八木澤教司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

八木澤 教司(やぎさわ さとし、1975年4月3日 - )は岩手県北上市出身の作曲家[1]。愛称は「やぎりん」。

経歴[編集]

岩手県北上市で生まれたが父親の転勤で、千葉県松戸市市川市へと移り住んだ。小学校時代はほとんど音楽に興味を持っていなかったが、中学校に進学し吹奏楽部に入部した。ジョヴァンニ・ガブリエーリの「第1旋法による八声のカンツォン」を耳にして作曲家になりたいと願うようになった[2]武蔵野音楽大学作曲学科、武蔵野大学大学院音楽研究科修士課程で学んだ。浦田健次郎田中均萩原英彦関根剛二戸部豊佐藤正人に師事した[1]

2003年の第54回全国植樹祭テーマ音楽の編曲を行い、2005年には陸上自衛隊東部方面音楽隊より委嘱され、 『「ラス・ボラス・グランデス」― 惑星を象る大石球の神秘』を作曲した[3]。2010年のゆめ半島千葉国体式典音楽総合監督を務めた[1][4]

合唱曲として手がけた『あすという日が』は東日本大震災復興シンボル曲となり、2011年の第62回NHK紅白歌合戦夏川りみ秋川雅史によって歌唱された。

人物[編集]

好きな作曲家はジャック・イベールジョヴァンニ・ガブリエーリ[1]

ピアニストの織茂学は大学時代同期で親友で、2010年に行われたデビュー10周年パーティーにサブライズゲストとして登場している[5]

主な作品[編集]

吹奏楽曲[編集]

  • モアイ ― 太陽を見つめる七体の巨像
  • 空中都市「マチュピチュ」 ― 隠された太陽神殿の謎
  • ナスカ ― 地上に描かれた遥かなる銀河
  • 死者の支配する国 ― 崇高なる光に包まれて
  • 碧き宇宙 ― 生命の雫
  • 吹奏楽のための音詩「輝きの海へ」(田川伸一郎指揮、市川市立新浜小学校吹奏楽部によって世界初演 委嘱作品)
  • アチャラナータの祭典 (成田高等学校・付属中学校音楽部 委嘱作品)
  • 太陽への讃歌 ― 大地の鼓動
  • 吹奏楽のための詩曲「果てしなき大空への讃歌」」(田川伸一郎指揮、市川市立新浜小学校吹奏楽部によって世界初演 委嘱作品)
  • ひまわり、15本 〜ヴィンセント・ヴァン・ゴッホに寄せて〜(新潟県長岡市立中之島中学校吹奏楽部 委嘱作品)
  • 眩い星座になるために… (関東学園大学附属高等学校創立50周年記念 委嘱作品)
  • インカの聖なる渓谷「ウルバンバ」 (柏崎市吹奏楽団 結成30周年記念 委嘱作品)
  • ラス・ボラス・グランデス ― 惑星を象る大石球の神秘 (陸上自衛隊東方方面音楽隊 委嘱作品)
  • 「エディソンの光」~メンロパークの魔術師 (愛知工業大学名電高等学校吹奏楽部 委嘱作品)

合唱曲[編集]

校歌[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e プロフィール”. 作曲家 八木澤教司の公式ホームページ. 2011年7月9日閲覧。
  2. ^ こうして私は作曲家になった!!”. 尚美ミュージックカレッジ専門学校. 2011年7月9日閲覧。
  3. ^ 「ラス・ボラス・グランデス」― 惑星を象る大石球の神秘 (PDF)”. 2011年7月9日閲覧。
  4. ^ 全道大会に向け猛練習/道教育大釧路校吹奏楽部”. 釧路新聞 (2010年9月1日). 2011年7月9日閲覧。
  5. ^ 潮見裕章 (2010年12月4日). “八木澤教司デビュー10周年パーティー☆”. 2011年7月9日閲覧。
  6. ^ 新校歌・斉唱、吹奏楽部の演奏 (MP3)”. 浜松市立高等学校. 2011年7月9日閲覧。
  7. ^ 「県立松戸向陽高校」4月開校-県内唯一の専門学科「福祉教養科」”. 東葛まいにち (2011年1月6日). 2011年7月9日閲覧。
  8. ^ 制服・校歌・校章”. 千葉県立船橋啓明高等学校. 2011年7月9日閲覧。

外部リンク[編集]