デズデモーナ (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
デズデモーナ
Desdemona
Uranus-Desdemona-NASA.gif
仮符号・別名 S/1986 U 6
Uranus X, U 10
発見
発見日 1986年
発見者 ボイジャー2号
S. P. シノット
軌道要素と性質
平均公転半径 62,659 km
離心率 (e) 0.00023
公転周期 (P) 0.47365 日
軌道傾斜角 (i) 0.16°
天王星の衛星
物理的性質
直径 90 × 54 km
表面積 ~13,000 km2
体積 ~140,000 km3
質量 1.78 ×1017 kg
平均密度 1.3 g/cm3
表面重力 0.011 m/s2
脱出速度 ~0.027 km/s
自転周期 0.47365 日
(同期回転)
アルベド(反射能) 0.07
赤道傾斜角 0
表面温度 ~64 K
大気圧 0 kPa
Template (ノート 解説) ■Project

デズデモーナデスデモナとも、Desdemona)は、天王星衛星である。天王星の衛星のうち内側から5番目を回っている。1986年ボイジャー2号の天王星接近の際に発見された。

デズデモーナという名前は、ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『オセロ』に登場するオセロの妻デズデモーナにちなんで付けられた。大きさや軌道以外の情報は未知である。

1億年以内に、デズデモーナは隣の衛星であるクレシダもしくはジュリエットに衝突すると考えられている。