田村文生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

田村 文生(たむら ふみお、1968年 - )は、日本作曲家編曲家

人物・来歴[編集]

東京都杉並区に生まれ、埼玉県川越市に育つ。埼玉県立川越高等学校卒業、東京芸術大学卒業、同大学院修了。ギルドホール音楽演劇学校大学院修了。1995年から1997年まで文化庁芸術家在外研修員としてイギリスにて研修。作曲を北村昭、近藤譲松下功R. サクストンに師事。

ブッキ国際作曲コンクールローマ)、安宅賞、文化庁舞台芸術創作奨励特別賞、朝日作曲賞国立劇場作曲コンクール、ジェネシスオペラ作曲賞(イギリス)審査員特別賞など入賞・入選多数。アジア音楽祭、〈東京の夏〉音楽祭、Spitalfields音楽祭(ロンドン)、The State of the Nation音楽祭(ロンドン)、アジア作曲家協議会音楽祭(ソウル)、国際現代音楽協会ISCM)世界音楽の日々(香港)など国内外の主要な音楽祭で作品が演奏されている。

現在、神戸大学大学院人間発達環境学研究科人間発達専攻准教授。日本作曲家協議会、日本電子音楽協会、作曲家グループTEMPUS NOVUM、邦楽器アンサンブル日本音楽集団各団員・会員。現代音楽演奏団体Ensemble Contemporary α代表。なお、中学校・高等学校教諭免許状(音楽)を所持している。

1994年度全日本吹奏楽コンクール課題曲である『饗応夫人-太宰治作「饗応夫人」のための音楽』は、吹奏楽コンクールの課題曲史上最も長い課題曲であり、楽譜指定の速度で演奏すると7分近くもあるという曲である。さらに現代音楽のため拍子・テンポが目まぐるしく変わり、演奏者に高い技術が必要とされる。難易度が高い作品が多いため、コンクールの自由曲として取り上げられることは多くないが、編曲作品の『バッハの名による幻想曲とフーガ』はその中で人気作品であり、これまでに全国大会で6度金賞受賞している〈2017年時点〉。

21世紀の吹奏楽“響宴”会員。

主要な作品[編集]

吹奏楽[編集]

吹奏楽編曲[編集]

校歌[編集]

ピアノ曲[編集]

  • 存在の恐怖〔2016年〕

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 田村文生HP - 神戸大学発達科学部 人間表現学科 田村文生研究室