フレクサトーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フレクサトーン
各言語での名称
flexatone
flexaton
フレクサトーン
フレクサトーン
分類

打楽器

フレクサトーン(flexatone)は、体鳴楽器に分類される打楽器のひとつ。手のひらほどの大きさの薄い鋼の両面に、斜めに棒が取り付けてあり、その先に小さな金属の珠が付いている。楽器を振ると、この球が鋼にあたって、鋼が音を出す。

鋼の一端は金属棒の枠につながっており、つながっていない方の枠の部分を手で持つ。同じ側の鋼の端を、枠を持った手の指で圧して曲げることによって、音の高さを変えることができる。

音は書き表しがたいが、あえていえば「ヒュヨヨヨヨヨーン」といったような甲高い音である。

演奏1

演奏2

演奏3

これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

この楽器を使用する楽曲[編集]

類似の楽器[編集]

同じように薄い鋼を曲げて音の高さを変える楽器に、ミュージカルソー(ミュージックソー、のこぎり)がある。また、曲げないが、同じように薄い金属を鳴らす楽器に、スチールドラムがある。

両面に球を付けて、楽器を振って音を出す楽器には、でんでん太鼓がある。