ビジネス実務法務検定試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビジネス実務法務検定試験
実施国 日本の旗 日本
資格種類 公的資格[1]
分野 法律
試験形式 筆記(2級・3級) 論文(1級)
認定団体 東京商工会議所
後援
等級・称号 1級 - 3級
公式サイト 東京商工会議所
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

ビジネス実務法務検定試験®(びじねすじつむほうむけんていしけん)は、東京商工会議所が主催している検定試験である。

試験目的[編集]

ビジネスに不可欠のコンプライアンス・法令遵守能力の基礎となる実践的な法律知識を体系的かつ効率的に身につけることを目的とする。

受験資格[編集]

2級と3級は、制限なし。1級は、2級合格者のみ受験できる。

受験料[編集]

  • 1級 - 10,800円
  • 2級 - 6,480円
  • 3級 - 4,320円

試験日[編集]

試験は、7月第1日曜日と12月第2日曜日に行われる。平成24年度は、7月1日と12月9日である。

試験時間[編集]

  • 1級 共通問題10:30 - (制限:2時間) 選択13:30 - (制限:2時間)
  • 2級 13:30 - (制限:2時間)
  • 3級 10:00 - (制限:2時間)

問題形式[編集]

2級と3級は、マークシート形式、1級は論述式。

合格点[編集]

2級と3級は70点以上、1級は各問題ごとに50%以上でかつ合格点が200点満点中140点以上である。

平成20年(2008年)12月に実施された第24回試験より、1級受験者のうち110点以上140点未満の得点者、及び、正答率50%未満の問題があった140点以上の得点者は準1級として認定される。

称号付与制度[編集]

合格者には各級ごとに称号が与えられ、それぞれ以下の名称を名刺等で使用することが可能となる。2008年度より創設された制度だが、過去の合格者にも適用される。

  • 1級:商工会議所認定 ビジネス法務エグゼクティブ
    英語表記:The CCI Japan Business Law Examination, Grade 1 Certified
  • 2級:商工会議所認定 ビジネス法務エキスパート
    英語表記:The CCI Japan Business Law Examination, Grade 2 Certified
  • 3級:商工会議所認定 ビジネス法務リーダー
    英語表記:The CCI Japan Business Law Examination, Grade 3 Certified

試験範囲[編集]

1級[編集]

業務上必要な法律実務知識をビジネス全般にわたって持っており、その知識に基づいて多面的な観点から高度な判断・対応ができる。試験対象は、法務部門専任者。

  • 共通問題・・・民法及び商法を中心に、全産業分野に共通して生ずる法律実務問題(2問必須)
  • 選択問題・・・4問中2問選択
    1. 取引上のトラブル処理
    2. 取引関係に立たない第三者とのトラブル処理
    3. 法務関係の上司や弁護士などの専門家に法的トラブルのてん末・処理方法を報告
    4. 予防法務的観点からトラブルになりそうな問題に対応

2級[編集]

企業活動の実務経験があり、弁護士などの外部専門家に対する相談といった一定の対応ができるなど、質的・量的に法律的実務知識を有している。試験対象は、各部門の法務責任者。

  • ビジネス法務の実務
  • 取引を行う主体
  • 会社取引の法務
  • 会社財産の管理と法律
  • 債権の管理と回収
  • 企業活動に関する法規制
  • 会社と従業員の関係
  • ビジネスと個人のかかわり
  • 紛争の解決方法
  • 国際法務(渉外法務)

3級[編集]

ビジネスパーソンとしての業務上理解するべき基礎的法律知識を有し、問題点の発見ができる。試験対象は、社会人全般及び学生。

  • ビジネス実務法務の法体系
  • 取引を行う主体
  • 法人取引の法務
  • 法人財産の管理と法律
  • 債権の管理と回収
  • 企業活動に関する法規制
  • 法人と従業員の関係
  • ビジネスに関連する家族法

合格率[編集]

  • 第30回:12月11日(日)(2011年度)
  • 3級:82.2%
  • 2級:43.3%
  • 1級:8.1%(受験資格有)
  • 第29回:7月3日(日)(2011年度)
  • 3級:59.1%
  • 2級:42.6%
  • 第27回:7月4日(日)(2010年度)
  • 3級:72.0%
  • 2級:30.0%
  • 第26回:12月13日(日)(2009年度)
  • 3級:80.8%
  • 2級:49.2%
  • 1級:7.9%(受験資格有)

参考書[編集]

公式テキスト、公式問題集などが東京商工会議所、中央経済社から刊行されている。毎年改訂されている。

公式テキスト[編集]

  • 1級 - 東京商工会議所編「ビジネス実務法務検定試験 1級公式テキスト 2012年度版」中央経済社発売・税込4,515円・ISBN 978-4-502-44740-2
  • 2級 - 東京商工会議所編「ビジネス実務法務検定試験 2級公式テキスト 2012年度版」中央経済社発売・税込4,410円・ISBN 978-4-502-44760-0
  • 3級 - 東京商工会議所編「ビジネス実務法務検定試験 3級公式テキスト 2012年度版」中央経済社発売・税込2,940円・ISBN 978-4-502-44780-8

公式問題集[編集]

  • 1級 - 東京商工会議所編「ビジネス実務法務検定試験 1級公式問題集 2012年度版」中央経済社発売・税込3,360円・ISBN 978-4-502-44750-1
  • 2級 - 東京商工会議所編「ビジネス実務法務検定試験 2級公式問題集 2012年度版」中央経済社発売・税込3,360円・ISBN 978-4-502-44770-9
  • 3級 - 東京商工会議所編「ビジネス実務法務検定試験 3級公式問題集 2012年度版」中央経済社発売・税込2,520円・ISBN 978-4-502-44790-7

その他[編集]

  • 2級 - 東京商工会議所編「ビジネス実務法務検定試験 最短合格 2012年度版」中央経済社発売・税込1,890円・ISBN 978-4-502-05580-5

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 商工会議所法第9条第9号

外部リンク[編集]