アルプスアルパイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アルプス電気から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルプスアルパイン株式会社
ALPS ALPINE CO., LTD.
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
145-8501
東京都大田区雪谷大塚町1-7
設立 1948年11月1日
業種 電気機器
法人番号 3010801000723 ウィキデータを編集
事業内容 電子部品
代表者 代表取締役社長執行役員CEO
栗山年弘
代表取締役副社長執行役員兼統合シナジー担当兼アルパインブランド担当
米谷信彦
資本金 387億30百万円(2020年3月末現在)
売上高 連結8,105億70百万円
(2020年3月期)
純資産 連結3,556億15百万円
(2020年3月末現在)
総資産 連結6,255億42百万円
(2020年3月末現在)
従業員数 連結40,443人(2020年3月末現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 14.15%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 7.05%
UBS AG LONDON A/C IPB SEGREGATED CLIENT ACCOUNT 7.03%
(2020年3月31日現在)
主要子会社 アルプス物流
アルプスシステムインテグレーション
アルパイン
関係する人物 片岡勝太郎(創業者)
外部リンク https://www.alpsalpine.com/j/
テンプレートを表示

アルプスアルパイン株式会社(アルプスアルパイン、ALPS ALPINE CO., LTD.)は、日本の電子部品音響機器カーナビゲーション製造販売する大手企業である。

概要[編集]

自作ラジオ愛好家にとっては往年のバリコンメーカーとして有名。

同社製の各種エアバリコンは生産終了から久しくなった今日もなお中古品が高値で売買されるなど根強い人気がある。熱転写プリンターマイクロドライプリンタ)を製造・販売していた。金色が印刷できるなどの特長で一定の評価を受けていた。

また各種スイッチエンコーダセンサチューナーや送受信ユニットといった高周波デバイス光通信デバイス、タッチパネルキーボードなどの入力デバイス、液晶表示素子、小型プリンタ、各種記憶媒体スロットや3.5インチFDDコネクタなど、IT環境に不可欠な電子部品も製造している。ノートパソコンに用いられるグライドポイントスティックポインタは、いずれも登録商標である。

2020年に、アルパイン株式会社が従来行ってきた車載情報機器事業を継承した。

CIは「Perfecting the Art of Electronics」。

グループ企業にはアルプス物流などがある。

沿革[編集]

  • 1948年(昭和23年)11月 片岡勝太郎片岡電気株式会社を設立
  • 1961年(昭和36年)4月 株式を東京店頭市場に公開し、10月に東京証券取引所市場第二部に上場。電子部品業界で初。
  • 1964年(昭和39年)8月 「東北アルプス株式会社」設立(資本金5,000万円)。
  • 1964年(昭和39年)12月 アルプス電気株式会社に社名変更
  • 1967年(昭和42年)5月 東京都大田区にアメリカのモトローラ社との合弁でアルプス・モトローラ株式会社を設立
    • 同年8月 東京証券取引所市場第一部に指定替
  • 1969年(昭和43年) 株式の全額時価発行(日本初)により増資。新資本金12億円。
  • 1970年(昭和44年)3月 「アルプス運輸株式会社」(現・株式会社アルプス物流)発足。
  • 1970年(昭和44年)8月 韓国に合弁会社「金星アルプス電子」(現・LG電子部品)設立。
  • 1970年(昭和44年)12月 台湾に合弁会社「福華電子」設立。
  • 1973年(昭和47年)3月 ブラジルに合弁会社「アルプス・ド・ブラジル」設立 。
  • 1977年(昭和52年)11月 米国に「アルプス・エレクトリック(USA)」設立。
  • 1978年(昭和53年)8月 アルプス・モトローラ株式会社の株式をアメリカのモトローラ社より譲り受け当社の100%子会社とし、11月に社名をアルパイン株式会社に変更
  • 1988年(昭和63年)3月 アルパイン株式会社が株式を東京証券取引所市場第二部に上場(1991年(平成3年)9月第一部に指定替)
  • 2016年(平成28年)10月 アルプス・グリーンデバイス株式会社と栗駒電子株式会社を吸収合併。
  • 2017年(平成29年)7月 アルパインとの経営統合を発表
  • 2019年(平成31年)1月 アルパイン株式会社を完全子会社化し、アルプスアルパイン株式会社に社名変更。
  • 2020年(令和2年)4月 アルパイン株式会社から全事業(商標権・子会社管理を除く)を会社分割により継承[1]

事業所[編集]

  • 本社(東京都大田区雪谷大塚町1-7)
  • いわき事業所(福島県いわき市好間工業団地20-1)
  • 品川開発センター(東京都品川区東品川2-3-14)
  • 仙台開発センター(仙台市泉区明通3-31)
  • 古川開発センター(宮城県大崎市古川中里6-3-36)
  • 古川第2工場(宮城県大崎市古川塚目字北原136-1)
  • 涌谷工場(宮城県遠田郡涌谷町字渋江230)
  • 角田工場(宮城県角田市角田字西田6-1)
  • 小名浜工場(福島県いわき市小名浜野田字柳町41-25)
  • 平工場(福島県いわき市好間町小谷作字作畑39-1)
  • 長岡工場(新潟県長岡市東高見1-3-5)

テレビCM[編集]

