ビジネスマネジャー検定試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビジネスマネジャー検定試験
英名 Business Management Certification Test
略称 ビジマネ
実施国 日本の旗 日本
資格種類 公的資格
分野 ビジネススキルマネジメント経営学
試験形式 筆記マークシート
認定団体 東京商工会議所
認定開始年月日 2015年(平成27年)7月19日
等級・称号 ビジネスマネジャー
根拠法令 商工会議所法第9条
公式サイト https://www.kentei.org/bijimane/
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

ビジネスマネジャー検定試験(ビジネスマネジャーけんていしけん、英語: Business Management Certification Test、略称:ビジマネ)は、東京商工会議所が実施する検定試験。「ビジネスマネジャー」は誤り。

概要[編集]

管理職マネージャー)として最低限知っておくべきマネジメント経営学の基礎知識を総合的に身に付けることを目的とし、東京商工会議所が新設した検定試験[1]2015年(平成27年)7月19日に第1回試験が実施された。

試験内容[編集]

他の多くの検定試験とは異なり、難易度別の等級(1級・2級・3級、上級・中級・初級など)は設定されていない[2]

試験時間は2時間である。年に2回実施される。合格基準は満点の70%以上の得点率である。

試験範囲[編集]

出題範囲は幅広い。マネジャーとしての心構えに加え、マネジメントの3本柱である「人と組織のマネジメント」「業務のマネジメント」「リスクのマネジメント」を網羅する[3]

マネジャーの役割と心構え

ビジネス環境、求められるミッションと役割、資質、心得

人と組織のマネジメント

マネジャー自身のマネジメント、コミュニケーションの重要性、部下のマネジメント、上司・外部とのコミュニケーション、人材の育成コーチングOFF-JTOJT自己啓発など)、人事考課、チームのマネジメント(チームビルディングなど)、企業組織論(マッキンゼーの7Sバーナード組織論コンティンジェンシー理論など)

業務のマネジメント
リスクのマネジメント

称号[編集]

合格者にはビジネスマネジャーの称号が付与される[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]