闘章
QEII Diamond Jubilee Medal ribbon.svg Diamond Jubilee Medal

脚注[編集]

  1. ^ New defence secretary Ben Wallace has defended Stracathro Hospital and fox hunting”. The Courier. The Courier (2019年4月26日). 2019年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月29日閲覧。
  2. ^ a b Sabbagh, Dan (2019年9月8日). “Defence secretary under fire for appearing to condone torture”. The Guardian. オリジナルの2019年10月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191015114612/https://www.theguardian.com/politics/2019/sep/08/defence-secretary-under-fire-for-appearing-to-condone-torture 2019年10月15日閲覧。 
  3. ^ a b c “Ben Wallace: Captain Fantastic heads south of the border”. The Scotsman. (2002年3月26日). オリジナルの2019年4月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190415143806/https://www.scotsman.com/news/politics/ben-wallace-captain-fantastic-heads-south-of-the-border-1-608345 2019年4月15日閲覧。 
  4. ^ a b c d e Farewell to the parliament”. BBC News (2003年4月2日). 2004年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月15日閲覧。
  5. ^ Thomson, Alice; Sylvester, Rachel (2018年6月9日). “Ben Wallace: we don't set out to kill terrorists”. The Times. オリジナルの2019年10月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191015120112/https://www.thetimes.co.uk/article/we-don-t-set-out-to-kill-terrorists-this-country-doesn-t-execute-people-9wk88wrrb 2019年10月15日閲覧。 
  6. ^ The Right Honourable Ben Wallace MP formerly Scots Guards Secretary of State for Defence In conversation with The Editor”. The Guards Magazine. 2022年2月13日閲覧。
  7. ^ a b “Ben Wallace: Electoral history and profile”. The Guardian. オリジナルの2014年9月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140920050459/https://www.theguardian.com/politics/person/9272/ben-wallace 2010年1月4日閲覧。 
  8. ^ Minister of State for Security and Economic Crime – The Rt Hon Ben Wallace MP”. gov.uk. 2019年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月20日閲覧。
  9. ^ a b The Ben Wallace One”. BBC. 2019年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月20日閲覧。
  10. ^ Result: Lancaster & Wyre”. BBC News (2005年5月6日). 2021年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月15日閲覧。
  11. ^ Mr Hilton Dawson”. parliament.uk. 2019年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月15日閲覧。
  12. ^ Wyre and Preston North”. UK Polling Report. 2019年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月15日閲覧。
  13. ^ “Wyre & Preston North”. BBC News. オリジナルの2019年10月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191015185700/https://www.bbc.co.uk/news/politics/constituencies/E14001057 2019年10月15日閲覧。 
  14. ^ Mr Ben Wallace MP – UK Parliament”. Parliament.uk (2015年7月20日). 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月4日閲覧。
  15. ^ Matthew d'Ancona's Parliamentarian awards speech”. Spectator.co.uk (2008年11月13日). 2010年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月16日閲覧。
  16. ^ Andrew Gimson (2008年11月13日). “Sketch: George Osborne laughs it off”. The Telegraph. オリジナルの2018年12月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181216120858/https://www.telegraph.co.uk/news/politics/georgeosborne/3453923/Sketch-George-Osborne-laughs-it-off.html 2018年12月16日閲覧。 
  17. ^ “MP's biscuit claim among expenses”. The Garstang Courier (The Garstang Courier). (2008年4月1日). オリジナルの2019年3月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190328131037/https://www.garstangcourier.co.uk/news/garstang-mp-defends-fourth-highest-expense-claims-1-1852337 2018年5月20日閲覧。 
  18. ^ Cameron: Man or mouse? Man – and butcher! The Tory Diary”. Conservativehome.blogs.com (2012年9月6日). 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月4日閲覧。
  19. ^ MP-by-MP: Gay marriage vote”. BBC News (2013年2月5日). 2015年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月15日閲覧。
  20. ^ Agerholm, Harriet (2017年3月24日). “MPs Tobias Ellwood and Ben Wallace appointed to Privy Council in honour of Westminster response”. The Independent. オリジナルの2017年3月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170324215507/http://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/westminster-attack-tobias-ellwood-privy-council-ben-wallace-a7649191.html 2017年3月25日閲覧。 