かつてはTBSの『日曜放談』、朝の情報番組 [2]でアルプス電気グループのテレビCMを放送していた。 アルプス山脈を背景にしてグループ会社の一覧が流れる。流れている曲は当初、THE ALFEEの1987年発表のシングル『白夜 -byaku-ya-』のカップリング曲「LONG WAY TO FREEDOM」(従業員にはMDで配られていた[要出典])だった。その後は同社のイメージソング「輝きにつつまれて(歌:さかもとえいぞう)」に変更され、同時期に提供枠は日本テレビの『ザ・サンデー』へ移行した(現在は終了)。

『ザ・サンデー』に移動後最初の1クールはTBS朝番組時代同様アルプスの山を背景にグループ会社表示のCMだったが、現在は部品が擬人化されて会話するCMとなっている。

一方で主要な生産拠点がある宮城県を放送エリアとする東北放送(TBS系列)においても、『イブニング・ニュース TBC』や『JNNフラッシュニュース』の番組提供を行っている。なお、かつてアルプス電気システム機器事業部盛岡工場(現アイエスエス)が存在した時代には、岩手県をエリアとする岩手放送(現アイビーシー岩手放送)においても『JNNフラッシュニュース』や『岩手日報IBCニュース』の番組提供を行っていた。

グループ企業[編集]

日本国外[編集]

北米・南米[編集]

  • ALPS ALPINE NORTH AMERICA, INC.
    • DETROIT OFFICE
    • OHIO OFFICE
    • SEATTLE OFFICE
  • ALPINE ELECTRONICS OF AMERICA, INC.
    • OHIO OFFICE
    • TEXAS OFFICE
    • BUENOS AIRES OFFICE
  • ALPINE CUSTOMER SERVICE (USA), INC.
  • ALPINE ELECTRONICS OF SILICON VALLEY, INC.
  • ALCOM ELECTRONICOS DE MEXICO, S.A.DE C.V.
  • ALPS DE MEXICO S. DE R.L. DE C.V.
  • ALPINE SALES OF MEXICO, S.A.DE C.V.
  • ALPINE DO BRASIL LTDA

欧州[編集]

  • ALPS ALPINE EUROPE GmbH
    • DUESSELDORF OFFICE
    • FROLUNDA OFFICE
    • GOTHENBURG OFFICE
    • PARIS OFFICE
    • MILAN OFFICE
    • MILTON KEYNES OFFICE
    • COVENTRY OFFICE
    • DORTMUND PLANT
  • ALPINE ELECTRONICS (EUROPE) GmbH
  • ALPINE ELECTRONICS GmbH
  • ALPS ELECTRIC (IRELAND) LIMITED
  • ALPS ELECTRIC CZECH, s.r.o.
  • ALPINE ELECTRONICS MANUFACTURING OF EUROPE, LTD.
  • ALPINE ITALIA S.p.A.
  • FAITAL S.p.A.

アセアン・オセアニア[編集]

  • ALPS ALPINE ASIA CO., LTD.
  • ALPINE TECHNOLOGY MANUFACTURING (THAILAND) CO., LTD.
  • ALPS ALPINE SINGAPORE PTE. LTD.
  • ALPS ELECTRIC (MALAYSIA) SDN. BHD.
  • ALPS ALPINE VIETNAM CO., LTD.
  • ALPS ELECTRIC (INDIA) PRIVATE LIMITED
  • ALPINE OF ASIA PACIFIC INDIA PVT., LTD.
    • GREATER NOIDA OFFICE
    • GURGAON OFFICE
  • ALPINE ELECTRONICS OF AUSTRALIA PTY., LTD.
  • ALPINE ELECTRONICS OF MIDDLE EAST, FZCO

中国・韓国[編集]

  • ALPS (CHINA) CO., LTD.
    • DALIAN BRANCH
    • SHANGHAI BRANCH
    • SUZHOU BRANCH
    • HANGZHOU BRANCH
    • GUANGZHOU BRANCH
    • SHENZHEN BRANCH
    • HONG KONG BRANCH
    • DALIAN R&D CENTER
    • WUXI R&D CENTER
  • ALPINE ELECTRONICS (CHINA) CO., LTD.
    • GUANGZHOU BRANCH
    • SHANGHAI BRANCH
    • DALIAN OFFICE
    • WUHAN OFFICE
    • SHENYANG OFFICE
    • CHANGCHUN OFFICE
    • CHANGSHA OFFICE
    • DALIAN R&D CENTER
    • CHINA PURCHASING CENTER
  • ALPS (SHANGHAI) INTERNATIONAL TRADING CO., LTD.
  • ALPS COMMUNICATION DEVICES TECHNOLOGY (SHANGHAI) CO., LTD.
  • NEUSOFT REACH AUTOMOTIVE TECHNOLOGY CO., LTD.
  • DALIAN ALPS ELECTRONICS CO., LTD.
  • DALIAN ALPINE ELECTRONICS CO., LTD.
  • DANDONG ALPS ELECTRONICS CO., LTD.
  • TAICANG ALPINE ELECTRONICS CO., LTD.
  • TIANJIN ALPS ELECTRONICS CO., LTD.
  • NINGBO ALPS ELECTRONICS CO., LTD.
  • WUXI ALPS ELECTRONICS CO., LTD.
  • DONGGUAN ALPS ELECTRONICS CO., LTD.
  • ALPS ELECTRONICS HONG KONG LTD.
  • ALPINE ELECTRONICS HONG KONG, LTD.
  • ALPS ELECTRONICS TAIWAN CO., LTD.
  • ALPS ELECTRIC KOREA CO., LTD.

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 会社分割(簡易吸収分割)に関するお知らせ - アルプスアルパイン、2019年10月30日
  2. ^ はなまるマーケット』、『モーニングEye』など

外部リンク[編集]