ポーシャ (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポーシャ
Portia
ポーシャとクレシダ、オフィーリア
仮符号・別名 Uranus XII
S/1986 U 1
分類 天王星の衛星
発見
発見日 1986年1月3日[1]
発見者 ボイジャー2号
S・P・シノット
(ボイジャー撮像チーム)
軌道要素と性質
平均公転半径 66,097.265 ± 0.050 km[2]
離心率 (e) 0.00005 ± 0.00008[2]
公転周期 (P) 0.5131959201 日[2]
軌道傾斜角 (i) 0.05908°[2]
(天王星の赤道に対して)
近日点引数 (ω) 222.433°[3]
昇交点黄経 (Ω) 260.067°[3]
平均近点角 (M) 218.312°[3]
天王星の衛星
物理的性質
三軸径 156 × 126 × 126 km[4]
平均半径 67.6 ± 4 km[4]
表面積 57,425.30 km2[1]
体積 1,293,983 km3[1]
質量 1.7×1018 kg[5]
平均密度 1.3 g/cm3[5] (仮定値)
表面重力 0.025 m/s2[1]
脱出速度 ~0.058 km/s
自転周期 同期回転[4]
アルベド(反射能) 0.08 ± 0.01[6]
赤道傾斜角 0[4]
表面温度 ~64 K
Template (ノート 解説) ■Project

ポーシャ[7]またはポーシァ[8] (Uranus XII Portia) は、天王星の第12衛星である。

発見と命名[編集]

ポーシャは、1986年1月3日にボイジャー2号が撮影した画像の中から、ボイジャーの画像解析チームによって発見された[9]。発見は同年1月16日に国際天文学連合のサーキュラーで公表され、S/1986 U 1 という仮符号が与えられた[9]

その後1988年6月8日に、シェイクスピアの戯曲『ジュリアス・シーザー』に登場するブルータスの妻の名ポーシャに因んで命名された[10][11]。ただしNASAのウェブサイトでは、同じくシェイクスピアの戯曲である『ヴェニスの商人』のヒロインであるポーシャが由来であるとしている[1]。また、命名と同時に Uranus XII という確定番号が与えられた[11]

特徴[編集]

ボイジャー2号が撮影した画像の中では、ポーシャは長軸を天王星の方へ向けた細長い物体として写っていた。ポーシャの長軸と短軸の比率は 0.8 ± 0.1 と非常に細長い形状をしていることが分かっている[4]。また、表面は灰色である[4]ハッブル宇宙望遠鏡と大型の地上望遠鏡を用いた観測では、ポーシャのスペクトル中に水氷の存在を示す特徴が発見されている[12]

ポーシャは、測光的特徴や軌道要素がよく似たビアンカクレシダデズデモーナジュリエットロザリンドキューピッドベリンダペルディータとともに、ポーシャ群を形成している[6][13]。平均直径はおよそ 135 km であり、ポーシャ群の衛星の中では最も大きい[1]。また内側の小さい衛星群の中ではパックに次ぐ大きさである。

ポーシャの軌道は天王星の静止軌道よりも内側にあるため、潮汐力によってゆっくりと減衰している。ポーシャはやがて砕けて天王星のとなるか、天王星に突入してしまうものと考えられている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f In Depth | Portia – Solar System Exploration: NASA Science”. アメリカ航空宇宙局 (2017年12月5日). 2018年12月25日閲覧。
  2. ^ a b c d Jacobson, R. A. (1998). “The Orbits of the Inner Uranian Satellites From Hubble Space Telescope and Voyager 2 Observations”. The Astronomical Journal 115 (3): 1195–1199. Bibcode1998AJ....115.1195J. doi:10.1086/300263. 
  3. ^ a b c Jet Propulsion Laboratory (2013年8月23日). “Planetary Satellite Mean Orbital Parameters”. Jet Propulsion Laboratory Solar System Dynamics. ジェット推進研究所. 2018年12月25日閲覧。
  4. ^ a b c d e f Karkoschka, Erich (2001). “Voyager's Eleventh Discovery of a Satellite of Uranus and Photometry and the First Size Measurements of Nine Satellites”. Icarus 151 (1): 69–77. Bibcode2001Icar..151...69K. doi:10.1006/icar.2001.6597. 
  5. ^ a b Jet Propulsion Laboratory (2015年2月19日). “Planetary Satellite Physical Parameters”. Jet Propulsion Laboratory Solar System Dynamics. ジェット推進研究所. 2018年12月25日閲覧。
  6. ^ a b Karkoschka, Erich (2001). “Comprehensive Photometry of the Rings and 16 Satellites of Uranus with the Hubble Space Telescope”. Icarus 151 (1): 51–68. Bibcode2001Icar..151...51K. doi:10.1006/icar.2001.6596. 
  7. ^ 太陽系内の衛星表”. 国立科学博物館. 2019年3月9日閲覧。
  8. ^ 『オックスフォード天文学辞典』朝倉書店、初版第1刷、387頁。ISBN 4-254-15017-2
  9. ^ a b Brian G. Marsden (1986年1月16日). “IAUC 4164: Sats OF URANUS; R Leo; NOVAE”. Central Bureau for Astronomical Telegrams. 国際天文学連合. 2018年12月25日閲覧。
  10. ^ Planet and Satellite Names and Discoverers”. Planetary Names. 国際天文学連合. 2015年1月11日閲覧。
  11. ^ a b Brian G. Marsden (1988年6月8日). “IAUC 4609: ASM 2000+25; Sats OF SATURN AND URANUS; 3C 279, PKS 1510-089 AND OJ 287”. Central Bureau for Astronomical Telegrams. 国際天文学連合. 2018年12月25日閲覧。
  12. ^ Dumas, Christophe; Smith, Bradford A.; Terrile, Richard J. (2003). “Hubble Space Telescope NICMOS Multiband Photometry of Proteus and Puck”. The Astronomical Journal 126 (2): 1080–1085. Bibcode2003AJ....126.1080D. doi:10.1086/375909. 
  13. ^ Scott S. Sheppard. “Uranus Satellite and Moon Data”. Carnegie Science. 2018年12月25日閲覧。