  21. ^ Goodenough, Tom (2016年2月16日). “Which Tory MPs back Brexit, who doesn't and who is still on the fence?”. The Spectator. オリジナルの2019年5月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190502030758/https://blogs.spectator.co.uk/2016/02/which-tory-mps-back-brexit-who-doesnt-and-who-is-still-on-the-fence/ 2018年5月20日閲覧。 
  22. ^ “How MPs voted on May's withdrawal deal defeat”. Financial Times. (2019年3月29日). オリジナルの2019年9月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190902092554/https://ig.ft.com/brexit-exit-deal-vote/ 
  23. ^ Fisher, Lucy (2018年2月15日). “Jeremy Corbyn 'can't be trusted' after claims he met Soviet spy, says Gavin Williamson” (英語). The Times. ISSN 0140-0460. オリジナルの2018年2月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180221082928/https://www.thetimes.co.uk/article/corbyn-spy-row-shows-he-can-t-be-trusted-says-gavin-williamson-9xgq8lrc8 2018年2月21日閲覧。 
  24. ^ “Andrew Neil Clobbers Tory Minister Steve Baker For 'Outrageous Smears' Against Jeremy Corbyn” (英語). HuffPost UK. (2018年2月21日). オリジナルの2018年2月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180221164847/http://www.huffingtonpost.co.uk/entry/andrew-neil-clobbers-tory-minister-steve-baker-for-outrageous-smears-and-outright-lies-about-jeremy-corbyn_uk_5a8d5ed9e4b00a30a251172c 2018年2月21日閲覧。 
  25. ^ “Tory MP deletes Corbyn spy claim after threat of legal action” (英語). Sky News. オリジナルの2018年2月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180220231249/https://news.sky.com/story/tory-mp-deletes-corbyn-spy-claim-after-threat-of-legal-action-11258355 2018年2月21日閲覧。 
  26. ^ Ben Wallace Named New Defence Secretary” (英語). Forces Network (2019年7月25日). 2019年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月23日閲覧。
  27. ^ Defence Secretary Ben Wallace overheard discussing Parliament suspension”. BBC News (2019年8月29日). 2019年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月15日閲覧。
  28. ^ Sheridan, Danielle (2019年8月29日). “Defence Secretary caught on camera suggesting Boris Johnson prorogued Parliament because he has 'no majority'”. The Telegraph. オリジナルの2021年11月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211108120444/https://www.telegraph.co.uk/politics/2019/08/29/defence-secretary-caught-camera-suggesting-boris-johnson-prorogued/ 2019年10月15日閲覧。 
  29. ^ Supreme Court: Suspending Parliament was unlawful, judges rule”. BBC News (2019年9月24日). 2019年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月24日閲覧。
  30. ^ a b Nicholls, Dominic; Crisp, James (2019年10月14日). “Britain accused of putting trade deals before condemnation of Turkey”. The Telegraph. オリジナルの2019年10月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191014231619/https://www.telegraph.co.uk/news/2019/10/14/britain-accused-putting-trade-deals-condemnation-turkey/ 2019年10月15日閲覧。 
  31. ^ a b Fisher, Lucy (2019年10月15日). “Defence secretary Ben Wallace's support for Turkey surprises Nato”. The Times. オリジナルの2019年10月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191015102244/https://www.thetimes.co.uk/edition/news/defence-secretary-ben-wallaces-support-for-turkey-surprises-nato-8p9qnx2cg 2019年10月15日閲覧。 
  32. ^ a b c “Ben Wallace: UK 'must be prepared to fight wars without US'”. BBC News. (2020年1月12日). オリジナルの2021年1月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210112024923/https://www.bbc.com/news/uk-51081861 2021年1月10日閲覧。 
  33. ^ “Johnson confirms most British troops have left Afghanistan”. Associated Press. (2021年7月8日). オリジナルの2021年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210713222657/https://www.politico.com/news/2021/07/08/johnson-british-troops-afghanistan-498793 2021年7月26日閲覧。 
  34. ^ Robertson, Nic (2021年6月24日). “Afghanistan is disintegrating fast as Biden's troop withdrawal continues”. CNN. オリジナルの2021年7月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210709190124/https://edition.cnn.com/2021/06/24/asia/afghanistan-taliban-offensive-intl-cmd/index.html 2021年7月26日閲覧。 
  35. ^ British Defence Minister says UK will work with Taliban should they come to power - Telegraph”. Reuters (2021年7月14日). 2021年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月26日閲覧。
