ファーディナンド (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファーディナンド
Ferdinand
画像中央を左上から流れる点がファーディナンド
画像中央を左上から流れる点がファーディナンド
仮符号・別名 S/2001 U 2,Uranus XXIV
発見
発見日 2001年8月13日
発見者 マシュー・J・ホルマン
ジョン・J・カヴェラース
ダン・ミリサルェヴィク
ブレット・J・グラッドマン
軌道要素と性質
平均公転半径 20,901,000 km
離心率 (e) 0.3682
公転周期 (P) 2887.21 日
軌道傾斜角 (i) 151.70°
(天王星赤道面に対して)
169.84°
ラプラス面に対して)
167.27°
黄道面に対して)
物理的性質
赤道面での直径 ~20 km
表面積 ~450 km2
体積 ~900 km3
質量 ~1.3 ×1015 kg
平均密度 1.5 g/cm3
表面重力 0.0025 m/s2
脱出速度 0.0055 km/s
アルベド(反射能) 0.04
表面温度 ~65 K
大気圧 0 kPa
Template (ノート 解説) ■Project

ファーディナンド (Ferdinand) は、天王星衛星である。発見時の仮符号は S/2001 U 2、別名は 天王星 XXIVである。

ファーディナンドは2001年8月13日に、マシュー・J・ホルマンらにより発見された。その際、ほぼ同時期に天王星の衛星トリンキュロー、後に同時期に撮った写真からフランシスコーが発見されている。

軌道[編集]

天王星の逆行不規則衛星群

ファーディナンドは知られている限り、天王星から最も遠い衛星であり、ほぼ常時最外周を公転している。他の外衛星群の中では離心率も小さく、傾斜角も一番低い。とは言え内衛星群とはかけ離れた角度傾斜を持ち、逆行軌道を持つ不規則衛星である。恐らく他の外衛星と同じく、捕獲されたカイパーベルト天体であろう。

図は各逆行する不規則衛星群を極座標にして表示した物である。直線の傾きが軌道傾斜角、始点と終点が近天点から遠天点を、線の各中心の円が衛星の直径を表している。横軸の白数字は距離を、青数字は天王星の重力圏であるヒル球半径からの率を表す。また、灰矢印がオベロンのグラフ上の位置である。

命名の由来[編集]

ファーディナンドという名前は、ウィリアム・シェイクスピア戯曲テンペスト』に登場する、主人公プロスペローを放逐した政敵・ナポリ王アロンゾーの息子ファーディナンドに因んで付けられた。

彼一人だけがプロスペロー親子の許へ流れ着き、娘のミランダと互いに一目惚れし、父の試練の名の元に雑用などをさせられる。

作品の舞台と人物の出身地はイタリアであり、それだけだとフェルディナンド等が妥当な呼称であるが、シェイクスピア劇の登場人物であるため、日本語では英語発音でファーディナンドと呼ばれている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]