ジョン・J・カヴェラーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジョン・J・カヴェラーズ(John J. Kavelaars、1966年 - )は、カナダ天文学者である。木星土星天王星海王星のいくつかの衛星を発見したチームの一員であった。

カヴェラーズは1966年に産まれ、ゲルフ大学クイーンズ大学を卒業した。現在は、ビクトリア (ブリティッシュコロンビア州)ドミニオン天体物理天文台で研究を行っている。

カヴェラーズは、これまで20個程度の太陽系の衛星と100個程度の小惑星を発見している。また、外太陽系の天体の発見と追跡を目的とし、カナダ・フランス・ハワイ望遠鏡による Canada-France-Hawaii Telescope Legacy Survey(CFHTLS)の一環として行われたCanada France Ecliptic Plane Survey (CFEPS)の責任者を務めた。

双子の弟妹がおり、妹は女優のイングリッド・カヴェラルス、弟はフェンシング選手のモニーク・カヴェラーズである。

デヴィッド・バラムが2004年3月29日に発見した小惑星は、2007年6月1日に、彼の名誉を称えて(154660) カヴェラーズと名付けられた[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ (154660) Kavelaars = 2004 FX29 = 2000 WS2”. MPC. 2021年7月12日閲覧。


外部リンク[編集]