  36. ^ Rogers, Alexandra (2021年8月16日). “'Some People Won't Get Back' – UK Defence Secretary Breaks Down Over Afghanistan Crisis”. HuffPost UK. オリジナルの2021年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210816091441/https://www.huffingtonpost.co.uk/entry/ben-wallace-breaks-down-lbc-afghanistan-war-us-uk-troops-taliban_uk_611a204ae4b07c140316932c 2021年8月16日閲覧。 
  37. ^ “Marine stuck in Afghanistan says rescue plane for his team 'not coming'”. ITV News. (2021年8月23日). オリジナルの2021年8月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210825223119/https://www.itv.com/news/westcountry/2021-08-23/marine-stuck-in-afghanistan-says-rescue-plane-for-his-team-not-coming 2021年8月25日閲覧。 
  38. ^ “Ex-Royal Marine Pen Farthing given go-ahead to leave Afghanistan with animals”. ITV News. (2021年8月25日). オリジナルの2021年8月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210826120943/https://www.itv.com/news/westcountry/2021-08-25/pen-farthing-given-go-ahead-to-leave-afghanistan-with-animals 2021年8月27日閲覧。 
  39. ^ “Afghanistan: Pen Farthing sorry for foul-mouthed message to aide”. BBC News. (2021年8月30日). オリジナルの2021年8月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210831223121/https://www.bbc.co.uk/news/uk-england-essex-58385521 2021年8月31日閲覧。 
  40. ^ “Britain keen to strengthen defence relations with Saudi Arabia - SPA”. Reuters. (2020年7月8日). https://www.reuters.com/article/uk-saudi-defense-britain-idUKKBN2490D7 
  41. ^ “Saudi crown prince meets British defense secretary”. Arab News. (2021年12月15日). https://www.arabnews.com/node/1987661/saudi-arabia 2022年1月21日閲覧。 
  42. ^ Yorke, Harry (2022年1月9日). “Britain will ‘stand up to bullies’, declares Ben Wallace as he marks Falklands War anniversary”. The Telegraph. 2022年1月21日閲覧。
  43. ^ a b Felipe González, Aznar, Zapatero y Rajoy piden a Reino Unido que dialogue con Argentina para resolver la disputa por Malvinas”. eldiario.es (2022年1月14日). 2022年2月19日閲覧。
  44. ^ “UK urges Russian action to back up denial it plans to invade Ukraine”. Reuters. (2022年2月11日). https://www.reuters.com/world/europe/uk-defence-minister-says-troops-sent-ukraine-training-return-soon-2022-02-11/ 
  45. ^ Wheeler, Caroline; Brown, Larisa (2022年2月12日). “Ukraine crisis: ‘Whiff of Munich’ warning from Ben Wallace” (英語). The Times. https://www.thetimes.co.uk/article/ukraine-crisis-whiff-of-munich-warning-from-ben-wallace-b7mjflxln 
  46. ^ “Ukraine tensions: US defends evacuating embassy as Zelensky urges calm”. BBC News. (2022年2月13日). https://www.bbc.com/news/world-europe-60365017 
  47. ^ “Ukraine criticises Ben Wallace’s appeasement comparison with diplomacy efforts”. The Independent. (2022年2月13日). https://www.independent.co.uk/news/uk/ben-wallace-moscow-ukraine-defence-secretary-russia-b2014119.html 
  48. ^ 英党首選、国防相がトラス氏支持 英各地の討論会も開始” (日本語). 日本経済新聞 (2022年7月29日). 2022年9月7日閲覧。
  49. ^ Wallace, Rt Hon. (Robert) Ben (Lobban). UK Who's Who. doi:10.1093/ww/9780199540884.013.U38694. ISBN 978-0-19-954088-4. オリジナルの25 August 2020時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200825154926/https://www.ukwhoswho.com/view/10.1093/ww/9780199540884.001.0001/ww-9780199540884-e-38694 2019年10月15日閲覧。 
  50. ^ Register of Members' Financial Interests”. parliament.uk. p. 460. 2019年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月15日閲覧。
  51. ^ “Outrage at ban threat on MP family workers”. Lancashire Post. (2008年2月1日). オリジナルの2019年10月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191015104235/https://www.lep.co.uk/news/latest/outrage-at-ban-threat-on-mp-family-workers-1-66025 2019年10月15日閲覧。 
  52. ^ About Ben”. Personal website. 2021年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月29日閲覧。
  53. ^ IPSA record”. IPSA. 2018年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月20日閲覧。

外部リンク[編集]

新聞記事
グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
先代
ヒルトン・ドーソン
国会議員
for Lancaster and Wyre

2005年 - 2010年
選挙区廃止
新設選挙区 国会議員
for Wyre and Preston North

2010年 - 現在
現職
公職
先代
Andrew Murrison
Parliamentary Under-Secretary of State for Northern Ireland
2015–2016
次代
Kris Hopkins
先代
John Hayes
Minister of State for Security and Economic Crime
2016–2019
次代
Brandon Lewis
先代
ペニー・モーダント
国会大臣
2019年 - 現在
現職