イーストコーストの風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

イーストコーストの風景East Coast Pictures)は、ナイジェル・ヘス作曲の吹奏楽曲。邦題としては、当該記事名の「イーストコーストの風景」が日本で紹介された最初期のもので これが広く一般に浸透している他、原題をそのまま片仮名書きにした「イースト・コースト・ピクチャーズ」、ごく一部で 原題を全て訳した「東海岸の風景画」などとも呼称される[1]

概要[編集]

英国青少年吹奏楽団(British Youth Wind Orchestra、現在のNational Youth Wind Orchestra of Great Britain)の委嘱で、ナショナル・ウェストミンスター銀行の資金提供により、1985年に作曲された。初演はその年の4月16日にブレント・タウン・ホール(Brent Town Hall)で行われた。

作曲者がアメリカ東海岸を訪れたときの印象をもとに、ニューヨークとその近郊の地名・地形・地域(島・山)を題材にした3曲からなる吹奏楽のための組曲としてまとめた。

演奏時間は作曲者指揮の録音(参考文献参照)で14分52秒。

楽譜は、当初ヘス自身の出版社であるマイラ・ミュージック(Myra Music)が版権を所有し演奏譜の提供も行っていたが、1999年イギリスフェイバー・ミュージック英語: Faber Music)から正式に出版された。フィリップ・リトルモア(Phillip Littlemore)の編曲によるブラスバンド版もフェイバー・ミュージックから出版されている。

編成[編集]

編成表
木管 金管
Fl. 2, Picc. 2 Crnt. 3, Tp. 2 Cb.
Ob. 2, C.A. Hr. 4 Timp.
Fg. 2, Cfg. (optional) Tbn. 2, Bass Glock, Vibes, S.D., T.D., B.D., Tom-t., Clash Cyms., Susp.Cym., Tamb., Trgl., Slapstick, Mark Tree, Guiro, Mcas., W.B., Whistle, Claves, Jaw Bone, Flexatone, Siren
Cl. 3, E♭ 2, Bass 2, C-Bass (optional) Eup. 2
Sax. Alt. 2 Ten. 1 Bar. 1 Tub. 2

構成[編集]

  1. シェルター島(Shelter Island)
    Bright (♩.=c.138)、12/8拍子
    夏は観光客で賑わうが、冬は大西洋の荒波にもまれるシェルター島英語版の、冬の週末の情景を描く。
  2. キャッツキル山地(The Catskills)
    Steady 4 (♩=c.72)、4/4拍子
    北部のキャッツキル山地の、静かだが力が漲り、平穏だが威厳のある姿を思い浮かべるように、コルネットの独奏をフィーチャーしている。
  3. ニューヨーク(New York)
    Bright 4 (♩=168)、4/4拍子
    マンハッタンの街中の喧騒と活気を表す。象徴的に、緊急車輌のものと思しきサイレンが当該楽章の終盤で鳴り響き、これをきっかけに楽曲の最後の盛り上がりを形作る。

脚注[編集]

  1. ^ なにわ《オーケストラル》ウィンズ 2011

参考文献[編集]

  • フルスコア解説(フェイバー・ミュージック版)、1999年
  • ナイジェル・ヘス:CD解説『East Coast Pictures - The Wind Band Music of Nigel Hess』(ナイジェル・ヘス指揮、ロンドン・シンフォニック・ウィンド・オーケストラ)Fly Records FLY CD105、1992年

外部リンク[編集]