フランシスコ (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランシスコ
Francisco
丸枠内の点がフランシスコ。
丸枠内の点がフランシスコ。
仮符号・別名 S/2001 U 3
Uranus XXII[1]
分類 天王星の衛星
発見
発見日 2001年8月13日[2]
発見者 ジョン・J・カヴェラース
ブレット・J・グラッドマン
マシュー・J・ホルマン
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 4,276,000 km[3]
離心率 (e) 0.1459[4]
公転周期 (P) 266.56 日[4]
軌道傾斜角 (i) 145° (黄道面に対して)[3]
近日点引数 (ω) 125°[3]
昇交点黄経 (Ω) 93°[3]
平均近点角 (M) 91°[3]
天王星の衛星
物理的性質
平均半径 11 km[3]
表面積 1,520.53 km2[2]
体積 5,575 km3[2]
質量 7.2×1015 kg[5]
平均密度 1.3 g/cm3 (仮定値)
表面重力 0.0025 m/s2
脱出速度 0.0094 km/s
アルベド(反射能) 0.04 (仮定値)[3]
表面温度
最低 平均 最高
~65 K (推定)
Template (ノート 解説) ■Project

フランシスコ[6] (Uranus XXII Francisco) は、天王星の第22衛星。天王星の不規則衛星の中では一番内側を回っている。

この衛星は、2001年8月13日、25日、9月21日にマシュー・J・ホルマンブレット・J・グラッドマンらの観測チームが撮影した画像の中から、2003年に発見された[7]。発見は2003年10月6日に小惑星センターのサーキュラーで公表され[7]S/2001 U 3 という仮符号が与えられた。また翌日には国際天文学連合のサーキュラーでも公表された[8]。仮符号の数字が2001なのは、発見に用いられた画像が2001年に取得されたものだからである。なお、観測にはカナダ・フランス・ハワイ望遠鏡ヘール望遠鏡、およびセロ・トロロ汎米天文台の望遠鏡が用いられている[7]。また、2002年9月3日と5日にVLTで撮影された画像にも写っていることが確認されている[8]

その後2005年12月29日に、ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『テンペスト』の登場人物に因んで命名され、Uranus XXII という確定番号が与えられた[9]

フランシスコは非常に暗く小さい衛星であり、天王星の自転や規則衛星とは逆方向に公転する逆行衛星である。軌道長半径は 4,276,000 km と惑星から遠いものの、天王星の不規則衛星の中では最も内側を公転している[2]

天王星周りの不規則衛星の軌道のアニメーション。水色がフランシスコである。
       天王星  ·        シコラクス ·        フランシスコ  ·        キャリバン  ·        ステファノー  ·        トリンキュロー

出典[編集]

  1. ^ Planet and Satellite Names and Discoverers”. Planetary Names. 国際天文学連合. 2015年1月11日閲覧。
  2. ^ a b c d In Depth | Francisco – Solar System Exploration: NASA Science”. アメリカ航空宇宙局 (2017年12月5日). 2019年1月16日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g Sheppard, Scott S.; Jewitt, David; Kleyna, Jan (2005). “An Ultradeep Survey for Irregular Satellites of Uranus: Limits to Completeness”. The Astronomical Journal 129 (1): 518–525. arXiv:astro-ph/0410059. doi:10.1086/426329. ISSN 0004-6256. 
  4. ^ a b Jet Propulsion Laboratory (2013年8月23日). “Planetary Satellite Mean Orbital Parameters”. Jet Propulsion Laboratory Solar System Dynamics. ジェット推進研究所. 2018年12月25日閲覧。
  5. ^ Jet Propulsion Laboratory (2015年2月19日). “Planetary Satellite Physical Parameters”. Jet Propulsion Laboratory Solar System Dynamics. ジェット推進研究所. 2018年12月25日閲覧。
  6. ^ 太陽系内の衛星表”. 国立科学博物館. 2019年3月9日閲覧。
  7. ^ a b c Brian G. Marsden (2003年10月6日). “MPEC 2003-T29 : S/2001 U 3”. 小惑星センター. 2019年1月16日閲覧。
  8. ^ a b Daniel W. E. Green (2003年10月7日). “IAUC 8216: P/2003 T1; S/2001 U 3; (66063) 1998 RO_1”. Central Bureau for Astronomical Telegrams. 国際天文学連合. 2019年1月16日閲覧。
  9. ^ Daniel W. E. Green (2005年12月29日). “IAUC 8648: Sats OF URANUS; 2005mf, 2005mg; C/2005 U7, C/2005 U8, C/2005 Y1”. Central Bureau for Astronomical Telegrams. 国際天文学連合. 2019年1月16日閲覧。