キハーダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キハーダ
各言語での名称
jawbone
キハーダ
キハーダ
分類

打楽器

キハーダスペイン語:quijada)は、体鳴楽器に分類される打楽器のひとつ。キューバの楽器である。quijadaはの骨の意味。

ロバの下あごの骨を乾燥させることで歯肉を取り除くと、歯肉の厚み分だけと骨に遊びができ、骨に付いたまま歯が自由に動くようになる。これを楽器として用いたものである。鈴を付けたものもある。

これを振ったり、叩いたり、棒などでこすったりして音を出す。日本時代劇の効果音や演歌などでしばしば使われる、「カーッ」という音はこの楽器によって作られる(北島三郎の「与作」、荒井由実の「中央フリーウェイ」など)。

この楽器が得られないときには、ヴィブラスラップで代用される。

関連項目[編集]