富士山検定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

富士山検定(ふじさんけんてい)とは、富士商工会議所、富士吉田商工会議所、静岡新聞社・静岡放送、山梨日日新聞社・山梨放送、NPO法人富士山検定協会の5者で構成する「富士山検定実行委員会」が主催するご当地検定である。

試験目的[編集]

富士山に関するあらゆる知識を試験形式で出題し、「富士山通」の度合いを認定する試験。富士山に関する理解を深めることを促進し、富士山世界遺産登録を支援するとしている。

受験について[編集]

受験資格
制限なし(1級受験には2級および3級の合格が必要で、2級受験は3級試験の合格が必要)
等級
3級…富士山が大好きで、富士山についての基礎的な説明ができる。
2級…富士山について詳しい知識を持っていて、富士山の素晴らしさをアピールできる。
1級…富士山のスペシャリスト。
出題内容
自然環境地質溶岩洞窟樹海湧水富士五湖植物生物天然記念物)、気象歴史文化生活伝説修験道富士講富士山本宮浅間大社文学美術重要文化財)、登山観光産業交通、名産品)の各分野から合計100問を出題。(3級および2級)
回答方式・合格基準
四者択一式(3級・2級)
単答方式+記述方式(1級)
受験料
3級 1000円(税込)
2級 3000円(税込)
1級 5000円(税込)
会場
富士市または富士吉田市周辺の観光地富士急ハイランドリゾートなど)や大学富士常葉大学都留文科大学など)。

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]